国/地域/言語選択
TruLaser Cell 1000シリーズ、経済的なレーザパイプ溶接
TruLaser Cell 1000シリーズ、経済的なレーザパイプ溶接
レーザ溶接設備

TruLaser Cell 1000シリーズ

経済的なレーザパイプ溶接

固体レーザーを装備したTruLaser Cell 1000シリーズ
固体レーザーを装備したTruLaser Cell 1000シリーズ
レーザ溶接設備

TruLaser Cell 1000シリーズ

固体レーザー装備タイプも入手可能

ベルト、パイプとプロファイルのエキスパート

TruLaser Cell 1100はフレキシブルなビームガイドシステムであり、既存の製造ラインに簡単に組み込むことができます。この製品はベルト、パイプ及びプロファイルの様々な継目ジオメトリのエンドレス溶接専用に設計されています。材料については、様々な種類から自由に選択できます。このレーザ溶接設備では、厚さが0.1から数ミリメートルまでの鋼、ステンレススチール、アルミニウム、非鉄重金属を溶接することができます。リニア/旋回軸を装備した溶接用光学ユニット、並びにシームサーチ/トラッキング用のセンサーシステム (SeamLineやSeamLine Proなど) が幅広く提供されており、これらを導入することにより、フレキシビリティー、品質、信頼性が向上します。アプリケーションや材料に応じて、TRUMPFのCO2レーザまたはレーザ発振器を使用します。

フレキシブルな構造

それぞれの要件に合わせて、装置を最適に構成することができます。

経済性の向上

最新のレーザ発振器とセンサーによりランニングコストを削減し、サイクルタイムを短縮します。

直感的なコントローラ

TruLaser Cell 1000シリーズに統合されている操作パネルでは、直感的に操作することができます。

可変型ビームガイドシステム

リニア軸のストローク、作業高さ及び加工経路は加工プログラムに合わせて調整されます。

完璧な協調

リニア/旋回軸を備えた溶接用光学ユニットとセンサーシステムは、機械を最適に補完します。

TruLaser Cell 1000シリーズ、無限の生産性
TruLaser Cell 1000シリーズ、経済的なレーザパイプ溶接
TruLaser Cell 1100

TruLaser Cell 1100は簡単な操作、様々な仕様および高い溶接速度を特長としています。TruLaser Cell 1100は、簡単にロール成形設備に統合できるため、レーザパイプ溶接の最適なエントリーモデルとして導入できます。

TruLaser Cell 1100 PC
TruLaser Cell 1100 PC

TruLaser Cell 1100 PCには、様々な角度位置でプロファイルを切断するために長い軸が備わっています。CO2レーザTruFlowは、ハウジング内に一体化されています。

デュアルヘッドシステムを搭載したTruLaser Cell 1100
デュアルヘッドシステムを搭載したTruLaser Cell 1100

TruLaser Cell 1000シリーズでは、リニア軸の移動経路、高さや移動範囲などを任意に設定することができます。レーザ装置としては、TruFlowシリーズのCO2レーザ、TruDiskおよびTruDiodeシリーズの固体レーザを使用します。それぞれの状況に応じて、ビームを加工方向に対して平行または垂直に配置することが可能です。光学ユニットの調整軸を調整することにより、各アプリケーションを最適化できるようになります。

固体レーザーを装備したTruLaser Cell 1000シリーズ
TruLaser Cell 1100 fiber

TruLaser Cell 1100 fiberは、簡単な操作、低い投資コストと高い溶接速度を特長としています。これは、パイプや直角プロファイルに非常に適しています。お客様のニーズに合ったTruDiskをお選びになり、経済的でエネルギー効率の良いパイプ溶接を実現してください。特許取得済みのTRUMPF BrightLine Weldテクノロジーを組み合わせることにより、軟鋼、ステンレススチールまたは銅やアルミニウムなどの素材も、スパッターの発生を抑えながら最高品質で溶接することができます。

