このウェブサイト自体とその機能を提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。当社がその他の目的でもクッキーを使用することを許可される場合は、こちらをクリックしてください。 クッキーの無効化と個人情報保護に関する情報
TruLaser 1030 fiber, Hauptproduktbild
TruLaser 1030 fiber, Hauptproduktbild
2Dレーザ切断機

TruLaser 1030 fiber

堅牢で経済的なレーザ加工機

高品質2Dレーザ加工を低価格で開始

2Dレーザ切断機TruLaser 1030 fiberでは、一級のTRUMPF品質と専門能力が低い投資と運用コストで得られます。TruDisk固体レーザの魅力は、堅牢な構造と長年にわたって持続する出力です。また更に、簡単に習得可能な操作と多数のインテリジェントな機能もこの機械の利点です。それに加えて、TruLaser 1030 fiberには適応性の高いインタフェースが備わっているため、自動化又は他の機械とのネットワーク接続が簡単に実現します。

長続きする信頼性

衝突防止などの多数の機能が、機械寿命全体にわたって投資を守ります。

幅広く使用可能で生産的

TruDiskレーザでは、あらゆる一般的な板金タイプの高品質かつ高速切断が実現します。

シンプルな操作

タッチディスプレイのメニューガイドは直感的であり、機械が操作時にオペレータを積極的にサポートします。TRUMPFの切断データがあらゆる材質と板厚向けに用意されています。

簡単にスタート

TRUMPFの切断データがあらゆる材質と板厚向けに既に用意されています。

変更可能でネットワーク接続に対応

Central Linkと多数の自動化オプションを使用して、機械をデジタルかつ物理的にネットワーク接続することができます。

この製品動画で紹介されている、レーザ切断機TruLaser 1030 fiberの多種多様な利点をぜひご覧ください。
自動化ソリューションLiftMasterを使用することで、TruLaser 1030 fiberでの作業の柔軟性と生産性が更に高まります。
-/-

TruLaser 1030 fiberは対応範囲 (1~25 mm) 全体にわたって、様々な板厚を切断することができます。

PierceLineを使用することで、シートへのピアシングが素早く行われ、機械にかかる負荷が軽減されます。

TruLaser 1030 fiberは、薄いステンレススチールと軟鋼を溶断で特に生産的に加工します。またこの機械では、アルミニウム、黄銅、銅又はフィルムが貼られたステンレススチールも素早く安全に切断することができます。

BrightLine fiberを使用することで、妥協のない最高の切断結果が常に得られます。

BrightLine fiberでは滑らかな切断エッジが生み出されるため、部品を簡単に取り出すことができます。

TruDiskレーザは極めて堅牢であるため、TruLaser 1030 fiberでは銅を窒素で切断することも可能です。

-/-
TruLaser 1030 fiber
TruLaser 1040 fiber
重量   
ベーシックマシンの重量 5500 kg 7550 kg
最高速度   
同時 140 m/min 140 m/min
作業範囲   
X軸 3000 mm 4000 mm
Y軸 1500 mm 2000 mm
最大加工品重量 1100 kg 2000 kg
レーザー固有のデータ - TruDisk 2001 (TruLaser)   
最大レーザ出力 2000 W 2000 W
軟鋼最大板厚 16 mm 16 mm
ステンレススチール最大板厚 8 mm 8 mm
銅の最大板厚 1.5 mm 1.5 mm
ブラス最大板厚 1.3 mm 1.3 mm
アルミニウム最大板厚 2 mm 2 mm
レーザー固有のデータ - TruDisk 3001 (TruLaser)   
最大レーザ出力 3000 W 3000 W
軟鋼最大板厚 20 mm 20 mm
ステンレススチール最大板厚 15 mm 15 mm
アルミニウム最大板厚 15 mm 15 mm
銅の最大板厚 6 mm 6 mm
ブラス最大板厚 6 mm 6 mm
レーザー固有のデータ - TruDisk 4001 (TruLaser)   
最大レーザ出力 4000 W 4000 W
軟鋼最大板厚 25 mm 25 mm
ステンレススチール最大板厚 20 mm 20 mm
アルミニウム最大板厚 20 mm 20 mm
銅の最大板厚 8 mm 8 mm
ブラス最大板厚 8 mm 8 mm
消費値   
生産時の電力消費量平均 - TruDisk 2001 12 kW 12 kW
生産時の電力消費量平均 - TruDisk 3001 13 kW 13 kW
生産時の電力消費量平均 - TruDisk 4001 14 kW 14 kW

