このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。
TruLaser Cell 3000、比類のない汎用性
TruLaser Cell 3000、比類のない汎用性
レーザ溶接設備

TruLaser Cell 3000

比類のない汎用性

    - / -
    • 一覧
    • アプリケーション
    • 技術仕様
    • オプション
    • ソフトウェア
    • レーザ
    • 焦点合わせ光学ユニット
    • もっと見る 閉じる
    生産性の高い、多様な性能を持つ5軸レーザ機械

    コンパクトで高精度の5軸レーザ機械TruLaser Cell 3000を使用して、2次元及び3次元の溶接とカッティングを行うことができます。更にこの3Dレーザ機械はレーザ肉盛溶接 (LMD) にも適しています。試作品から広範囲に自動化された大量生産に至るまで、多方面に優れたこの機械は卓越した性能を示します。特に小型から中型までの最高品質部品の経済的なレーザ加工で威力を発揮します。

    プロセスにフレキシブルに対応

    簡単で迅速なプロセスアダプタ交換による溶接、カッティング及びレーザ肉盛溶接

    簡単な自動化

    数量が多い場合には、機械をユーザーの要件に合わせて簡単に自動化することができます。

    個別対応のジグ技術

    成熟したクランプ技術及びセンサーによる、完全自社開発のカスタマイズしたジグコンセプト

    モジュール構造

    多数のオプション及び加工光学ヘッドを使用した簡単な後付け又は装備拡張

    高精度

    繰り返し精度に関して最高で< 5 µmという新たなベンチマークを打ち立てました。

    広大な作業エリア

    作業エリア全体を大型の取付装置及び大規模な自動化技術用に利用することができます。

    TruLaser Cell 3000 - 比類のない汎用性
    TruLaser Cell 3000 - ギアコンポーネントのレーザ溶接
    TruLaser Cell 3000 - Zwillingナイフの自動レーザカッティング
    TruLaser Cell 3000のエルゴノミーに配慮した使いやすいコントローラ
    優れた使いやすさと人間工学

    TruLaser Cell 3000の操作は、Siemens 840D solutionlineをベースにTRUMPFが開発したユーザーインターフェースを介して直感的かつ簡単に行えます。カッティングでは、一般的なレーザタイプ、材質及び板厚用のTRUMPFによって最適化された切断パラメータが既にコントローラに保存されているため、これを使用できます。

    TruLaser Cell 3000の移動ユニット
    極めてダイナミックな移動ユニット

    この機械には極めてダイナミックなリニアダイレクトドライブが装備されています。これにより、迅速で精密な位置決めが可能になり、磨耗がほとんどない動作が実現します。更なる利点: 直接ビームが当たるところで最大4軸 (X、Y、Z及びB軸) が可能なアウトリガー構造になっているため、数量が多い場合にはレーザ機械を極めて簡単に自動化することができます。

    TruLaser Cell 3000、可変ズーム光学系FocusLine
    可変ズーム光学系FocusLine Professional

    TruLaser Cell 3000は焦点直径及び焦点位置の自動設定に向けた比類のない光学系システムを持ちます。光学系の交換は必要ありません。深溶け込み溶接、熱伝導溶接、厚板/薄板のカッティング又はレーザ肉盛溶接 (LMD) などの加工ジョブに応じて、結像特性をプログラム制御で変化させることができます。

    TruLaser Cell 3000、最高の精度
    最高の精度を実現する測定システム

    ガラススケールを使用した直接の絶対測定システムにより、X/Y軸の位置決め測定が行われます。Z軸用に、ロータ位置センサ付きの測定システムがモータに内蔵されています。軸位置の追加評価は絶対値エンコーダによって行われます。コントローラの起動時に基準点設定を行う必要はありません。

