You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

Highspeed Eco | TRUMPF

Highspeed Eco – ゲームチェンジャー。スループットの向上と消費量の削減を実現

レースにはどうすれば勝てるでしょうか?ピットストップを省くことです!レーザカッティングはレースのようなものです: 良い機械では、手動で再調節することなく、最初から目標に到達できるように調整されている必要があります。切断方式Highspeed Ecoを利用すれば、固体レーザによる窒素切断が記録的な速度で実現します。なぜならば、レーザ出力を維持しながら、シート処理量が板厚に応じて最大100 %増加するためです。それに加えて、アシストガス消費量も70 %低下します。

画期的なHighspeed Ecoの実力

キロワット数とマシンが調和していることの重要性

カーレースにおいては、クルマを効率的に路上へと走らせる出力が重要です。これはレーザカッティングにおいても同じです。考え抜かれたマシンコンセプトのもと、全てのコンポーネントが相互に調整されて初めて、レーザとマシンは板金への出力をフルに発揮します。TRUMPFでは、マシン、レーザ、機能が理想的に調和しています。その実現を可能にしているのは、マシンのコンポーネントは全て自社で開発・設置するという当社のこだわりです。

スループットの向上*
カッティングガス消費量の削減*
カッティングガス圧縮を低減*

* この数値は、標準的な切断データを持つ旧世代の機械の平均値であり、様々な板厚の単純な部品、中程度の部品、複雑な部品が混在する典型的な表を参照しています。当社では、タイムスタディの一環として、お客様の個々のパーツをテストしています。

標準ノズルとアタッチメントノズルの比較:

Highspeed Eco比較表

標準: ノズルと板金間の間隔がカッティングガスの損失につながります。カーフからスラグを排出するには、高いガス圧が必要です。 アタッチメントノズル: 流れを最適化したノズル設計は特許を取得しています。柔軟に取り付けられたスリーブは、切断時に板金に押し付けられ、カーフを密封します。ガス損失は最小限に抑えられます。ガス圧とガス消費が大幅に削減されます。

全アプリケーション範囲に対する一本のノズル

地形が平らではありませんか?お任せください!

スリーブは動かすことも傾けることも可能であり、内側部品と板金との間隔は非常に大きくなっています。それにより、スリーブは板金の高いピアシング膨隆の上でもスムーズに滑ることができます。同時にその膨隆を問題なく除去することができます。

風洞のように – エアロダイナミクスの最適化

スリーブはカーフを密封します。それにより、カッティングガスがカーフに平行に効率よく吹き込まれ、バリ形成やスラグの堆積が抑えられます。そのため、品質を落とすことなく、フィード速度を大幅に上げたり、アプローチ長を短くしたりすることができます。

Highspeed Eco詳細画像

ノズル付きカッティングヘッド Highspeed Eco

ガスを踏んで、ガスを節約

アタッチメントノズルにより、ガスが横に流れることを防ぎ、コスト削減にもつながります。

Highspeed Ecoアクション画像

板金を高速加工

標準的な切断データを持つ旧世代の機械と比較して、Highspeed Ecoによる溶断でのフィード速度は場合によっては2倍になることもあります。ぜひその利点をご活用ください。

2Dレーザ切断機

2Dレーザー切断機技術のイメージ

当社のポートフォリオには、あらゆる要件に適した機械が含まれています: お客様のアプリケーションのみに焦点を当てて、理想的なレーザ加工機を決定します。なお、その際に考慮するのは単に切断時間だけではありません。レーザカッティングの上流/下流にあるプロセスの最適化にも力を注ぎます。

詳しくはこちら

詳細は以下の動画をご覧ください

Highspeed Ecoで極めて迅速で経済的な切断を可能に。

Highspeed Eco: アタッチメントノズルの機能動画

ダウンロード

お客様向け情報