生産性と柔軟性

BrightLine fiber

特別機能であるBrightLine fiberにより、板厚範囲全体にわたって最高に滑らかな切断エッジが得られます。これはエッジ品質だけでなく、部品の取り出しやすさの向上にもつながります。部品が引っかかることがなくなり、シートから簡単に外せるようになります。その上、薄板加工における固体レーザの典型的なメリット全て、特に高速加工が維持されます。BrightLine fiberはTRUMPFでしか入手できない機能です。

PierceLine

PierceLineは、レーザ光線によるシートへのピアシング工程の監視及び制御を行います。PierceLineによりピアシング時間が最大80 %短縮されるため、特に部品に多数のピアシングを施す場合に、加工時間の面で大きなメリットが得られます。それに加えて、PierceLineはピアシング時のスパッタ削減にも貢献するため、機械が保護されると共に、パーツ品質も高まります。

LaserNetwork

TruLaser 1030 fiberは単なるレーザ切断機ではなく、それ以外の技術を導入する理想的な窓口にもなります。この機械のTruDiskレーザの稼働時間は、レーザパイプ切断機やレーザ溶接セルなどの他の機械と共有可能であるため、この機械用に別のレーザを購入する必要はありません。

Central Link

機械に標準装備されているインタフェースCentral Linkにより、製品のデジタルネットワーク化に向けた前提条件が全て満たされます。

簡単な操作

簡単に習得できるシンプルな操作

レーザカッティングの経験が浅い場合でも、この機械は直感的に操作することができます。あらゆる材料と板厚向けの切断パラメータが登録されています。簡易な図面と切断プログラムであれば、直接機械で数回クリックするだけで作成することができます。

TruLaser 1030 fiber, manuelle Bedienung
手動操作

見やすく構成されている大型タッチディスプレイでは、初めて操作する場合であっても、切断プロセスをスムーズに進めることができます。

切断データが登録済み

ノウハウ習得済みの機械: TRUMPF切断データがあらゆる板厚と板金タイプ向けに登録されており、それに基づいて切断パラメータが自動設定されます。

信頼性の高い加工

TruDiskレーザ

購入後、出力に関する心配は無用です。機械耐用期間全体にわたって常に信頼性の高い出力が得られます。TruDisk固体レーザはどの素材においても、例えば反射性の銅であっても、堅牢、迅速かつ確実です。

衝突防止

衝突防止機能により、信頼性が更に一段階高まります。カッティングヘッドと傾いた部品が衝突した場合、カッティングヘッドの損傷が防止されるため、カッティングヘッドを交換する必要がありません。その結果、非生産時間が短縮され、機械稼働率が上昇し、交換部品コストが低下します。

アシストシステム: 自動ノズルチェンジャ
自動ノズルチェンジャ

自動ノズルチェンジャにより、機械を連続動作させることが可能になります。新しいプログラムのためにサイズの異なるノズルが必要な場合、チェンジャがこれを確実に自動交換するため、オペレータがノズル交換する必要はありません。

シングルカッティングヘッド方式

TruLaser 1030 fiberではシングルカッティングヘッド方式により、ボタンを押すだけであらゆる素材と板厚に対応することができます。焦点位置と焦点直径は材質と板厚に合わせて自動的に調整されます。

