TruMark Station 7000、高性能かつ大型部品対応
TruMark Station 7000、高性能かつ大型部品対応
マーキングシステム

TruMark Station 7000

高性能かつ大型部品対応

大量生産に適用

マーキングシステムTruMark Station 7000の内寸は大きく、ほぼ全てのアプリケーションで広いスペースを確保することができます。その際、レーザー安全を確保しながら大型又は最大100 kgまでの重い単一部品のマーキングを行うのか、あるいは並べて配置された大量の小型パーツをマーキングするのかは関係ありません。TruMark Station 7000では回転チェンジャシステムをオプション装備することで、主要工程と並行した装着と生産性の大幅な上昇というメリットが得られます。同システムは各側約35 kgまでの重い部品と治具に最適です。その他の回転軸として、最大重量20 kgまでの部品の円周マーキング処理を行うタイプも提供されています (マニュアルチャックの直径: 150 mm)。作業エリア全体にわたってアクセスが可能、優れたエルゴノミーが作業を快適にします。迅速で必要に応じて部分的に開閉可能な電動式ドアは安全性を保証し、生産性をさらに向上させます。高速軸により非生産時間が低く保たれます。TruMarkレーザに合わせて最適に調整された煙・粒子バキュームシステムにより、レーザ出力が高い場合でもエミッションフリーの作業環境が保証されます。それに加えて、ポリマーセメントプレートを中核部品としたねじれ剛性の高いこのシステムでは、重い部品であっても卓越した振動抑制が保証されます。

連続生産のスペシャリスト

大きな作業エリア及び多数のオプションを備えたこのステーションは大量のロット数に理想的であり、回転チェンジャを装備することでその威力が特に発揮されます。

優れたエルゴノミー

考え抜かれたデザインのワークステーションでは、機械オペレータが疲労することなく作業を行うことができます。

シンプルな操作

軸操作のためのユーザインタフェース、レーザパラメータ、外部通信

粉塵や煙なし

パワフルな面吸引又は正確な点吸引が行われるため、加工品でのレーザー出力に影響が及ぶことは全くありません。その結果、マーキング品質は一定に保たれます。

完璧な波長とレーザー出力

各用途に合わせて、様々なTRUMPFレーザー装置、パルス時間と出力クラスを柔軟にステーションと組み合わせることができるため、完璧なアプリケーション結果が実現します。

生産性の向上

振動抑制効果のあるポリマーセメントプレートと回転チェンジャユニットが組み合わされているため、サイクルタイムに並行したマーキングに影響を及ぼすことなく、重い部品のローディングと加工を同時に行うことができます。

TruMark Station 7000 - Leistungsstark für große Aufgaben
TruMark Station 7000
すべての機能を備えたハイエンド加工機

このトップモデルにはTRUMPFマーキングシステムとしては初めて、ポリマーセメントプレートを中核構成部品とした、安定性が高く産業利用に適した構造が装備されています。TruMark Station 7000にはそれに加えて、TRUMPFマーキングステーションのそれ以外の全ての利点も当然のことながら備わっています。その主な例としては、機械フレーム統合型のレーザー電源ユニットや、周囲マーキング用の統合型回転軸が挙げられます。システムの機能はリモートサービスを介して監視することができます – お客様によるアクティベーション後、弊社のサービスエキスパートが迅速にお手伝いいたします。

TruMark Station 7000の内部
すべてを簡単に実行

様々に異なるサイズの加工品をTruMark Station 7000の内部でマーキングすることができます。レーザは2つの軸でX方向とZ方向に移動でき、加工台をY方向に動作してあらゆる方向から簡単にアクセスできる、広々とした作業エリアを活用することができます。

大型部品向けTRUMPFマーキングシステムTruMark Station 7000の内部の様子
回転チェンジャを装備しても得られる完全な柔軟性

当社の回転チェンジャシステムでは、X軸とZ軸を諦める必要はありません。レーザーが部品の上を縦横無尽に移動するため、回転チェンジャの面全体のマーキングと、マーキングフィールドを超えた加工が可能です。

