このウェブサイト自体とその機能を提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。当社がその他の目的でもクッキーを使用することを許可される場合は、こちらをクリックしてください。 クッキーの無効化と個人情報保護に関する情報
TRUMPF TruLaser Cell 7040 fiberの製品イメージ
TRUMPF TruLaser Cell 7040 fiberの製品イメージ
3Dレーザ切断機

TruLaser Cell 7040

固体レーザーTruDiskで高い生産性とエネルギー効率を実現

TRUMPF 3Dレーザ加工機TruLaser Cell 7040
TRUMPF 3Dレーザ加工機TruLaser Cell 7040
3Dレーザ切断機

TruLaser Cell 7040

CO2レーザーにより得られる最高の3Dフレキシビリティー

-/-

モジュール構造で極めてフレキシブル

レーザ装置TruLaser Cell 7040は様々な設備が備えられており、2次元や3次元の部品あるいはパイプも加工することができます。切断と溶接をフレキシブルに変更することができます。TruLaser Cell 7040は、機械がモジュール構造で個別にカスタマイズして後付けできるため、生産環境の変更にも最適に対応することができ、お客様のご要望にフレキシブルに対応できます。

生産性の高い製造

最高の機械動性とサイクルタイムを最適化する多くのスマートな機能により、これまでになく迅速に生産することができます。

より高い操作快適性

機械の全長にわたって移動可能な制御パネルそしてMobileControlアプリが、どのポジションからでも人間工学的に最適な機械操作を可能にします。

高いプロセスの安全性

X-Blastテクノロジーは切断時、特に複雑なジオメトリの場合に、より堅牢なプロセスを保証し、ノズル寿命を大幅に延ばします。

最高の部品品質

テクノロジテーブル、保証されたビーム調整、および特許取得済みのBrightLine Weldが、切断および溶接における完璧な加工結果を保証します。

高い将来性

最新の制御コンセプトおよびOPC/UA通信インタフェースにより、長期的にインダストリー4.0の課題に対応できるようになります。

個別に導入可能

機械はモジュール構造で後付け可能であるため個別に構成可能。

-/-
TruLaser Cellシリーズ7000のオープンな装置内部
低コストな生産

最高の機械動性、FastLine Cellによるフライングピアシング、そしてダイナミック切断用光学ユニットが、加工時間を大幅に短縮します。大量を加工する場合、2ステーションモードあるいは回転チェンジャを使用してメイン時間並行でロード/アンロードすることができます。またガラス繊維複合材製の超高速の前ドアが、運転休止時間の大幅な低減と、作業エリアへの素早いアクセスを可能にします。

レーザー装置が極めて柔軟に選択可能なTruLaser Cell 7040
パワー・オブ・チョイス - 有能なレーザ装置

お客様のアプリケーションがレーザの選択を決定します。フレキシブルな毎日の生産には、エネルギー効率のよい2~5 kWのTruDiskレーザをお選びください。他にも3~6 kWのCO2 TruFlowレーザがあり、これは特に厚い材料やアルミニウム加工に適しています。

TruLaser Cell 7040の設置面積
コンパクトな設置面

必要に応じて、異なるサイズの作業領域から選択できます。スイッチキャビネットは直接機械本体に統合されています。それによりTruLaser Cell 7040 fiberは小型サイズのベンチマークとなっています。

TruLaser Cellの制御用6Dマウス
シンプルで快適な操作

人間工学に配慮した省スペース構造の操作パネルは、機械室に掛けられています。このパネルは回転可能で保護室から操作できるほか、機械の前面全体に沿って移動させることも可能です。6Dマウスを使用すると、容易にならし運転、ティーチング及び軸移動を素早く行うことができます。コントローラは、どの光学ユニットが取り付けられているかを自動検知するため、迅速にエラーなく光学系の交換を行うことができます。

TRUMPF TruLaser Cell 7040でのレーザカッティング
極めて柔軟に選択可能な工法

固体レーザ向けに開発されたツーインワンファイバーにより、わずか一本の光ファイバーで溶接と切断ができるようになります。加工アダプタを交換するだけでプロセスを切り替えることができます。レーザ光線の調整はシステム制御装置により自動的に行われます。これにより最高の加工結果が得られるだけではなく、設備の操作が簡単になり、はるかに多くのアプリケーションに使用できるようになります。

亜鉛メッキ鋼板のレーザカッティング

亜鉛メッキ鋼の加工

特に自動車産業では、部品の腐食防止のために、亜鉛メッキの銅製部品がよく製造されます。TruLaser Cell 7040により、亜鉛メッキ鋼板を迅速に高品質でカッティングすることができます。さらにこの機械では、変更に最適に対処し、それに応じて部品を適合させることができます。このような特性は、特に試作品製作や量産前生産などの分野で重要となるフレキシビリティを向上させます。