    TruLaser Cell 3000、簡単な自動化コンポーネント
    簡単な自動化

    回転チェンジャを使用した2ステーションモードでは、製造とセットアップを同時に行うことができます。これは数量が多い場合に特にお勧めです。またロード/アンロード位置の効果で、部品の取扱いが簡単になります。希望に応じて、ロボットに製品のロード/アンロードを任せることも可能です。TruLaser Cell 3000は側面から非常に手が届きやすい構造になっています。またこれにより、リニア搬送システム及び加工品交換システムを含めて、機械を生産ライン全体に問題なく統合することも可能になります。

    レーザ溶接によるディファレンシャルギア

    深溶け込み溶接

    3Dレーザ機械TruLaser Cell 3000は、1 MW/平方cmの極めて高い出力密度が必要な深溶け込み溶接に適しています。深溶け込み溶接の優れた特徴として、効率と溶接速度が高いことが挙げられます。高速であるため熱影響部が小さくなり、ひずみもわずかになります。このプロセスは深い溶接深さが必要な場合、あるいは複数の材料層を一度に溶接する場合に使用されます。このプロセスの典型的な使用例は、自家用車用アクスルディファレンシャルギアのレーザ溶接です。

    レーザ溶接によるラチェット

    レーザ溶接によるラチェット

    部品が高温、高圧、摩擦又は湿気などによって摩損した場合、一式交換が必ずしも必要であるとは限りません。レーザ溶接は新品の製造に代わる、迅速で経済的な方法です。

    レーザ加工による電磁式ウォーターポンプカップリング

    レーザカッティング及び溶接

    TruLaser Cell 3000を使用して、電磁式ウォーターポンプカップリングでスリットのカッティング及び溶接を行います。プロセスアダプタ交換が迅速であるため、TruLaser Cell 3000はプロセスに極めてフレキシブルに対応できます。

    レーザカッティングによるステータプレート

    レーザカッティングによるステータプレート

    レーザカッティングではツール交換なしで、精緻又は複雑なものも含め、ほぼあらゆるコンタ形状を生成することができます。エッジは滑らかでバリがなく、後加工は不要です。更に熱影響部が小さいため、ひずみもほとんど発生しません。特に金属 (鋼、アルミニウム及び合金) がカッティングの対象となります。

    手術台のコンポーネント

    手術台

    手術台のヘッドプレートなどの部品は、以前は手間を掛けてフライス加工されていました。TruLaser Cell 3000を使用することで、レーザカッティングされた2つの部品を溶接してつなぎ合わせられるようになりました。これは費用削減にもつながります。

    レーザカッティングによるキッチンナイフ

    レーザカッティングによるキッチンナイフ

    キッチンナイフは以前はパンチング加工で作成されていました。そのためツールの磨耗がひどく、ツール費用の増加につながり、コンタの切り替え時にはツールを交換する必要がありました。その結果、間接作業時間及び停止時間が長くなりました。今日では、磨耗のない汎用ツールであるレーザにより、費用及び時間の大幅な削減が可能になっています。別のナイフ形状などのコンタの切り替え時には、プログラムを変更するだけで十分です。更にツールの磨耗もありません。

    レーザ切断によるエキゾーストシステム用遮熱板

    遮熱板

    TruLaser Cell 3000での3Dレーザ加工により、エキゾーストシステム用遮熱板などをレーザ切断することができます。光という精密なツールを使用するため見事なエッジが形成され、熱変形が生じません。

    TruLaser Cell 3000
    軸の移動範囲  
    軸の移動範囲 X軸 800 mm
    軸の移動範囲 Z軸 400 mm
    軸の移動範囲 B軸 ± 135 °
    最大軸速度  
    軸方向Xに平行での最大軸速度 50 m/min
    軸方向Yに平行での最大軸速度 50 m/min
    軸方向Zに平行での最大軸速度 50 m/min
    同時の最大軸速度 17 m/s²
    B軸の最大軸速度 120 1/min
    軸方向Xに平行での最大軸加速 10 m/s²
    軸方向Yに平行での最大軸加速 10 m/s²
    軸方向Zに平行での最大軸加速 10 m/s²
    B軸の最大軸加速 130 rad/s²
    位置決め精度  
    リニア軸 (X、Y、Z) の位置決め精度 0.015 mm
    回転軸 (B) の位置決め精度 0.02 °
    繰り返し精度 R  
    リニア軸の繰り返し精度 0.01 mm
    回転軸の繰り返し精度 0.01 °
    レーザ  
    最大レーザ出力 8000 W
    PDF <1MB
    Technical data sheet

    Download the technical data of all product variants.

