このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。
TruLaser 2030 fiber、高性能のコンパクトマシン
TruLaser 2030 fiber、高性能のコンパクトマシン
2Dレーザ切断機

TruLaser 2030 fiber

高性能のコンパクトマシン

    - / -
    • 一覧
    • アプリケーション
    • 技術仕様
    • 装備
    • ソフトウェア
    • 自動化コンポーネント
    • もっと見る 閉じる
    高性能のコンパクトマシン

    レーザ切断機TruLaser 2030 fiberは、最小スぺースでも高い性能を発揮します。この機械は迅速で容易に設置でき、操作も簡単です。高い出力に加え自動化も可能であることから、拡張カスタマイズも可能です。

    高性能で迅速

    ディスクレーザTruDiskによる高い切断生産性及び長期信頼性。

    フレキシブルなレイアウト

    機械は需要に応じて、様々な配置バリエーションで提供されています。

    自動化されたローディングユニット

    LiftMaster Shuttleは、パーツのロード及びアンロードを自動で行います。

    詳細情報
    簡単な操作

    タッチコントローラによる直観的な操作パネル、作業領域全体を最適に見渡し可能。

    詳細情報
    フレキシブルな板厚

    BrightLine fiberにより、どのような板厚に対しても固体レーザのメリットを活用可能。

    詳細情報
    短い非生産時間

    自動ノズルチェンジャーは、速度及び加工の安定性を向上させます。

    詳細情報
    経済的なシングルカッティングヘッド方式

    全ての材料及び板厚を同じカッティングユニットで切断できます。

    TruLaser 2030 fiber
    TruLaser 2030 fiber (LiftMaster Shuttle装備)
    サンプルパーツ、シート 1~12 mm

    薄板において極めて高速

    TruLaser 2030 fiberは、板厚が1~12 mmの場合にその実力を発揮します。この領域で、最も迅速かつ生産的に作業を行うことができます。TruLaser 2030 fiberは、最高20 m/minのフィード速度に到達するだけでなく、切断プロセス全体にわたり最高速度を維持します。

    BrightLine fiberサンプルパーツ

    BrightLine fiberを搭載して汎用機械を実現

    しかもTruLaser 2030 fiberは、最大25 mmまでの板厚であれば、卓越した切断結果を達成します。特殊な光学ユニットと流動性を最適化したBrigthLineノズルを賢く組み合わせたオプションのBrightLine fiberを使用することで、このような成果を得ることができます。また材料選択についても、軟鋼、ステンレススチール、アルミニウムさらには高反射性材料に至るまで、その範囲を拡張させることができます。特記すべき利点: 品質の高い切断エッジにより、加工品排出時にパーツが引っかかることはないため、パーツを簡単に取り出すことができ、時間も節約できます。

    薄板部品

    PierceLineによる迅速なピアシング

    TruLaser 2030 fiberは、PierceLineにより多数のピアシングが入ったコンタにも問題なく対応できます。このため、製造においてさらに新しい課題を受け入れることも可能になります。

    非鉄重金属によるサンプルパーツ

    プロセスの安全性を確保した非鉄重金属の加工

    TruLaser 2030 fiberは、薄いステンレススチールと軟鋼を溶断で経済的に切断します。しかもこのアプリケーション範囲では、5 kWのCO2機械よりも高い生産性を発揮します。ガスによるフレーム切断 (燃焼切断) においても、同程度の出力を持つCO2機械と同じような結果を得ることができます。固体レーザTruDiskには反射光に対する耐性があります。銅や真鍮のような反射の強い材料でもプロセスの安全性を確保して加工することができます。それに加えて、この機械はアルミニウム、銅、真鍮、ステンレススチール、フィルムなどの高反射性材料も加工します。

    TruLaser 2030 fiber
    寸法  
    長さ 7800 mm
    5900 mm
    高さ 2900 mm
    最高速度  
    同時 120 m/min
    作業範囲  
    X軸 3000 mm
    Y軸 1500 mm
    最大加工品重量 720 kg
    レーザー固有のデータ - TruDisk 3001  
    最大レーザ出力 3000 W
    軟鋼最大板厚 20 mm 1
    ステンレススチール最大板厚 16 mm
    アルミニウム最大板厚 12 mm
    銅の最大板厚 6 mm
    ブラス最大板厚 6 mm
    レーザー固有のデータ - TruDisk 4001  
    最大レーザ出力 4000 W
    軟鋼最大板厚 25 mm
    ステンレススチール最大板厚 20 mm
    アルミニウム最大板厚 20 mm
    銅の最大板厚 8 mm
    ブラス最大板厚 8 mm
    消費値  
    生産時の電力消費量平均 - TruDisk 3001 13 kW
    生産時の電力消費量平均 - TruDisk 4001 15 kW
    PDF <1MB
    Technical data sheet

    Download the technical data of all product variants.

