You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

TruPrint 2000 | TRUMPF
プレミアム品質での3Dプリントが経済的に実現するTRUMPFのTruPrint 2000
プレミアム品質での3Dプリントが経済的に実現するTRUMPFのTruPrint 2000
3D印刷システム

TruPrint 2000

プレミアム品質での3Dプリントが経済的に実現

プレミアム品質での3Dプリントを経済的に実現できるメリット

レーザーのビーム径が55 µmと小さいTruPrint 2000では、表面品質と細部の精度が高い高級感のあるプリント結果が得られます。直径200 mm、高さ200 mmの造形サイズ (シリンダ) を有していますが、 2体の300ワットTRUMPFファイバレーザーから成るフルフィールドマルチレーザーがビルドスペース全体に光を当てることで、最高レベルの生産性も確実に得られます。メルトプールモニタリングと広範囲に及ぶプロセス監視により、極めて高い品質水準が保証されます。TruPrint 2000での製造プロセスは、粉末が不活性ガス下で再利用されるクローズドシステムに合わせて調整されています。その結果、簡単で実用的なハンドリングと最高レベルの作業安全性が実現します。

プレミアム部品品質が高い生産性で実現

ビーム径55 µmのフルフィールドマルチレーザーの効果で、この機械では高品質のプリント結果が高い生産性で得られます。

低い部品コスト

最適に調節されたマシンコンセプトが採用されているため、量産部品の経済的な製造が可能になります。

最高レベルの品質水準

メルトプールモニタリングと広範囲に及ぶプロセス監視により、部品品質が一定の高水準に維持されます。

簡単な操作

粉末が不活性状態で再利用されるクローズドシステムが採用されているため、部品と粉末を不活性ガス下で簡単に手際よく取り扱うことができます。

TruPrint 2000の全機能を3D製品アニメーションで体験
当社の製品エキスパートによる機械の構想についての概要説明 (formnext 2019より)
-/-
TruPrint 2000マシンと粉末準備ステーション
TruPrint 2000と粉末準備ステーション

TruPrint 2000と粉末準備ステーションの不活性マシンコンセプトでは、不活性ガス下での粉末/部品ハンドリングが極めて簡単に実現します。例えばプリントした部品は統合型粉末供給装置を使用して、不活性状態で直接機械の中で取り出されます。余分な粉末は、オーバーフローコンテナに集められます。このコンテナは粉末準備ステーションに装着され、粉末は再利用するために不活性ガス下でフィルターされて粉末供給チャンバーに充填されます。こうして、オペレータが粉末に触れることなく、粉末の再利用サイクルが完結します。

TruPrint 2000マシンの統合型粉末供給装置
統合型粉末供給装置

造形プロセス後、完成した部品に付着している粉末は、プロセスチャンバー内で統合型粉末供給装置を使用して取り除かれます。サイズが直径200 mmの基板プレートが備わっているため、機械内で簡単かつ手際よいハンドリングが実現します。その結果、必要な周辺機器は最低限に抑えられ、工業用粉末マネジメントと粉末準備ステーションだけで十分になります。

TruPrint 2000のフルフィールドマルチレーザー
フルフィールドマルチレーザー

フルフィールドマルチレーザー (2 x 300 W) により、ビルド容積全体でのすべてのレーザーが露光でき、これにより部品ごとの生産時間が短縮されます - 最高精度を達成するために、マルチレーザースキャンフィールド相互の完全自動校正が行われます。それに加えて、55 µmのビーム径の効果で、極めて高い表面品質と細部の精度が得られます。また、表面粗さがわずかであるため、後処理が不要になります。

TruPrint 2000のメルトプールモニタリング表示
メルトプールモニタリング

レーザー溶融プロセス規定値からの逸脱をセンサーで早期に検知して、部品の際どい領域を可視化することができます。また、全ての溶融池を並行して監視することも可能であり、それはオプションのフルフィールドマルチレーザーで特に役立ちます。メルトプールモニタリングを利用することで、アプリケーションでの労力と、証明義務のある認証プロセスの構築での手間が軽減されます。また品質保証には、パウダーベッドモニタリングと機械のステータスデータも貢献します。

