You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

TruLaser Tube 7000 fiber | TRUMPF
TruLaser Tube 7000 fiber
TruLaser Tube 7000 fiber
レーザパイプカッティングマシン

TruLaser Tube 7000 fiber

最高の生産性がXXLサイズのパイプでも実現

TruLaser Tube 7000 fiber、RapidCut
TruLaser Tube 7000 fiber、RapidCut
レーザパイプカッティングマシン

TruLaser Tube 7000 fiber

最高のダイナミクスと加工時間の短縮を実現するRapidCut

-/-

固体レーザにより最高の生産性がXXLサイズでも実現

TruLaser Tube 7000 fiberに装備されている固体レーザは、幅広い加工ラインナップに対応可能です。固体レーザでは迅速かつ自由自在な加工が実現します。RapidCutにより、コンタが小さめの場合でも、レーザの高い送り速度を実感することができます。これは特に薄板において製造時の生産性の大幅な向上を意味します。TruLaser Tube 7000 fiberはオープンなマシンコンセプトを採用しているため、ローディング/アンローディングの際に極めて手が届きやすい構造になっています。そのためこの機械では、ロット数が1であっても効率的な作業が可能です。また、Central Linkインタフェースが備わっているため、インダストリー4.0に向けても最適な準備が整っています。

最大直径254 mm

軟鋼であれば、直径254 mmまで、肉厚10 mmまでの製品が加工可能です。

大幅に短縮された部品加工時間

コンタが小さめの場合でも、RapidCutにより、固体レーザの高い送り速度を実感することができます。

最適な機械アクセス

TruLaser Tube 7000 fiberはオープンコンセプトの採用により、極めて手が届きやすい構造になっています。

高品質ベベル切断

オプションのベベル切断により、45°までの高品質ベベル切断が可能になります。

最適な切断結果

TruDisk固体レーザ及び高品質の切断データは、最適な結果を実現します。

高いプロセスの安全性

最新センサーにより、加工プロセス全体を通してスムーズな手順を実現します。

わずかな間接作業時間

TruLaser Tube 7000 fiberではマシン設定が完全自動で行われるため、最小限のダウンタイムで製造が可能です。

後続プロセスの統合

TruLaser Tube 7000 fiberではオプションで、タッピングなどの後続のプロセスステップも実行可能です。

TruLaser Tube 7000 fiber – 固体レーザとRapidCutにより得られる高い生産性
オプションのRapidCutにより、薄い材料で極めて高い送り速度が実現
テクノロジパッケージ タップでは、タッピングが素早く簡単に単一の作業ステップで実現します
オープンなマシンコンセプトの採用で、ロット数1から効率的な生産が実現
TruLaser Tube 7000 fiberでは、45度までの高品質ベベル切断が可能
Smart Profile Detectionによる全自動ローディング
SeamLine Tubeによる溶接シームの高速検出
-/-
TruLaser Tube 7000 fiber、オープンなマシンコンセプト
手の届きやすさと安全性を最高レベルで融合

オープンなマシンコンセプトと高度なビームガードが採用されているため、オペレータにとって極めて安全であると同時に、手が非常に届きやすい機械になっています。そのため、単一のパイプであっても効率的にローディングし、身体に負担がかからない作業高さで部品を取り出すことができます。

ベベル切断

TruLaser Tube 7000 fiberは45度までのベベル切断を処理します。

RapidCut

RapidCutにより、コンタが小さめの場合でも、固体レーザの高い送り速度を実感することができます。これは特に薄板において製造時の生産性の大幅な向上を意味します。

テクノロジパッケージ「タップ」

新しいテクノロジパッケージ「タップ」により、フロードリル加工、タッピングやスパイラルドリル加工などの更なる加工プロセスを機械に統合することができます。オートメーションの結果、部品取扱い作業の減少とミス発生の可能性の低下というメリットが得られます。

開閉可能なコンベア軌道

小ロット及び特殊プロファイル向けに、開閉可能なコンベア軌道を使用することができます。

TruLaser Tube 7000 fiber、ステップローラー
自動ステップローラー

パイプをサポートしながら横にガイドするステップローラーは、異なるパイプ直径に合わせて自動調整されます。

TruLaserTube 7000 fiber、センタリング式クランプ範囲
セルフセンタリング式コレットチャック

コレットチャックは材料に傷を付けることなくパイプを位置決めして保持します。永久的なセンサー監視付きのセルフセンタリング式クランプは、あらゆるパイプのジオメトリに適応します。その結果、高い製品精度というメリットが得られます。

家具

より自由なデザインが可能に: TruLaser Tube 7000 fiberはパイプ及びアングル・チャンネルを極めて精密に切断します。これにより、最高の品質と気品を持つ製品が実現します。

店舗建築

個別生産であるか連続生産であるかを問わず、レーザパイプカッティングでは店舗家具の設計において、最高のフレキシビリティーが保証されます。

農業機械

TruLaser Tube 7000 fiberは、肉厚が厚いパイプを加工することができます。このメリットは農業機械コンポーネントの製造時などに活かされます。

フィットネス機器

TruLaser Tube 7000 fiberの自動化ソリューションにより、フィットネス機器などの高品質コンポーネントを効率的に生産できるようになります。レーザが長期間にわたる精密なパイプ加工を保証します。

機械及び機器製造

機械製造業者は板金設計をレーザパイプカッティング技術が持つ可能性で補うか、最適化することができます。その際設計者は、パイプとシートをインテリジェントに組み合わせることができます。

