You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

赤外ビームライン光学系 | TRUMPF
短パルス及び超短パルスレーザ

ビームライン光学系IR

各用途に合わせて完璧なレーザーラインを生み出すTRUMPFのビームライン光学系

並外れた細さ、長さと均一性: TRUMPFのビームライン光学系は、円形のレーザー光線から薄いラインを形成し、パワー密度をライン形状全体にわたって均一に配分します。複数のビームライン光学系をモジュール式に組み合わせれば、数平方メートルの広い面積であっても赤外波長のレーザーで加工可能になります。最新のOLEDディスプレイの製造で使用されるレーザーリフトオフ法では、ビームライン光学系は紫外波長のレーザー光線を基板ガラスを通して後方からライン形状に集束します。TRUMPFのビームライン光学系は、TRUMPFのパルス及び連続波固体レーザーと柔軟に組み合わせ可能であり、スペース上及び用途特有の要件にぴたりと合わせることができます。

均一なパワー配分

パワー密度はライン形状全体にわたって、変動率が10 %未満の状態で均一に配分されます。

簡単な統合

ビームライン光学系は産業用製造ラインに簡単に統合可能であり、それぞれの用途に合わせて個別に組み合わせることができます。

薄いライン、高いパワー密度

ビームライン光学系はレーザー光線を人間の髪の毛より細い幅に集束して、高いパワー密度で加工品に当てます。

広い面積の加工

赤外ビームライン光学系は簡単にモジュール式に組み合わせ可能であるため、長さが数メートルのレーザーラインを生み出すことができます。

Saint-Gobain社はManz社及びTRUMPFと共同で、ACTILAZ TMと命名された特許技術を工業生産板ガラスの表面処理用に開発しました。その技術においてTRUMPFのビームライン光学系は、長さ3.3 mの均一なレーザーラインを形成しています。このビデオでは、その実際の様子が分かりやすく説明されています。

建築用ガラス

TRUMPFはSaint-Gobain社及びManz社と共同で、工業生産板ガラスの表面処理用特許技術 (「ラピッドサーマルアニーリング」) を開発しました。このACTILAZ™と命名された工法では、基板ガラス上にある厚さが数マイクロメートルの銀膜が瞬間的に加熱されます。12台の一列に並べられた赤外波長のTRUMPF TruDiskディスクレーザーと、モジュール式に組み合わされた8台の赤外ビームライン光学系から、長さ3.3 m、厚さ100 µm未満のレーザーラインが幅全体にわたって生み出されます。その際のレーザー光線のパワー変動率は10 %未満です。

リモートサービス

異常時にはTRUMPFのサービスエキスパートが、リモート接続を介してレーザ装置に主体的に手を加えます。多くの場合、こうして異常を直接解決するか、スペアパーツが届くまで生産を継続できるようにレーザ装置の構成を変更します。このため最大限の可用性を実現できます。

加工光学ヘッド/光ファイバーの冷却

加工光学ヘッド及び光ファイバーは、レーザの冷却水を介して簡単かつ快適に冷却することができます。そのため、別の冷却装置は必要ありません。

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で製品を入手できるかどうかを確認してください。

お客様向け情報

サービス & お問い合わせ