    多様なオプションを備えたTruLaser Cell 3000では作業が簡易化されるだけでなく、非生産時間がわずかであることから、プロセスのスピードアップや生産性の向上も実感することができます。

    回転チェンジャ付きTruLaser Cell 3000
    回転チェンジャ

    回転チェンジャにより、数量が100,000個/ロットを超える場合に、主要工程と並行したローディング/アンローディングが可能になります。この方法で得られる2ステーションモードでは、極めて経済的な製造が可能になります。サイクル時間及び間接作業時間が短縮されます。

    TRUMPFの画像処理システム、信頼性の高いプロセスのために
    VisionLine

    直感的な操作が可能な画像処理システムVisionLineは、継ぎ目の隙間やエッジなど、部品のジオメトリ特徴を自動検出します。必要に応じてNC加工プログラムが修正されます。こうして、最高のプロセス安全性が得られ、部品の品質が向上し、時間と費用が削減されます。

    TruLaser Cell 3000、加工品軸
    追加加工品軸 W1

    加工品軸を追加 (Z方向での位置決め軸、ストローク300 mm) することで、加工できる大型3D部品のサイズが最大で通常の250 %増になります。3D部品の最大サイズは直径600 x 520 mmにまで拡大します。これにより作業エリアを最適に活用することができ、生産時のフレキシビリティーが最大化します。

    ティーチパネルを使用した簡単なプログラミング
    ティーチパネル

    エルゴノミーに配慮したティーチパネルを使用して、プログラミングを直接加工品のところで迅速かつ直感的に行うことができます。6Dマウスによる狙いを定めた軸移動が可能です。また内蔵ディスプレイに未実行のアクション全てが視覚化されます。ヘルププログラムにより、ツール経路を確実かつ迅速に作成することができます。

    TruLaser Cell 3000、可変クランプシステム
    可変クランプシステム

    TruLaser Cell 3000の可変クランプシステムにより、比類のないフレキシブルな作業エリア管理が持つ可能性を活用することができます。穴が格子状に配列されているため、ジグのセットアップを行う際に再現性が得られやすくなります。作業高さを加工ジョブに応じて、自分に合うように快適に調整することができます。また広いスペースが必要な場合は、クランプシステムを素早く簡単に取り除くことができます。

    Seitliche Hubtüre der TruLaser Cell 3000
    サイドリフトドア

    側面からのロード/アンロード用に、TruLaser Cell 3000に自動サイドリフトドアを装備することができます。これにより、搬送システムとの接続又はロボットによる部品装填が可能になります。開閉時間が短いため、自動作業環境での間接作業時間が最低限に抑えられ、高い生産性が得られます。

    軸システムHigh Accuracy

    軸システムの特殊な測定及び補正プロセスにより、機械は測定機のように正確に稼働します。レーザ加工ジョブでも極めて高い精度が実現します。繰り返し精度は5 µm未満です。

    TruTops Cell

    TruTops Cellは3Dレーザ加工用のオフラインプログラミングシステムです。主要工程と並行して、つまり機械が生産を行っている間にプログラムを作成することができます。TruTops Cellは多数の3D-CADデータで動作し、TRUMPFが持つ技術的なノウハウ全てが含まれています。衝突チェック又は経路の最適化などの重要なシミュレーションを、直接プログラミングシステムで行うことができます。このソフトウェアは、TRUMPFの3D機械及び加工プロセス全てと互換性があります。