アモルファス金属

TruPrint 2000はアモルファス金属の工業処理を可能にします: 優れた弾力性、腐食耐性、生体適合性を兼ね備えており、独自の高強度を誇ります。これにより、板厚を減らしたり、部品設計にバイオニック構造を使用して処理することが可能になります。こうして、部品の軽量化と生産時間の短縮を実現します。画像出典元: Heraeus AMLOY社

TruPrint 2000を使用して製造した脊椎ケージ

脊椎ケージ

TruPrint 2000では、極めて高い医療機器基準に適合したプレミアム部品品質が常に得られます。表面粗さがわずかであるため、骨とインプラント間の骨結合に好影響が及びます。積層造形ではデザイン面で新次元の自由度が得られ、機能を追加することが可能になります。積層造形で製造した脊椎ケージでは、患者に治癒プロセスの短縮と長期安定性の大幅な向上というメリットがもたらされます。

局部床義歯 (RPD)

局部床義歯 (RPD)

レーザーのビーム径が55 µmと小さいTruPrint 2000では、極めて高い表面品質と細部の精度が得られますが、これは特に歯科用部品で非常に有益です。また、表面粗さがわずかであるため、後処理が不要になります。

膝インプラント

レーザーのビーム径が55 µmと小さいTruPrint 2000では、細部を高精度で造形することができますが、これは特に人工膝関節全置換術での大腿コンポーネントなどの医療用インプラントに打って付けです。積層造形では極めて精緻なグリッド構造がプリント可能であり、骨結合が大幅に向上します。

歯車の3Dプリント

3Dプリントによる射出成形金型インサート

ビーム径が55 µmのTruPrint 2000では、温度調節機能が輪郭の近くに備わっている金型インサートなどに存在している極めて精緻な冷却ダクトをプリントすることができます。それに伴って射出成形金型の冷却能力が向上することで、歯車の製造にかかるサイクルタイムの大幅な短縮が可能になります。

CMFインプラント - スカルプレート

TruPrint 2000により、最高の品質要件を満たす個々のインプラントを適格な環境で製造することができます。Ti6Al4VELIの材料を使用した高精度のコンポーネントは、必要に応じて連続生産でも、非常に短い時間内に「オンデマンド」システムでコスト効率良くプリントすることができます。

膨張スリーブ

プリントされたアモルファス金属AMMLOY ZR01 (AMZ4) 製の膨張スリーブは軽量であり、それはとりわけ結晶質材料と比べて伸縮性と強度に優れた材料を使用していることにより実現されています。さらに、複雑な形状を部品に直接印刷することができるため、コンポーネントのシングルパーツは不要になります。Heraeus AMLOY社製

-/-
TruPrint 2000
設置サイズ(シリンダ) 直径 200 mm x 200 mm 高さ
実効ビルド容積(標準) 直径 200 mm x 200 mm 高さ
加工可能な材質 ステンレススチール、工具鋼、アルミニウム、ニッケルベース、コバルトクロム、チタン合金、アモルメタル等の粉末状の溶接可能な金属。利用できる最新の材質およびパラメータに関する情報はお問合せください。
予熱(標準) まで 200 °C
加工品の最大レーザー出力(TRUMPF ファイバレーザー) 300 W
ビーム径(標準) 55 μm
層厚 20 - 100 μm
最小の測定可能な酸素含有量(標準) 100 ppm
電源および消費電力  
電源 (電圧) 400/460 V
電源(電流) 32 A
電気接続(電源周波数) 50 Hz / 60 Hz
保護ガス 窒素、アルゴン
構成  
寸法(幅 x 高 x 奥行) 2180 mm x 2010 mm x 1400 mm
重さ (パウダーを含む) 3200 kg
TRUMPF TruTops Printソフトウェアイメージ

