国/地域/言語選択

TRUMPF EdgeLine Bevel

切断時にすでに自動で溶接しろを準備

部品を溶接のために準備しますか?これまでは手作業のみでしか行えなかったものが、 TRUMPFの EdgeLine Bevelによって可能になりました!このページでは、最大45°の面取りとさまざまなサイズの皿モミを自動的に作成する現方法について説明します。手作業工程の省略の他、さまざまなメリットがあります。その詳細およびEdgeLine Bevelが特にその強みを発揮できる部品については、ぜひこちらをご覧ください。

溶接準備: 従来の手法 vs. 革新的手法

EdgeLine Bevelのメリット一覧

より早く、より効率的に

TRUMPFはEdgeLine Bevellにより、「板金プロセスチェーン」全体のサプライヤーとして、ユーザーの生産効率のさらなる向上に貢献します。例えば、切断時に溶接エッジを自動的に準備することで、多くの手作業工程を省くことができます。

より柔軟に

レーザ切断機で直接面取りを自動生成するため、コンターや加工の自由度が大幅に向上します。EdgeLine Bevel は、面取りだけでなく、ねじを接続するための皿モミも自動的に作成します。

より簡単に

EdgeLine Bevel 機能は、非常に高速でシンプルなプログラミングが可能なため、面取りや皿モミのある部品を頻繁には製造しない企業にも適しています。

より少ないエラーで

自動溶接エッジ準備と、従業員が「手作業で」行う必要があった多くの作業工程の省略によって、生産におけるエラーリスクが下がり、それに応じて部品の品質も向上させることができます。

EdgeLine Bevel:最大45°の面取りおよび異なる大きさの皿モミを作成

手動の面取りから EdgeLine Bevel へ

手作業による溶接しろ準備をやめてみませんか?今後レーザ切断時にエッジを直接自動的に作成する方法について、当社のEdgeLine Bevelエキスパートがアドバイスさせていただきます。お気軽に当社までご連絡ください。

お問い合わせ先へ

このTRUMPFマシンでは、溶接エッジ準備の新天地を開拓することができます。

問い合わせ
サービス & お問い合わせ