-/-
TruLaser Tube 7000 fiber
丸パイプ  
最大外径 254 mm
角パイププロファイル  
最大辺長さと外接円直径 220 mm / 254 mm
自動ローディング用の最大素材長さ  
LoadMaster Tube 6.5 m の場合 6500 mm
LoadMaster Tube 9.2 m の場合 9200 mm 1
完成品長さ  
アンローディングユニット 4.5 m 4500 mm
アンローディングユニット 4.5 m + 1.5 m 6000 mm 1
アンローディングユニット 6.5 m 6500 mm 1
アンローディングユニット 6.5 m + 1.5 m 8000 mm 1
加工品重量  
最大距離速度 (標準 / オプション) 40 kg/m / - kg/m
自動ローディング時の最大素材重量  
LoadMaster Tube 6.5 m あり 225 kg
LoadMaster Tube 9.2 m あり 225 kg
レーザー固有のデータ - TruDisk 3001  
最大レーザ出力 3000 W
軟鋼最大板厚 8 mm
ステンレススチール最大板厚 5 mm
アルミニウム最大板厚 6 mm
銅最大板厚 4 mm
真鍮最大板厚 4 mm
レーザー固有のデータ - TruDisk 4001  
最大レーザ出力 4000 W
軟鋼最大板厚 10 mm
ステンレススチール最大板厚 6 mm
アルミニウム最大板厚 6 mm
銅最大板厚 4 mm
真鍮最大板厚 4 mm
消費値 - TruDisk 3001  
生産時の電力消費量平均 9 kW
消費値 - TruDisk 4001  
生産時の電力消費量平均 11 kW

自律性

Smart Profile Detection

Smart Profile Detectionにより、複雑な断面形状のパイプでも自動でロードすることができます。

SeamLine Tube

SeamLine Tubeは溶接シーム又はマークを識別して、それぞれのパイプの位置と方向を機械に正確に合わせます。パイプの内側をスキャンする機能も選択可能です。

生産性

TruLaser Tube 7000 fiber、RapidCut
RapidCut

RapidCutにより、コンタが小さめの場合でも、固体レーザの高い操作速度を実感することができます。これは特に薄板において製造時の生産性の大幅な向上を意味します。

加工対象の拡大

45度までのベベル切断

45°までの高品質ベベル切断が加工部品ラインナップに追加されます。

プロセスの安全性及びオペレータサポート

シングルカッティングヘッド方式

シングルカッティングヘッド方式では、カッティングヘッドを交換せずに異なる材質や板厚をレーザ加工することができます。

TruLaser Tube 7000 fiber、センサーシステム
センサーシステム

スマートな機械: センサーにより、部品が正しく搬出されたかどうか検出されます。

Condition Guide

新機能Condition Guideにより、一目見るだけで機械のステータスを常に把握することができます。信号システムにより、機械の切断性能に影響を与える重要な要素のステータスが表示されます。Condition Guideは必要に応じてメンテナンスを推奨します。履歴チャートを参照することにより、いつメンテナンスの必要が生じるか予測しやすくなります。このため、メンテナンス作業を効率的に計画できるようになります。

MobileControl App

MobileControl Appは、標準操作パネルのユーザインタフェースをお使いのタブレットのタッチスクリーンに転送するため、いつでも簡単かつフレキシブルに機械の操作や制御を行うことができます。Appでは例えばパイプ保管庫など機械周辺の他の場所で作業中に、マシンデータの呼び出しやプログラムの交換を行うことができます。

マグネットカップリング

ベローズ付きマグネットカップリングは、特にカッティングヘッドの衝突時に、カッティングヘッドが損傷及び汚れる可能性を阻止します。これにより、生産を短時間後に続行することが可能になります。

Dot Matrix Code

Dot Matrix Code機能により、標準化された工業用バーコードを迅速にプロセスの安全性を確保しながら部品にマーキングすることが可能になります。

TruLaser Tube 7000 fiber、ベルト台
ベルト台

ベルト台は人間工学に基づいた高さになっているため、パイプ及びチャンネル・アングルのアンロード時の負担が軽減されます。ベルト台は更に実用的な材料仮置き場としての役割も果たします。

品質

FocusLine

手動設定は過去のもの: 制御メカニズムFocusLineは、レーザの焦点位置を一定に保ち、材料に合わせて自動調整します。

PierceLine

PierceLineにより、ピアシングプロセスが制御及び監視されます。材料が完全に分離されると、ピアシング工程はすぐに終了します。これにより加工精度が向上し、加工時間が短縮されます。

TruTops Tube

パイプデザインが複雑であっても極めて効率的で迅速な加工を可能にするTruTops Tubeは、製造時の高い安全性と精度を保証する3D設計モジュールを内蔵したソフトウェアです。

TruTops Monitor

製造現場の全ワークステーションでの停止、エラーメッセージ、異常原因及びメンテナンス時間などの機械データが集計されて分析されます。停止又は異常が発生した場合には、TruTops Monitorから原因に関する情報が即座に提供されるため、オペレータは素早く対応することができます。

ソフトウェア

幅広いTruTopsソフトウェアポートフォリオは、製造プロセス全体を通してお客様をサポートします。受注や購買の管理から完成品の出荷に至るまで、業務プロセスを簡単かつ的確に制御できます。また機械コントローラと直接リンクされているため、ジョブステータスを常に把握することができます。

ローディング

ローディングユニットLoadMaster Tubeでは、バンドルスペースにより原材料が自動供給されるため、セットアップ時間が大幅に短縮されます。開閉可能なコンベア軌道は、小ロット、中間生産物及び特殊プロファイルの場合に、その威力を特に発揮します。更にオプションとして、LoadMasterを機械の前面に配置することもできます。これにより、機械のレイアウトを材料の流れに適合することが可能になります。

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で製品を入手できるかどうかを確認してください。

脚注
  • 拡大仕様の値(オプション)

お客様向け情報

問い合わせ
販売 (工作機械)
Fax +81 45-931-5714
Eメール
ダウンロード
サービス & お問い合わせ