TruTops Print、ソフトウェアパッケージSiemens NX搭載

積層造形用のプロセスチェーンの開始点は、3D設計/造形プログラム向けのデータ準備です。Siemens社の開発パートナーとしてTRUMPFが提供するソフトウェアパッケージ「Siemens NX搭載TruTops」は、統一されたユーザインタフェースを持ち、システムダウンのない一貫性のある初のソフトウェアソリューションです。ソフトウェアソリューションの優れたプロセスチェーンは、高いプロセス安定性を提供します。その理由は、金属部品の開発、シミュレーション、3DプリントとNCプログラミング用ツールが一つのシステムに統合され、結果としてSTL形式へのデータ変換が不要になるからです。さらにソフトウェアパッケージには造形ジョブのスライシングとハッチング並びにパラメータ管理を行うTRUMPF Build Processorが統合されています。明確なワークフローにより時間と費用を節約できます。

マルチレーザ

マルチレーザーをオプション装備することで生産性が向上します。それぞれ出力300 W、ビーム径55 µmのTRUMPFファイバレーザー2体がビルドスペースに同時に光を当てることでフレキシブルな生産が可能になり、同時間内に生産できる部品数が最大80 %増加します。そのため納期が短縮され、受注に極めて柔軟に対応できるようになります。また、各輪郭に1体のレーザーから光が当てられるため、「継目」は全く発生しません。フルフィールドマルチレーザーは100 %のオーバーラップで動作します。自動マルチレーザーアライメントをオプション装備することにより、ビルドジョブ進行中にマルチレーザースキャンフィールドの監視と相互の校正が自動的に行われ、マルチレーザー部品の最適な品質を保証します。

オプションのパウダーベッドモニタリング

TruPrintビルドチャンバーに統合されたカメラと自動画像処理を介して、粉末床を自動的に監視することができます。それにより、部品の状態を常に把握し、品質パラメータを一層毎に分析することが可能になります。

オプションのメルトプールモニタリング

レーザー溶融プロセス規定値からの逸脱をセンサーで早期に検知して、部品の際どい領域を可視化することができます。また、全ての溶融池を並行して監視することも可能であり、それはオプションのフルフィールドマルチレーザーで特に役立ちます。

校正のオプション

TruPrintには証拠を提供する義務を果たすための様々なオプションをご用意しています: マルチレーザー、フォーカス位置測定、スキャンフィールド校正にも対応するLaser Power Calibrationは、測定及び必要に応じて再校正し、測定結果を文書化することが可能です。

TRUMPFモニタリングソリューション

積層造形向けのモニタリングソリューション

TRUMPFのインテリジェントなモニタリングソリューションにより、TruPrintマシンの造形プロセスの高度な監視と分析が可能になります。そこでは、センサーに基づくデータが検出され、加工されます。ラインナップには、プロセス (メルトプール及びパウダーベッドモニタリング)/コンディション/パフォーマンスモニタリング向けのソリューションが含まれています。モニタリング結果は、直接TruPrintマシンのHMIで見ることができます。TruTops Monitorでは更に全所有機械に関する完全な透明性が得られ、デスクトップから又はMobileControlアプリを介してモバイルで機械にリモートアクセスできるようになります。

TruPrint 2000と粉末準備ステーションの不活性マシンコンセプトでは、不活性ガス下での粉末/部品ハンドリングが極めて簡単に実現します。クローズドシステムが採用されているため、粉末との接触が効果的に防止され、高い作業安全性が得られます。また、酸素との接触も最小限に抑えられるため、材料の品質が低下することもありません。

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で製品を入手できるかどうかを確認してください。

脚注
  • 真空コンベヤとの併用

お客様向け情報

問い合わせ
ダウンロード
サービス & お問い合わせ