このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。
TruMicro 7000シリーズ、高出力モデル
TruMicro 7000シリーズ、高出力モデル
短パルス及び超短パルスレーザ

TruMicro 7000シリーズ

高出力モデル

    - / -
    • 一覧
    • アプリケーション
    • 技術仕様
    • オプション
    • ソフトウェア
    • 焦点合わせ光学ユニット
    • もっと見る 閉じる
    大面積の加工に最適

    ディスクレーザ技術に基づいたTruMicro 7000シリーズの高出力ナノ秒レーザは、周波数が高い場合でも一般的なあらゆる波長 (赤外、緑、紫外) において短パルスと高パルスエネルギーを両立させます。そのためこのレーザは、最高の処理能力による大面積の迅速な剥離、穴開けまたは切断に最適です。フレキシブルなビームガイドにより、このレーザは製造設備に容易に統合することができます。

    短パルスと高出力

    マイクロ加工領域での要求に答える理想的な組み合わせ。

    1つのディスクで多数のアプリケーションに対応

    広い面を持つ大型部品の精錬や可鍛化も可能です。

    最大出力

    内部の出力調整機能により、最大パルスエネルギーが加工に供給され続けます。

    TruMicro 7000シリーズの光学ユニット
    高出力モデル

    TruMicro 7000シリーズの高出力短パルスレーザは、大面積の迅速な剥離、穴開けまたは切断を極めて高いスループットで行います。パルスエネルギーが最大80 mJにまで達するため、非常に優れた剥離率と卓越した効率が得られます。パルス時間は維持したままレーザの繰り返し率を変化させて、加工プロセスを最適化することができます。スキャナーを使用することで、特に優れた効率で大面積を剥離させることができます。ビームガイドは、フレキシブルな光ファイバーまたはその他の適したビームガイドコンポーネントを介して行われます。これにより製造設備への容易な統合が可能になります。

    光ファイバーを備えたTruMicro 7240
    最大出力

    最大出力850 W (TruMicro 7060) を誇るTruMicro 7000シリーズの装置は、剥離によるマイクロ加工時に最高平均出力を発揮します。短レーザパルスは光ファイバーを介してレーザ装置から加工箇所に到達します。

    プラスチックと金属のハイブリッド接合

    プラスチックと金属のハイブリッド接合

    自動車メーカーでは、燃費及びCO2排出量を削減するため車両の軽量化に力を入れています。この際、金属とプラスチックのハイブリッド接合の果たす役割が益々重要になっています。この理由は金属の高い強度及び剛性と、プラスチックの軽量性と高い設計自由度を融合できるためです。TruMicroシリーズの高出力ナノ秒レーザは、ネジ、リベットや接着剤などの追加材料なしに、金属とプラスチックを精密に接合します。

    薄膜ソーラーモジュールの周辺部の剥離とエッジの絶縁

    薄膜ソーラーモジュールの周辺部の剥離

    薄膜ソーラーモジュールを腐食及び長期間短絡から保護するために、モジュールの周辺部表面の機能性薄膜は剥離され、ラミネート加工が施されます。このアプリケーションでは、レーザはガラスを透過し、ガラスに亀裂または溶融を発生させることなくキャリア材料から機能性薄膜を剥離します。従来のサンドブラストと異なり、ブラスト材及びその廃棄費用が掛かりません。それに加えて、優れた加工より極めて高い剥離率が保証されます。

    AlSiコーティング鋼板の溶接準備

    AlSiコーティング鋼板の溶接準備

    TruMicro 7000シリーズのナノ秒レーザは、アルミニウム・珪素コーティングの効率的な剥離に適しており、この加工中に母材が変質することはありません。特に自動車産業では、鋼に腐食防止剤としてアルミニウム・珪素 (AlSi) によるコーティングが施されています。最適な溶接結果を得るには、このコーティングを溶接シーム領域で取り除く必要があります。

    TruMicro 7000シリーズのレーザによる塗料剥離

    短パルスレーザによるクリーニング及び塗料剥離

    短パルスレーザでは、母材を損傷させることなく塗料、接着剤の残りまたは酸化層を部分的あるいは完全に表面から取り除くことができます。このレーザは、特にエッジ品質及び剥離品質においてユーザーが要求する水準を十分に満たしますが、費用対効果についてもこのレーザプロセスは従来のプロセスに引けを取りません。

    TruMicro 7050
    TruMicro 7060
    TruMicro 7240
    レーザーパラメータ      
    平均最大出力 750 W 850 W 300 W
    ビーム品質 20 mm▪mrad 20 mm▪mrad 5 mm▪mrad
    波長 1030 nm 1030 nm 515 nm
    パルス幅 30 ns 30 ns 300 ns
    最大パルス エネルギー 80 mJ 80 mJ 7.5 mJ
    最小繰り返し周波数 5 kHz 5 kHz 20 kHz
    最大繰り返し周波数 100 kHz 100 kHz 100 kHz
    レーザ光ケーブル最小直径 400 μm 400 μm 100 μm
    構成      
    電源ユニット寸法 (幅 x 高 x 奥) 1460 mm x 1350 mm x 730 mm 1460 mm x 1350 mm x 730 mm 1460 mm x 1350 mm x 730 mm
    PDF <1MB
    Technical data sheet

    Download the technical data of all product variants.

