このウェブサイト自体とその機能を提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。当社がその他の目的でもクッキーを使用することを許可される場合は、こちらをクリックしてください。 クッキーの無効化と個人情報保護に関する情報
TruLaser Weld 5000
TruLaser Weld 5000
レーザ溶接設備

TruLaser Weld 5000

自動レーザ溶接向けのターンキーシステム

TruLaser Weld 5000 ロボット
TruLaser Weld 5000 ロボット
レーザ溶接設備

TruLaser Weld 5000

自動レーザ溶接向けのターンキーシステム

-/-

一つのシステム、無数のメリット

ロボット、レーザ、加工光学ヘッド、保護キャビン及び位置決めユニット: TruLaser Weld 5000は、自動レーザ溶接向けのターンキーシステムです。一つのシステムで深く硬い継ぎ目や、きれいに角が取れた滑らかな継ぎ目をフレキシブルに溶接します。FusionLineにより、ギャップのある部品も接合できます。また、様々な部品のポジショナーを使って、多様な設備をニーズに合わせて正確に適合させることができます。

フレキシブルなレーザ溶接

わずか一台の機械で熱伝導溶接、深溶け込み溶接又はFusionLineに対応

快適な作業

旋回式操作パネルや追加のステータスモニターなどの機能により、作業が簡単になります。

アクセスの改善

保護ガスガイド用の回転モジュールにより、非常に優れたパーツへのアクセスを実現

個別のローディング

希望のローディングオプションに応じて、異なる部品ポジショナーが用意されています。

同時並行でプログラミング

簡単なオフラインプログラミングシステムTruTops Weldを使用

自動部品検知

センサシステムTeachLineは、継ぎ目の配置を確実に検知します。

FusionLine - 寛容性の高いレーザ溶接
TruLaser Weld 5000 保護ガスガイド用の回転モジュール
アクセスの改善

回転モジュールにより、部品へのアクセスが改善され、格段に迅速な溶接が可能になります。保護ガスノズルは無段階で光学ユニットの周囲を回転します。ロボットを再設定する必要はありません。

FusionLine
FusionLineによるトレラントなレーザ溶接

レーザ溶接向けに部品ポートフォリオを最適化することなく、最大1 mm幅のギャップを接合し、経済的にレーザ溶接をすることができます。お客様にとってのメリット: 本機の使用により、より多くの部品を実装し、稼働率を向上させることができます。

