You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

TruArc Weld 1000 | TRUMPF
TruArc Weld 1000
TruArc Weld 1000
溶接機械

TruArc Weld 1000

簡単に始められる自動溶接

素早くプログラミングして、確実に溶接

この溶接セルは、TÜV認証とCEマーキングを取得したフル装備の工作機械です。その装備には、バキュームシステム、眩光防止カバー、そしてTRUMPF基準の安全技術も含まれます。この溶接セルでは、研修をほとんど受けることなく、ビデオチュートリアルを見るだけで運転開始、プログラミングと操作を行うことができます。この溶接セルは部品サイズとロット数に応じて、1又は2ステーションモードで稼働可能です。例えば比較的大きな部品を、又は大量の比較的小さな部品を主要工程と並行して加工することができます。

簡単な操作とプログラミング

溶接バーナーにある操作ユニットで操作し、ロボットコントローラで直に容易にプログラミングすることが可能

TRUMPF基準に適合した安全性

眩光防止機能付きセーフティキャビン、セルフクリーニング式バキュームシステム、LED照明並びに協働ロボット

素早く設置して運転開始

機械を希望の場所に設置した後、数時間以内に自力で運転開始

生産性の高い溶接

Fronius社製の高性能装備と、2ステーションモードでの主要工程と並行したセットアップにより実現

TruArc Weld 1000 – 簡単に始められる自動溶接

コンソール

軟鋼製コンソール。25 mmのプレートを8 mmの曲げ板金に5つの溶接シームで溶接。この部品の自動溶接では、ロット数1であってもハンド溶接と比較して21 %の時間短縮 (プログラミングを含む) が実現。

TruArc Weld 1000、輸送用固定具アプリケーション

輸送用固定具

6 mm軟鋼製輸送用固定具。この部品の自動溶接では、ロット数8の条件でハンド溶接と比較して63 %の時間短縮が実現。

-/-
TruArc Weld 1000
軸データ  
タイプ 協力する産業用ロボットアーム
軸数 6
リーチ 1300 mm
繰り返し精度 +/- 0.05 mm
溶接ソース  
タイプ フロニウス(FRONIUS) TPS 320i C PULSE
溶接電流範囲 MIG/MAG 3 A - 320 A
寸法と重量  
キャビンの寸法 3605 mm x 2454 mm x 2818 mm
重量 2940 kg
作業エリア  
典型的な最大部品サイズ(テレスコープ中央分離が閉じている場合) 600 mm x 600 mm x 600 mm
典型的な最大部品サイズ(テレスコープ中央分離が開いている場合) 2000 mm x 600 mm x 600 mm
TruArc Weld 1000、プログラミング
プログラミング

溶接バーナーにある操作ユニットで直感的に操作できることに加えて、ロボットコントローラで直に容易にプログラミング可能であるため、プログラミング時間が最低限に抑えられます。機械の中央操作ユニットは、簡単で分かりやすいデザインになっています。

TruArc Weld 1000、ロボット
ロボット

協働ロボットUR10eには、6つの軸とトルクセンサーが備わっています。このロボットはリニア軸によって左右に配置されます。

TruArc Weld 1000、カバー
セーフティキャビン

バキュームシステム統合型セーフティキャビンには、自動オープン式眩光防止機能と照明が備わっています。2ステーションモードでは、作業エリアが必要に応じて展開式仕切り板で仕切られます。

TruArc Weld 1000、Fronius社製装備
Fronius社製装備

Fronius社製の高性能溶接装備、TPS 320i C PULSE溶接ユニットには、Welding Package PMC、極めてスリムな350アンペアバーナーと外部ワイヤ送給システムが含まれています。

TruArc Weld 1000、Demmeler社製テーブル
Demmeler社製テーブル

Demmeler社製3D溶接テーブルには50 x 50 mmの格子状の穴パターンD16が備わっており、その表面は硬化されています。このテーブルの寸法は2000 x 1000 x 100 mmです。

クレーンでのローディング

このオプションを利用すれば、重くて大きい部品と治具のローディングが、作業者に負担をかけることなく実現します。この方法では、両方のステーションの上にあるキャビンカバーを個々に開けて、クレーンを使用して部品を機械内部にローディングします。

テクノロジパッケージ「CMT溶接」

オプションのテクノロジパッケージ「CMT溶接」を利用すれば、溶接スパッタ―と歪みが減少し、TruArc Weld 1000でのプロセス安定性が高まり、溶接時のエネルギー量が低下します。

折り返し溶接

折り返し溶接は、特に厚板加工で有益です。溶接シームの幅が広いため、接合不良が防止されます。

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で製品を入手できるかどうかを確認してください。

お客様向け情報

問い合わせ
Christoph Turner
販売サポート
Eメール
ダウンロード
サービス & お問い合わせ