You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

ウェブスペシャル 500 °C予熱 | TRUMPF

オプションの500 °C予熱: 初品から良品

チタン合金Ti6Al4V (Ti64) 又は工具鋼H11 (1.2343) 製の比較的大きな部品のプリントで、亀裂のない申し分のない結果が即座に得られるだけでなく、部品に掛かる熱応力も少なめで、サポート構造の剥離による問題も発生しない。そんな夢のような状況が、 TruPrint 5000とオプションの500 °Cを利用すれば実現します。

ユーザーのメリット

TruPrint 5000で、基板プレートを500 °Cに予熱するオプションを利用すれば、プロセスチャンバーでの温度状態が常に制御可能になります。熱を均等に分配することで、部品内部の応力が狙い通りに防止され、アプリケーションに最適な仕上がりが確実に得られます。しかも、それが連続生産でも実現します。

生産品質の向上

特にTi64の場合に残留応力が低下し、部品品質が明らかに向上します。それと同時にデザイン自由度も高まり、極めて安定した生産プロセスが実現します。

加工できる材料の種類が増加

予熱機能を利用すれば、H11やH13など、加工できる材料の種類が大幅に増え、部品品質が向上します。

後処理の削減

予熱機能を利用すれば、部品製造で必要なサポート構造の数が減るため、材料の節約につながるだけでなく、時間と費用の掛かる後処理も削減されます。

確実な連続生産

TruPrint 5000でオプションの500 °C予熱を利用すれば、連続生産向けの工業生産基準を満たす積層造形が実現します。定評のある交換チャンバー方式は、予熱温度が高い場合であっても利用可能です。

500 °C予熱の効果をご自分の目でお確かめください

予熱が特に役立っている業界

Ti64、H11やH13など、特定の業界で極めて頻繁に使用される材料は、500 °Cに予熱した3Dプリントに打って付けであり、それは比較的大きな部品を製造する際に特に当てはまります。

TruPrint 5000と500 °C予熱: 様々なアプリケーションに最適な組み合わせ

TruPrint 5000
TruPrint 5000

3Dプリント品の連続生産が優れた生産性と品質で実現します!TruPrint 5000で、基板プレートを最高500 °Cにまで予熱するオプションを利用すれば、高い部品品質と安定した造形プロセスが保証されます。それに加えて、交換チャンバー方式が採用されているため、チャンバーのセットアップとビルドジョブの取り出しを造形プロセスと並行して行うことが可能です。

詳しくはこちら

亀裂は過去のもの: Ti6AI4Vのプリント

高い強度、低い密度、卓越した耐腐食性、そして高い生体適合性が特徴のチタンは、精密部品の製造において、医療技術業界、航空宇宙産業やエネルギー業界などに無数の利点をもたらしています。これらの部品を応力亀裂のリスクなしでプリントするという理想的な状況が、オプションの500 °C予熱を利用すれば実現可能になります。なぜならば、そのレベルまで温度を高めれば、チタンの残留応力が大幅に低下するからです。また、部品の形状精度も高まり、それに伴ってサポート構造の削減も可能になります。その結果、多くの業界でこの材料の全く新しい使用方法が切り開かれることになります。

チタンの場合に予熱によってもたらされる利点

部品の残留応力低下

高温の効果でチタン部品の応力が大幅に低下しますが、これは特に体積変化とサポート構造結合の際に大きなメリットになります。

デザイン自由度の向上

予熱オプションを利用すれば、特に比較的大きな部品で、設計自由度の向上というメリットが得られます。それに伴って、レーザーメタルフュージョンで製造できる部品の幅も広がります。

予熱によりカンチレバーの残留応力が大幅に低下

予熱により部品の残留応力が低下する様子の詳細

必要な温度は200 °C、300 °C、400 °C、それとも500 °Cでしょうか?このグラフを見れば、予熱温度が何度以上になると、Ti6AI4V製カンチレバーの残留応力が大幅に低下するかが明確に分かります。