    追加オプションを導入することで、TruMicro 7000シリーズの高出力ナノ秒レーザでの作業における効率とプロセスの安全性が更に向上します。

    TruDiskレーザの光学ユニット
    フレキシブルな統合型ビームガイド

    レーザによるフレキシブルな設計を実現するため、ビームガイドは多くのオプションから選択できます。プラグ&プレイにより、光ファイバーを様々なワークステーションに極めて簡単に接続することができます。その時、最大4つの光ファイバー接続口から使用数を選択します。レーザ出力の制御は照射口毎に行います。こうして、複数のワークステーションがレーザ出力が分割された状態で同時に稼働するか、順々に100%のレーザ出力で稼働することになります。モジュール構造であることから、この分割機能を後付けすることも可能です。

    TRUMPFレーザネットワーク
    TRUMPFレーザネットワーク

    レーザネットワークに、それぞれ最大4つのワークステーションと単一または複数のレーザを結合することができます。その際レーザは出力を複数のステーションに分割するか、交互に各ステーションにフル出力を供給します。その結果、異なるアプリケーションを相互に組み合わせることも可能になります。

    加工品にまで及ぶインテリジェンス

    独自のインタフェースを介して、インテリジェントな光学ユニットをレーザ装置と同期化することができます。それにより、焦点合わせ光学ユニットCFOまたはスキャナー光学系PFOなどを、自分の目的に合わせて最適に利用することができます。加工光学ヘッドのプログラミングは、レーザ制御ユニットを介して快適に行うことができます。PCやコントローラを追加する必要はありません。

    リモートサービス

    異常時にはTRUMPFのサービスエキスパートが、確実なリモート接続を介してレーザ装置に主体的に手を加えます。多くの場合、こうして異常を直接解決するか、スペアパーツが届くまで生産を継続できるようにレーザ装置の構成を変更します。

    TruControlコントローラ

    TruControl

    TruControlはTRUMPF固体レーザ向けの迅速で操作しやすいコントローラです。レーザ出力をリアルタイムで制御し、再現性のある結果を実現します。TruControlはインタフェースの割当を管理、制御、視覚化します。すべてのレーザテクノロジを越えた、統一的な制御アーキテクチャを利用することが出来ます。レーザには、モニタリング機能付き集光光学系ユニットCFOまたはスキャナー光学系PFOなど、高度なTRUMPF光学ユニットを制御するためのインタフェースが備わっています。加工光学ヘッドのプログラミングは、レーザ制御ユニットを介して快適に行うことができます。TRUMPFのテレサービスによって、迅速にテレサービスサポートを受けることができます。これによりサービスマンの派遣が不要になるか、サービスマンの派遣に向けて最適な準備を整えることができ、レーザ装置の可用性が向上します。

    TRUMPFでは、レーザから加工品に至るまで、ビームガイドに必要となるあらゆるコンポーネントを提供しています。この他、様々な焦点合わせ光学ユニットも提供してしており、これらの光学部品の精度と信頼背は長年にわたり産業分野で実証されています。光学ユニットは、スタンドアロン型加工ステーションあるいは生産ライン全体のどちらでも簡単に統合することができます。そのモジュール式構造により、光学ユニットはレーザタイプ及び様々な加工状況に適合させることができます。

    固定光学系

    TRUMPFの堅牢な固定光学系により、溶接、カッティング、削剥、加熱や穴開けなどを問わず、高品質のプロセス結果を確実に得ることがTRUMPFの堅牢な固定光学系により、溶接、カッティング、削剥、加熱や穴開けなどを問わず、高品質のプロセス結果を確実に得ることができます!できます!

    観察用カメラ、クロスジェットとリニアノズルを搭載した焦点合わせ光学ユニットBEO D70
    BEO D70

    長い作業距離と小さい焦点直径を両立

    スキャナー光学系

    リモート加工に理想的な光学ユニット

    TRUMPF加工光学ヘッド
    PFO 33

    スキャナー光学系PFOによる溶接と穴開け

    国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で機械を入手できるかどうかを確認してください。

    お客様向け情報

    Technologiebild TRUMPF Scheibenlaser
    レーザ

    切断、溶接、マーキング、表面加工など、多様な用途に柔軟かつ低価格で採用できるTRUMPFのレーザは魅力的なツールです。

    Verfahrensoptimierung
    アプリケーションコンサルティング

    お客様はTRUMPFのアプリケーションコンサルティングを通して、知識を拡大して自分のプロセスを最適化することができます。

    Mikrobearbeitung mit TRUMPF Produkten
    マイクロ加工

    マイクロ生産技術において、再現性のある制御型の超精密加工が必要な場合には、必ず短パルスレーザが使用されます。

    問い合わせ

    販売 (レーザ技術)
    Fax: +81 45-931-7534
    Eメール

    ダウンロード

    レーザ装置カタログ
    レーザ装置カタログ
    pdf - 9 MB
    短パルス及び超短パルスレーザカタログ
    pdf - 2 MB
    サービス & お問い合わせ