    優れた生産性と最高品質: 高性能な機能により、最高の加工結果が保証されます。

    フレキシビリティー

    TruLaser 2030 fiber (LiftMaster Shuttle装備、設置ロング、左)
    配置バリエーション

    TruLaser 2030 fiberのオートメーションは、製造に合わせて簡単にカスタマイズすることができます。これを行うには、様々な設置バリエーションから選択してください。コンパクトなデザインのこのレーザ機械は、わずかなスペースしか必要としません。

    TruDisk 4001
    TruDisk 3001またはTruDisk 4001

    どの程度の出力を必要とするかに応じて、3 kWのTruDisk 3001又は4 kWのTruDisk 4001など、お使いのレーザ切断機向けに様々なレーザが提供されています。

    TruDiskレーザの光学ユニット
    TRUMPF LaserNetwork内で使用するための2番目の光ファイバ接続口

    TruLaser 2030 fiberによる製造は、切断だけでなくレーザ溶接など他のプロセスへの可能性も広がります。これには、TruDiskをその他の加工機のレーザ装置としてレーザネットワークで使用します。さらに、時間毎あるいはシフト毎にアプリケーションを切り替えることが可能です。

    プロセスの安全性&使いやすい操作

    TruLaser 2030 fiber、衝突防止
    衝突防止

    カッティングヘッドの衝突防止は最高のプロセス安全性を保証します。機械性能の向上により短い非生産時間を活用することができます。衝突が生じた場合は、カッティングヘッドの損傷が回避されます。

    TruLaser 2030 fiber、高性能のコンパクトマシン
    作業条件

    19インチのタッチディスプレイにより、オペレータは快適に作業することができます。完全に安全を確保したまま作業領域全体を良好に見渡すことができるため、オペレータは各プロセスを常に見届けることができます。

    TruLaser 2030 fiber、自動ノズルチェンジャ
    自動ノズルチェンジャ

    自動ノズルチェンジャにより、機械を連続動作させることが可能になります。新しいプログラムのためにサイズの異なるノズルが必要な場合、チェンジャーがこれを自動交換するため、オペレータがノズル交換する必要はありません。

    品質

    TruLaser 2030 fiber、BrightLine fiber
    BrightLine fiber

    BrightLine fiberにより、固体レーザでどのような板厚範囲でも高品質の切断結果をもたらします。その上、薄板加工における固体レーザのメリット全て、特に高速加工を実現できます。

    TruLaserTube 5000、PierceLineによるピアッシングプロセス制御
    PierceLine

    PierceLineにより、ピアシング工程が監視及び制御されます。この機能は材料と機械の両方を保護し、パーツ品質を向上させ、ピアシング時間を最大80%まで短縮します。

    TruTops Boost Key Visual

    TruTops Boost

    レーザ加工機、パンチ加工機及びパンチレーザ複合機を、オールインワン3DソリューションであるTruTops Boostでインテリジェントに設計し、プログラミングすることができます。多数の自動機構により時間のかかるルーティン作業が不要になり、ネスティングの共同利用により時間と材料が節約されます。それに加えて、全生産ジョブとジョブに基づいた作業を常に把握することができます。

    TruTops Monitor

    停止時間が短縮されます。製造現場の全ワークステーションでの停止、エラーメッセージ、異常原因及びメンテナンス時間などの機械データが集計されて分析されます。停止又は異常が発生した場合には、TruTops Monitorから原因に関する情報が即座に提供されるため、オペレータは素早く対応することができます。

    ソフトウェア

    幅広いTruTopsソフトウェアポートフォリオは、製造プロセス全体を通してお客様をサポートします。受注や購買の管理から完成品の出荷に至るまで、業務プロセスを簡単かつ的確に制御できます。また機械コントローラと直接リンクされているため、ジョブステータスを常に把握することができます。

    自動加工のためには、LiftMaster Shuttleが提供されています。

    LiftMaster Shuttle、カートオプション

    ロード及びアンロード

    LiftMaster Shuttleを装備したTruLaser 2030 fiberでロード及びアンロードプロセスを自動化。多数の設置バリエーションにより、設備を使用可能な場所に適合させることができるだけでなく、所望する製造でのマテリアルフローにも合わせることができます。

    国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で機械を入手できるかどうかを確認してください。

    脚注
    • Brightline fiberを使用

    お客様向け情報

    Technologiebild TRUMPF Auflagenleistenreiniger
    スラットクリーナー

    スラットクリーナーでレーザ加工機テーブルのスラット (剣山) を複数回にわたりスピーディーに清掃することにより、スラットをはるかに長い間使用できるようになります。

    パンチレーザ複合加工機

    パンチングとレーザ加工の長所を兼ね備えたTRUMPFのパンチレーザ複合加工機では、幅広い加工部品ラインナップの少量または大量生産が可能です。

    3D-Laserschneidanlagen von TRUMPF
    3Dレーザ切断機

    3Dレーザ加工の先駆者であるTRUMPFは、3D部品、プロファイルまたはパイプ切断用にアプリケーションに適した3Dレーザ切断機を提供しています。

    問い合わせ

    販売 (工作機械)
    Fax: +81 45-931-5714
    Eメール

    ダウンロード

    2Dレーザ切断機カタログ
    2Dレーザ切断機カタログ
    pdf - 3 MB
    サービス & お問い合わせ