デザイン自由度が高まることをジンバルを例に取って証明

TruPrint 5000と500 °C予熱: 様々なアプリケーションに最適な組み合わせ

TruPrint 5000
TruPrint 5000

3Dプリント品の連続生産が優れた生産性と品質で実現します!TruPrint 5000で、基板プレートを最高500 °Cにまで予熱するオプションを利用すれば、高い部品品質と安定した造形プロセスが保証されます。それに加えて、交換チャンバー方式が採用されているため、チャンバーのセットアップとビルドジョブの取り出しを造形プロセスと並行して行うことが可能です。

詳しくはこちら

ダイ/モールド製造での3Dプリント: H11とH13での亀裂は過去のもの

金属3Dプリントは、射出成形金型やインサート金型の製造に多くのメリットをもたらし、それには経済的な利点だけでなく、冷却性能の向上も含まれます。これまで3Dプリントでダイ/モールド製造を行う際は、やむを得ず1.2709を使用していましたが、 それは過去のものとなり、現在ではH11 (1.2343) とH13 (1.2344) のプリントも可能になっています。H11製でもH13製でも、亀裂がなく、しかも耐摩耗性も極めて高い最適なプリント結果が得られます。

500 °C予熱: H11とH13のプリントでの利点

亀裂の削減

TruPrint 5000でオプションの500 °C予熱を利用すれば、見事な仕上がりが即座に得られます。

比較的大きな部品でもプリント可能

以前は積層造形が全く不可能であったH11又はH13製の大型部品もプリント可能になっています。

高光沢研磨したコアでの亀裂を効果的に防止

当社の積層造形エキスパートが、500 °C予熱がダイ/モールド製造にもたらす利点を紹介

TruPrint 5000と500 °C予熱: 様々なアプリケーションに最適な組み合わせ

TruPrint 5000
TruPrint 5000

3Dプリント品の連続生産が優れた生産性と品質で実現します!TruPrint 5000で、基板プレートを最高500 °Cにまで予熱するオプションを利用すれば、高い部品品質と安定した造形プロセスが保証されます。それに加えて、交換チャンバー方式が採用されているため、チャンバーのセットアップとビルドジョブの取り出しを造形プロセスと並行して行うことが可能です。

詳しくはこちら

特筆に値する機械: 500 °C予熱と交換チャンバー方式を採用したTruPrint 5000

半自動中型機TruPrint 5000では、産業用途に適した交換チャンバー方式と、基板プレートを最高500 °Cにまで予熱する機能が組み合わされています。これは貴重な費用の節約につながります。なぜならば、500 °Cの高温部品が中に入っているにもかかわらずチャンバー交換が高速で実現し、チャンバーが機械の外の冷却ステーションで冷却するからです。TruPrint 5000で次のビルドジョブのプリントがすぐに始まるため、3Dプリンタの生産性が向上します。

TruPrint 5000から得られるメリット

部品品質の向上

高温で予熱することで、特に体積変化の場合に部品の残留応力が大幅に低下し、 部品の欠陥が最大95 %低減します。

新しい材料

TruPrint 5000で最高500 °Cにまで予熱するオプションを利用すれば、それ以外の工法では加工できない材料も加工可能になります。

機械のダウンタイムなし

産業用途に適した交換チャンバー方式の効果で高い機械稼働率が実現し、高いコストの原因となる冷却時間がゼロ同然になります。

サポート構造の減少

必要なサポート構造の数が減るため、手作業での後処理も大幅に減少します。それに伴い、生産費用も著しく低下します。

生産の継続を可能にする統合型交換チャンバー方式の独特な魅力

当社の高速交換可能なビルドチャンバーを利用すれば、競合他社に対する明確な優位性が得られます。密閉型チャンバー内で、温度が依然として高い部品が機械の外にある冷却ステーションの安定した環境で冷却されます。しかもそれが常に不活性ガス下で行われ、その工程を当社のスマートなモニタリングオプションが監視します。ですが、高い機械稼働率と中断のないビルドプロセスに貢献するのは高速交換可能なビルドチャンバーだけではありません。粉末チャンバーも高速交換可能であり、積層造形を即座に続行できる要因になっています。その結果、停止/非生産時間が短縮されると同時に、3Dプリンタの生産性も向上します。

当社の積層造形エキスパートが500 °C予熱機能を説明

-/-

お客様向け情報