ステンレススチール製水タンク

フレキシブルな溶接

ステンレススチール製の水タンクは、様々な深溶け込み溶接の継ぎ目形状 (板厚1.5 mm及び3 mm) を示します。

軟鋼製パイプ接合

迅速かつ安全

深溶け込み溶接プロセスにより、優れた強度を持つ細い継ぎ目を迅速に生成することができます。

ステンレススチール製カウンターセグメント

殆ど目に見えない継ぎ目

ステンレススチール製のカウンタセグメントは、熱伝導溶接により、極めて美しい継ぎ目を生成します。

端子箱

あらゆる一般的な材料に対応

端子箱の下部は軟鋼製、中央部はステンレススチール製、上部はアルミニウム製です。レーザではどのような材料でもフレキシブルに溶接することができます。

軟鋼製カバー

調和の取れた仕上がり

熱伝導溶接では部品の歪みは殆ど生じないため、きれいに角が取れた継ぎ目を生成することができます。

ステンレススチール製業務用調理容器

後処理はほぼ不要

レーザ溶接では、ステンレススチール製のガストロノミーコンテナを殆ど後処理なしで仕上げることができます。

寛容性の高いレーザ溶接によるサンプルパーツ

耐性のあるレーザ溶接

新しいFusionLineは、最大1 mm幅のギャップを接合します。

-/-
TruLaser Weld 5000
軸データ  
タイプ 高精度ロボット
軸数 6
繰り返し精度 +/- 0.05 mm
寸法、重量  
可能なキャビンの寸法 4800 mm x 4800 mm x 3200 mm
4800 mm x 5950 mm x 3200 mm
5950 mm x 4800 mm x 3200 mm
5950 mm x 5950 mm x 3200 mm
7100 mm x 4800 mm x 3200 mm
8250 mm x 4800 mm x 3200 mm
回転傾斜ポジショナ  
典型的な最大部品サイズ 2000 mm x 1000 mm x 700 mm
最大荷重 400 kg
回転テーブル  
最大作業エリア 1600 mm x 800 mm x 1200 mm
最大荷重 (サイド当たり) 250 kg
回転チェンジャ  
最大作業エリア 2000 mm x 1000 mm x 1100 mm
最大荷重 (サイド当たり) 750 kg
ターンオーバーポジショナー  
典型的な最大部品サイズ 4000 mm x 1500 mm x 1000 mm
最大荷重 1000 kg
レーザー固有のデータ  
使用可能なレーザ TruDisk 2000, 3001, 3002, 4001, 4002, 5001, 5002, 6001, 6002, 8001, 8002
TruLaser Weld 5000 回転/傾きポジショナー
回転/傾きポジショナー

回転/傾きポジショナーは、ロボット制御装置に統合されたNC円形軸により、アクセスが困難な部品も一回のクランピングだけで溶接できるようにします。

TruLaser Weld 5000 回転テーブル
回転テーブル

回転テーブルを使用することで、溶接プロセス中にセル外でセットアップできるため、設備の効率が向上します。

自動回転チェンジャ
自動回転チェンジャ

処理量の倍増が実現します。回転チェンジャはセル内でその都度180°回転して、加工位置とローディング位置の間を行き来します。これは、大量の製品をスムーズに「24時間加工」する場合に最適です。

TruLaser Weld 5000、自動レーザ溶接XXL
XXLサイズでの自動レーザ溶接

TruLaser Weld 5000のロボットはリニア軸に沿って移動することで、広大な作業エリアをカバーします。この装置にはそれに合わせて、長さ4メートルの方向転換ポジショナーが備わっています。

TruLaser Weld 5000 保護ガスガイド用の回転モジュール
保護ガスガイド用の回転モジュール

保護ガスノズルは無段階で光学ユニットの周囲を回転します。ロボットを再設定する必要性は大幅に少なくなります。これにより、クランプ方法とプログラミング作業が軽減される上、部品へのアクセスも改善され、はるかに素早く溶接することができるようになります。

TruLaser Weld 5000, TeachLine
TeachLine

センサーシステムTeachLineにより、時間のかかる再指定なしで部品を溶接することができます。センサーは、継ぎ目の実際の位置が設定値と少し異なる場合でも継ぎ目を検出します。

FusionLine
FusionLine

FusionLineにより、レーザ溶接向けに部品ポートフォリオを最適化することなく、最大1 mm幅のギャップを接合し、経済的にレーザ溶接をすることができます。

TruLaser Weld 5000 モジュール式クランプシステム
モジュール式のクランプシステム

モジュール式のクランプシステムでは、様々なサイズや形状の部品のクランプをたった一台の装置で行うことができます。ジグを素早く加工品に適合させることができます。

TruTops Weld

TruTops Weld

オフラインプログラミングシステムTruTops Weldを使えば、迅速かつ簡単に溶接プログラムをコンピュータで作成することができるため、TruLaser Weld 5000の運転休止時間が短縮されます。

プロセスの輪を完成させるソフトウェア

ソフトウェア

幅広いTruTopsソフトウェアポートフォリオは、製造プロセス全体を通してお客様をサポートします。受注や購買の管理から完成品の出荷に至るまで、業務プロセスを簡単かつ的確に制御できます。また機械コントローラと直接リンクされているため、ジョブステータスを常に把握することができます。

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で製品を入手できるかどうかを確認してください。

お客様向け情報

問い合わせ
販売 (工作機械)
Fax +81 45-931-5714
Eメール
ダウンロード
サービス & お問い合わせ

Close

Country/region and language selection

Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.