TruLaser Cell 1100でレーザ溶接されたプロファイル

レーザ溶接されたプロファイル

TruLaser Cell 1100はパイプとプロファイルパーツのエンドレスレーザ溶接専用に開発されました。構造がコンパクトであるため、既存のプロファイル加工設備に簡単に統合することができます。最低限の停止時間で、パイプ/プロファイル溶接設備を様々な製品形状に合わせて変更できるコンセプトを採用しています。堅牢な構造と防塵カバーが施されたビームガイドシステムにより、産業環境における安定したプロセス条件と最高のレーザ安全性が保証されます。

TruLaser Cell 1000シリーズによる気密性が高くピットのない溶接シーム

気密性が高くピットのない溶接シーム

TRUMPFレーザ発振器はビーム質が高いため、製品に投入されるエネルギーの密度も高くなり、パイプ内壁/外壁にスラグが堆積することなく、気密性が高くピットのない溶接品質の確保が可能です。

SpeedLas

SpeedLasによる生産性の高い熱伝導溶接

TRUMPFのSpeedLas光学ユニットでは、肉厚が最大0.4 mmの薄い材料で、極めて高いプロセス速度が実現します。熱伝導溶接でいわゆる「ブリュースター角」の物理的効果を利用して、生産性を格段に向上させることができます。

TruLaser Cell 1100 (CO2-Laser)
TruLaser Cell 1100
軸の移動範囲   
軸の移動範囲 X軸 300/500 mm 300/500 mm
軸の移動範囲 Z軸 300/500 mm 300/500 mm
軸の移動範囲 B軸 ± 100 ° ± 100 °
軸の移動範囲 Q軸 (位置補正溶接ギャップ) ± 25 mm ± 25 mm
最大軸速度   
軸方向Xに平行での最大軸速度 30 m/min 30 m/min
軸方向Zに平行での最大軸速度 30 m/min 30 m/min
Q軸の最大軸速度 (位置補正溶接ギャップ) 3 m/min 3 m/min
軸方向Xに平行での最大軸加速 1.5 m/s² 1.5 m/s2
軸方向Zに平行での最大軸加速 1.5 m/s² 1.5 m/s2
B軸の最大軸加速 1.5 rad/s² 1.5 rad/s2
位置決め精度   
リニア軸 (X、Z) の位置決め精度 0.1 mm 0.1 mm
回転軸 (B) の位置決め精度 0.015 ° 0.015 °
レーザ   
最大レーザ出力 3200 W - 15000 W 2000 W - 8000 W
使用可能なレーザ - TruDiode、TruDisk
TRUMPFミラー焦点合わせ光学ユニットTLS
TRUMPFリニア溶接用光学ユニットTLS

ミラー集光光学ユニットTLSには、50 mmの開口があり、特別機能として定義したレーザ光をワークピースに集光できるリニア軸が備えられています。光学系には、同軸および横方向へのガス供給が可能な溶接ノズルが装備されています。使用可能な集光焦点距離は、f = 100 mmからf = 300 mmの範囲です。

観察用カメラ、クロスジェットとリニアノズルを搭載した焦点合わせ光学ユニットBEO D70
BEO D70

長い作業距離と小さい焦点直径を両立させるBEO D70。

SeamLine Proによるエンドレス溶接、TruLaser Cell 1000シリーズ
SeamLine Pro

SeamLine Proは極めて精密なシーム制御を可能にする包括的なプロセスセンサーです。これによりパイプとプロファイルのエンドレス溶接でのプロセス安全性が確保されます。

SeamLineの製品イメージ
SeamLine

TRUMPFレーザ装置ではSeamLineがシーム位置制御を行います。反射光検出と光遮断を交互に実行する方法により、システムはギャップやエッジを確実に検出することができます。

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で製品を入手できるかどうかを確認してください。

お客様向け情報

問い合わせ
Laser Technology
Fax 045-931-7534
Eメール
サービス
ファイナンス 詳しくはこちら 研修 詳しくはこちら 中古機械 詳しくはこちら TRUMPFの技術的なカスタマーサービス 詳しくはこちら 純正パーツ 詳しくはこちら プロセス最適化 詳しくはこちら サービス契約 詳しくはこちら
ダウンロード
サービス & お問い合わせ