You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

Materialspeicher | TRUMPF
自動化コンポーネント

材料倉庫

無人シフトを開始

生産の自動化を簡単に開始

材料倉庫があれば昼夜の生産能力が拡大します。小型倉庫に原材料を搬入すれば、レーザー切断機の自動ローディングユニットと共に利用可能になります。切断したシートのアンローディングも材料倉庫内で行われます。機械が動作し続けている限り、作業者は昼夜を問わず他の作業に時間を割くことができます。

スペースが限られている状況に最適

材料倉庫、ローディング/アンローディングユニットとレーザー切断機を組み合わせれば、大量オーダーを小さなスペースで処理できます。

迅速なロジスティクスプロセスが持ち味のエントリーレベルシステム

迅速な材料交換、簡単なハンドリングと整頓された原材料保管に焦点が当てられています。

大きな可能性への投資

生産現場にスペースがあまりない場合でも、自動生産への道が低い投資リスクで開かれます。

個々のニーズに応えられる幅広いバリエーション

既存の作業プロセスに合わせて可能性を最大限に引き出すことで、生産能力が拡大します。

無人生産を開始

無人生産と夜間シフトを導入すれば部品コストが低下し、生産性が向上します。

簡単な操作

生産計画を介した簡単なシステム操作になっているため、自動生産を容易に開始することができます。

材料倉庫を使用して無人シフトを開始
材料倉庫、夜間シフト
昼夜を問わず生産の自動化を開始

無人シフトを追加すれば生産性が向上し、部品コストも低下します。それはすなわち、オートメーションに向けた第一歩を意味します。

材料倉庫、エントリーレベルシステム
迅速で簡単なロジスティクスプロセスが持ち味のエントリーレベルシステム

材料倉庫は要件とニーズの拡大に合わせてモジュール式に調整可能です。例えば、独立型アンパックステーションと立体倉庫を利用して、コンパクトで優れたロジスティクスコンセプトを徐々に実行に移していくことが可能です。

材料倉庫、幅広いバリエーション
個々のニーズに応えられる幅広いバリエーション

既存の作業プロセスに合わせて可能性を最大限に引き出すことで、生産能力が拡大します。なぜならば、自動化すれば大抵は合計サイクルタイムが手動ローディングの場合よりも大幅に短縮されるからです。

材料倉庫、省スペース
大きな可能性への投資

生産現場にスペースがあまりない場合でも、自動生産への道が低い投資リスクで開かれます。同時に、無人夜間シフトの導入による部品コストの削減も可能になります。

材料倉庫、コンパクトなレイアウト
スペースが限られている状況に最適なコンパクトなレイアウト

材料倉庫、自動ローディング/アンローディングユニットとレーザー切断機を組み合わせれば、大量オーダーを小さなスペースで処理できます。特にカートを使用する場合と比較して、生産現場での空きスペースが大幅に拡大します。それと同時に保管能力が高まるほか、コスト削減も実現します。

材料倉庫、パック/アンパックステーション
パック/アンパックステーションでのローディング

原材料はパック/アンパックステーションで、木製パレットや角材などの搬送用具から分離されます。材料倉庫の頑丈な金属製パレットに積み替えられた後で、クレーンや手動修正なしでシステムの仮置場に積み込まれます。

材料倉庫
供給  
最大シートフォーマット 3048 mm x 1.524 mm
最大シート重量 3000 kg
排出  
最大シートフォーマット 3048 mm x 1524 mm
システム  
パレットの最大耐荷重 3000 kg

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で製品を入手できるかどうかを確認してください。

お客様向け情報

問い合わせ
Manfred Kussmaul
販売サポート
Eメール
サービス & お問い合わせ