TruMark Station 7000でレーザーマーキングが施された洗濯機の操作パネル

変色

大きな作業エリアを有するTruMark Station 7000では、洗濯機のプラスチック製操作パネルに、UVマーキングレーザーで素早く簡単にマーキングを施すことができます。暗色でコントラストの強い目盛り、型式名及びブランド名が明るい色の操作パネル上に生み出されます。またこの工程ではプラスチックが発泡しないため、操作パネルの滑らかな手触りが得られます。

レーザーマーキングされたステント (TruMicro Markによるブラックマーキング)

精緻な医療用製品の正確なマーキング

TruMark Station 7000は、医療技術分野の極めて精緻で、曲面を有することも多い製品であっても、一定の高品質でマーキングを行います。その例として、神経外科用インプラントが上に示されています。

TruMark 5000シリーズによるアニーリング

アニーリング

局所的に加熱を行うことで加工品の表面が変色します。材質及び入熱に応じて、アニーリング色が変化します。表面は滑らかなままであるため、汚れが付着することはありません。

TruMark 6000シリーズによるエングレービング

エングレービング

エングレービングでは、レーザ光線で基材の一部を除去することにより、くぼみが形成されます。これは急勾配なエッジに沿って、あるいは斜面に沿って施すことができます。

TruMark 6000シリーズによる加工品の変色

変色

材料とレーザ波長を最適に調整することにより、色素分子を意図的に変色または退色させることができます。表面は滑らかなままです。金属材料に加えて木材や皮革などの有機材料もTRUMPFマーキングレーザで加工することができます。

ワンボックスレーザによる表面処理

表面加工

レーザを使って表面に機能的な構造を持たせたり、クリーニングしたりすることができます。例えばレーザー溶接などの後続プロセスへの準備として、さび、オイルやリン酸層を除去することができます。

TruMark 5000シリーズによる表面構造化

構造化表面

レーザを使って表面に機能的な構造を持たせることができます。表面に非常に小さな溶融突起の構造が施されていると、材料特性を維持したまま高い付着性を得ることができます。連結部品に微細な凹形状のくぼみをつけて構造化することにより、同量の潤滑剤で走行特性が大幅に向上します。

TRUMPF TruMark製品によるレーザーマーキングで実現する、自動車のボタンのデイ&ナイトデザイン

アブレーション

アブレーションは、基板上に形成された色合いが強く異なる多層プラスチックの薄膜層を部分的に除去することができます。このプロセスにより、自動車産業で使用されている「デイ&ナイトデザイン」が可能になります。

TruMarkレーザによるプラスチックの発泡

発泡

発泡ではレーザがプラスチックを加熱し、これにより短い溶融プロセスが生じます。後続する冷却プロセス中に小さな気泡が生じ、これらの気泡が入射光を拡散的に反射します。このレーザマーキング方法では、気品のあるマークが生まれます。

-/-
TruMark Station 7000
ワークの仕様  
最大加工品寸法(幅 x 高 x 奥) 1000 mm x 400 mm x 500 mm
使用可能なモータ軸  
Z方向移動距離 400 mm
X軸移動量 650 mm
Y方向移動距離 375 mm
Z方向移動速度 0.7 m/min
X方向移動速度 15 m/min
Y方向移動速度 15 m/min
電源および消費電力  
電源(電圧) 200/400 V
電源(周波数) 50/60 Hz
ワークステーションの寸法および重量  
ワークステーションの寸法 (幅 x 高 x 奥) 1200 mm x 2000 mm x 1200 mm
レーザクラス  
レーザクラス 1
TruTops Markの製品イメージ