アシストシステム: DetectLine
DetectLine

カメラシステムは配置された材料の位置を正確に特定し、すでに切断されたパーツの高精度な追処理を可能にします。この時DetextLineは焦点位置を自動調節します。

AdjustLine

オペレータはAdjustLineのサポートを受けながら、様々な材料品質に合わせて切断プロセスを容易にカスタマイズすることができます。この機能は、特に低品質な材料加工時の安定性を向上させます。つまり、材料コストを低く保ったまま、残材部分も減少させることができるということです。オペレータはAjustLineをいつでもオンまたはオフにすることができます。その際プログラミングは不要です。

アシストシステム: 保護ガラスオンラインステータス
信頼性の高い加工

清潔な保護ガラスにより、切断品質が長期間にわたって高水準で維持されます。センサーが保護ガラスの状態を常時監視するため、保護ガラスの交換が必要なタイミングを常に把握することができます。清掃及び交換は必要な場合のみ行われるため、コストを削減できます。

TruLaser 1030 fiber, Drop&Cut
ドロップ&カット

ドロップ&カットにより、残りのシートが簡単、直感的かつ効率的に活用可能になります。カメラにより、機械室のライブ画像がユーザインタフェースに直接表示されます。多くの製品図形データを残りのシート上に自由に配置することができます。これにより、個々の製品のポスト生産時間を大幅に節約できます。シートの調整、シート位置測定、原点移動など手間のかかるプロセスステップは省略されます。

Condition Guide

Condition Guide機能により、一目見るだけで機械のステータスを常に把握することができます。信号システムにより、機械の切断性能に影響を与える重要な要素のステータスが表示されます。Condition Guideは必要に応じてメンテナンスを推奨します。履歴チャートを参照することにより、いつメンテナンスの必要が生じるか予測しやすくなります。このため、メンテナンス作業を効率的に計画できるようになります。

TruTops Boost

レーザ加工機、パンチ加工機及びパンチレーザ複合機を、オールインワン3DソリューションであるTruTops Boostでインテリジェントに設計し、プログラミングすることができます。多数の自動機構により時間のかかるルーティン作業が不要になり、ネスティングの共同利用により時間と材料が節約されます。それに加えて、全生産ジョブとジョブに基づいた作業を常に把握することができます。

TruTops Monitor

停止時間が短縮されます。製造現場の全ワークステーションでの停止、エラーメッセージ、異常原因及びメンテナンス時間などの機械データが集計されて分析されます。停止又は異常が発生した場合には、TruTops Monitorから原因に関する情報が即座に提供されるため、オペレータは素早く対応することができます。

ソフトウェア

幅広いTruTopsソフトウェアポートフォリオは、製造プロセス全体を通してお客様をサポートします。受注や購買の管理から完成品の出荷に至るまで、業務プロセスを簡単かつ的確に制御できます。また機械コントローラと直接リンクされているため、ジョブステータスを常に把握することができます。

当社の総合的なモジュールからお客様のニーズに合わせた自動化構成部品を選択していただけます。適切なオートメーションを導入することでプロセスチェーンが最適化され、生産性が更に向上します。TruLaser 1030 fiber向けに用意されているソリューション:

ロード及びアンロード

小型のLiftMaster Compactは、材料のロード及びアンロードを極めて高速に完全自動で行います。LiftMaster Linear Basicには、複数の機械を接続することができます。

ロード及びアンロード / パーツの仕分け

LiftMasterは自動化ソリューションとして、幅広い機能をカバーしています。材料のローディング/アンローディングの他に、パレットハンドリングにも適しています。LiftMaster Store及びLiftMaster Store Linearは、設備を直接倉庫に接続します。LiftMaster Linearはリニア軸を介してシートの自動ローディング/アンローディングを行います。これは最大3台の機械及び最大6つのステーションで行われます。

ストレージシステム

TruStore 1000シリーズ及びTruStore 3000シリーズのストレージシステムにより、材料の取扱を需要に応じて管理できます。

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で製品を入手できるかどうかを確認してください。

お客様向け情報

問い合わせ
販売 (工作機械)
Fax +81 45-931-5714
Eメール
ダウンロード
サービス & お問い合わせ

Close

Country/region and language selection

Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.