国/地域/言語選択

ペイ・パー・パート (Pay-per-Part)

当社では「オーナーからユーザへ」というモットーのもと、ミュンヘン再保険グループと提携して「 ペイ・パー・パート (Pay-per-Part)」というビジネスモデルを提供しています。この提携により、TruLaser Center 7030を購入せずに使用できるようになります。透明性の高い部品コストと、TRUMPによるきめ細かいサポートを特長としています。同時に、最適なリスクマネジメントとIoTサービスを提供するミュンヘン再保険グループという強力なパートナーを得ることができます。

この提携では、マシンを購入せずに使用できるようになります。そのメリットは?

経済的な柔軟性を維持

ペイ・パー・パーツにより、新しい設備への投資を節約し、その資金を事業の別の用途に使用することができます。

常に技術を最新の状態に保ち万全に備える

サービスパーツやメンテナンスなどで、TRUMPの最新の設備技術をご利用ください。また、機械のダウンタイム防止も含まれているため、お客様の設備をリモートで監視し、必要に応じてリモートサポートを行い、コンポーネントが安全かつ時間通りに仕上げるように対処できます。

技術職の不足を補う

プログラミングと作業計画は、TRUMPFのエキスパートにお任せください。これにより、チームはコアコンピタンスに完全に集中することができます。

透明性のある計算及び計画

コンポーネントの生産を開始する前に正確な価格を把握できる上、実際に生産したパーツのみを支払うだけで済みます。パーツ価格には、プログラミングや作業計画にかかる人件費、メンテナンス、スペアパーツや消耗部品など、すべでの付帯経費も含まれています。この透明性の高い価格モデルによって、お客様の計画を簡素化することができます。

生産効率性の向上

TRUMPFエキスパートのノウハウを活用して、TruLaser Center 7030の生産プロセスとそこに接続されたストレージで起こり得る弱点に的を絞って最適化してください。その結果マシンを最大限に活用できるようになります。技術的なご質問にはいつでもお答えいたします。

当社のお客様Gysi AGの体験

動画では、早くもペイ・パー・パーツ・モデルのメリットに満足しているお客様の様子をご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください

ペイ・パー・パーツモデルでは、生産するコンポーネントの費用だけをお支払いいただきます。  ミュンヘン再保険グループと提携して提供するこのサービスモデルでは、TruLaser Center 7030を購入せずに使用し、マンパワーを増やすことなく産出量の向上とリスクの低減を実現することができます。

詳しくはこちら