    TruTops Boost Key Visual

    TruTops Boost

    TruTops Boostで、TruLaser Cell 3000が2D加工に関して持つ最高性能を引き出すことができます。自動機構とアシスト機能により、TruTopsを使用した日々の作業は簡単かつ効率的になります。このシステムは例えばコーナーでのルーピング又は曲線を自発的に作成し、ピアシングスポット及びアプローチ又はリトラクト経路を生成します。このソフトウェアはシートが最適に利用されるように、カッティングの対象となる製品をシート上に配置します。またTruTops Boostにより、レーザ機械は適切なパラメータで自動的に稼働します。業界をリードするCADシステムとのインタフェースにより、部品図面を素早く受け取ることが可能になります。また設計モジュールが内蔵されているため、手動で回転させながら図面を自分で作成することも可能です。

    Software Prozesskreis

    ソフトウェア

    幅広いTruTopsソフトウェアポートフォリオは、製造プロセス全体を通してお客様をサポートします。受注や購買の管理から完成品の出荷に至るまで、業務プロセスを簡単かつ的確に制御できます。また機械コントローラと直接リンクされているため、ジョブステータスを常に把握することができます。

    アプリケーションに応じて、固体レーザの幅広いラインナップから、自分のアプリケーションに合った適切なレーザを選択することができます。TruLaser Cell 3000には、レーザ出力8 kWまでのTRUMPFファイバ固体レーザ全てを装備することができます。より高いレーザ出力に関しては、お問い合わせに応じます。

    TruDisk、最高性能を発揮するディスク
    TruDisk

    最高性能を発揮するディスク

    TruDiode、優れたエネルギー効率のダイオードレーザ
    TruDiode

    優れたエネルギー効率のダイオードレーザ

    TruFiberファイバレーザ
    TruFiber

    精密加工に適した高精度レーザ

    ペースメーカーのレーザ溶接
    TruPulse

    スポット溶接及びシーム溶接向けの、マルチキロワット範囲でのパルスピーク出力

    TruMicro 7000シリーズ、高出力モデル
    TruMicro 7000シリーズ

    高出力モデル

    焦点合わせ光学ユニットは、レーザ光線特性をジョブそれぞれに合わせて調整します。長年にわたり実績を上げてきた多面的なモジュール式光学ユニット構造は、コンパクトであるため、TruLaser Cell 3000と完璧に調和します。

    焦点合わせ光学ユニット

    TRUMPFの堅牢な焦点合わせ光学ユニットにより、溶接、カッティング、削剥、加熱や穴開けなどを問わず、高品質のプロセス結果を確実に得ることができます!

    観察用カメラ、クロスジェットとリニアノズルを搭載した焦点合わせ光学ユニットBEO D70
    BEO D70

    長い作業距離と小さい焦点直径を両立

    スキャナー光学系

    リモート加工に理想的な光学ユニット

    TruFiberには、PFO 20などのTRUMPF加工光学ヘッドとの接続用インタフェースが備わってます。
    PFO 14

    スキャナー光学系PFOによる溶接と穴開け

    スキャナー光学系PFO 20
    PFO 20

    スキャナー光学系PFOによる溶接と穴開け

    TRUMPF加工光学ヘッド
    PFO 33

    スキャナー光学系PFOによる溶接と穴開け

    国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で機械を入手できるかどうかを確認してください。

    お客様向け情報

    Laserschweißen mit TRUMPF Laser
    レーザ溶接

    レーザ光線は金属とプラスチックの接合において新たな可能性を切り拓きます。溶融温度と熱伝導率が高い材質であっても、精密な溶接が実現します。

    加工光学ヘッド

    TRUMPFの加工光学ヘッドはモジュールシステムを採用しているため、多種多様な空間的及びアプリケーション固有の条件に合わせてカスタマイズすることができます。

    Technologiebild generatives Laserauftragschweißen
    レーザメタルデポジション (LMD)

    レーザ肉盛溶接ではレーザによって部品上に形成された溶融池に、金属粉末が継続的に供給されて溶かされます。この方法で修理などを行うことができます。

    問い合わせ

    販売 (レーザ技術)
    Fax: +81 45-931-7534
    Eメール

    ダウンロード

    レーザ装置カタログ
    - 2 MB
    サービス & お問い合わせ