TruTops Mark

マーキング用ソフトウェアTruTops Markにより、TruMarkレーザでのマーキングを非常に簡単に行うことができます。TruTops Markのプログラムには、マーキング用ソフトウェア、CADエディタ、レーザパラメータとインタフェースの管理、QuickFlowによるシーケンスプログラミング及び診断ツールが含まれています。直観的なユーザインタフェースから全ての機能を操作することができます。CADエディタでは、図形要素を簡単に描画及び配置することができます。レーザパラメータ用データベースにより、最適なパラメータを何回でも繰り返し使用することができます。QuickFlowのシーケンスプログラミングで「ピック・アンド・ドロップ」プログラムを作成すれば、最初から最後までマーキングサイクル全体を制御することができます。診断ツールは、センサーにより検出されたアナログ測定値の可視化と分析を行います。

TruTops Mark 3D製品イメージ

TruTops Mark 3D

当社のマーキングソフトウェアTruTops Mark 3Dは、使いやすい操作とプロセス時間の大幅な短縮が魅力です。これからはアプリケーションに応じて、複数のマーキング対象物を単一のレーザー装置で大量に処理できるようになります。それには特に、これまでは複数のレーザーが必要であったケースが当てはまります。その結果、斜面や曲面などの三次元表面のマーキングが極めて簡単かつ効率的になります。パッケージにはマーキングソフトウェアに加えて、独自に加工品を作成して3Dマーキング用の図面を導き出すことができる極めて充実した3D-CADエディタが含まれています。

TruTops Markソフトウェアのモジュールインタフェース

TruTops Markモジュールインタフェース

TruTops Markモジュールインタフェース (TTM-MI) により、TruTops Markユーザインタフェースのコンテンツ、外観、配置を好みに合わせて自由自在にカスタマイズできます。これにより生産チェーン及びプロセスチェーン全体にわたる操作を個人用にカスタマイズできるようになります。さらにソフトウェアモジュールを使用すると、データベース、測定技術及びその他の要素からなる既存システム全体に、マーキングレーザをいとも簡単に統合することができます。

TruMark Station 7000は多数のTRUMPFマーキングレーザーシリーズと組み合わせることができ、あらゆるアプリケーションに最適なソリューションを提供します。

TruMark Station 7000向けに用意されているその他のオプションにより、生産プロセスの最適化が実現し、使いやすさが向上します。

TruMark Station 7000の回転軸
回転軸

オプションの回転軸を使用すると、円筒状の加工品でも高品質のマーキングが可能になります。ステッピングモータを搭載した回転軸により、部品の円周マーキングが可能になります。

TruMark Station 7000、高性能かつ大型部品対応
電動式のY軸

機械フレームに取り付けられたプログラム制御のサーボドライブで駆動するキャリッジにより、部品を正確に位置決めできます。移動経路は375 mm、繰り返し精度の代表値は± 0.025 mm、移動速度は15 m/minです。

TruMark Station 7000の統合されたバキュームシステム
統合されたバキュームシステム

排出される粒子や煙のバキュームシステムは機械フレームに統合されているため、設置面が縮小されます。作業エリアでは、面吸引と正確な点吸引から選択することができます。フィルター監視は差圧センサーにより実行されます。

TRUMPFリモートサービス
リモートサービス

異常時にはTRUMPFのサービスエキスパートが、リモート接続を介してレーザ装置に主体的に手を加えます。多くの場合、こうして異常を直接解決するか、スペアパーツが届くまで生産を継続できるようにレーザ装置の構成を変更します。

TruMark Station 7000、高性能かつ大型部品対応
直感的なコントローラ

タッチスクリーンをオプション装備することで、制御が更に簡単になり、生産性が向上します。それと同時に、様々な機能ボタンを備えた新デザインの操作パネルにより、直感的なハンドリングと簡単なセットアップモードが実現します。

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で製品を入手できるかどうかを確認してください。

お客様向け情報

問い合わせ
販売 (レーザ技術)
Fax +81 45-931-7534
Eメール
ダウンロード
サービス & お問い合わせ

Close

Country/region and language selection
Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.