TruLaser Cell 7000シリーズで切断された自動車の後部座席

レーザカッティングされた自動車の後部座席

TruLaser Cell 7040では、開口部及び深絞り加工された部品のトリミングが行われます。従来のパンチツールで少量を加工する場合、多くの場合に高いコストが生じます。TruLaser Cell 7040は、必要な全ての微細な形状を最短時間で切断し、生産コストを削減します。

TruLaser Cell 7000シリーズによる最高精度のレーザカッティング

精密で迅速なレーザカッティング

フライス加工など別の加工と比較して、TruLaser Cell 7040は、複雑な部品において低コストの代替方法を提供しています。機械は全ての外面形状のレーザトリムを実行して貫通穴を生成します。

TruLaser Cell 7000シリーズによりレーザ溶接されたファンホイール

レーザ溶接されたファンホイール

例えばファンホイールのような3次元部品のレーザ加工は、新しい形状の設計を可能とします。これにより設計時の材料の節約や重量削減を実現することができます。さらにレーザ溶接では、従来のプロセスと比較して後処理がはるかに少なくなります。時間を節約し、部品のひずみを防ぐことができます。

TruLaser Cell 7000シリーズで溶接された電磁ファンクラッチ

レーザ溶接されたウォーターポンプカップリング

BrightLine Weldテクノロジにより、例えばウォーターポンプカップリングをほぼスパッタフリーで溶接し、生産性を最大300 %向上させることができます。

自動車部品のコーティングと切断

部品の修理溶接とコーティング*

レーザー肉盛溶接を利用して、高品質部品の修理又はコーティングを行うことができます。特殊合金を使用したコーティングプロセスを通じて、部品の製品寿命を大幅に延ばすことができます。

*要問い合わせ

-/-
TruLaser Cell 7040 CO2
TruLaser Cell 7040 fiber
軸の移動範囲   
軸の移動範囲 X軸 4000 mm 4000 mm
軸の移動範囲 Y軸 1500 / 2000 mm 1500 / 2000 mm
軸の移動範囲 Z軸 750 mm 750 mm
軸の移動範囲 B軸 ± 135 ° ± 135 °
軸の移動範囲 C軸 n x 360 ° n x 360 °
軸の移動範囲 ダイナミック切断用光学ユニット ± 9 mm ± 9 mm
最大軸速度   
軸方向Xに平行での最大軸速度 100 m/min 100 m/min
軸方向Yに平行での最大軸速度 100 m/min 100 m/min
軸方向Zに平行での最大軸速度 100 m/min 100 m/min
同時の最大軸速度 - -
B軸の最大軸速度 90 1/min 90 1/min
C軸の最大軸速度 90 1/min 90 1/min
軸方向Xに平行での最大軸加速 9 m/s² 9 m/s²
軸方向Yに平行での最大軸加速 10 m/s² 10 m/s²
軸方向Zに平行での最大軸加速 10 m/s² 10 m/s²
B軸の最大軸加速 200 rad/s² 200 rad/s²
C軸の最大軸加速 100 rad/s² 100 rad/s²
ダイナミック切断用光学ユニットの最大軸加速 40 m/s² 40 m/s²
位置決め精度   
リニア軸 (X、Y、Z) の位置決め精度 0.08 mm 0.08 mm
回転軸 (B) の位置決め精度 0.015 ° 0.015 °
レーザ   
最大レーザ出力 3000 W - 6000 W 2000 W - 5000 W
使用可能なレーザ TruFlow TruDisk

多様なオプションを備えたTruLaser Cell 7040では作業が簡易化されるだけでなく、非生産時間も削減され、加工の高速化や生産性の向上も実感することができます。

TruLaser Cellシリーズ7000のオープンな装置内部
2つのステーションのパーティション

パーティションにより作業エリアが2つの利用スペースに分割されます。それにより、選択したレーザ光源 (CO2または固体レーザ) に左右されることなく、セットアップ、ロード/アンロードとレーザ加工を2ステーションモードで同時に実行することができます。

TruLaser Cell 7040の回転チェンジャ
回転チェンジャ

回転チェンジャを使用することにより、特に生産性の高い連続生産において、TruLaser Cell 7040を最適化することができます。一つのロード及びアンロード位置だけで生産性と作業性が向上します。

TruLaser Cell 7040の移動経路
移動可能なテーブル

テーブルが手動又は自動で移動可能であるため、作業エリア外での大型部品のローディング/アンローディングが簡単になります。

MobileControl App

トルンプ社のMobileControl Appを使うことで、お手持ちのタブレットのタッチスクリーンに標準操作パネルのユーザインタフェースが転送されるため、いつでも簡単かつフレキシブルにご自分の機械を操作・コントロールすることが可能になります。これにより据付型の操作パネルのほかにもう一つ、機械を監視・制御するための手段が増えることになります。

TRUMPFレーザとシステムのBrightLine Weld
BrightLine Weld

オプションのBrightLine Weldの魅力は、スパッタがほとんど発生しないレーザ溶接と最高の溶接シーム品質が両立することにあります。お客様の希望に応じて、フィード速度の大幅な上昇を活用して生産性を著しく向上させることも、又はエネルギー費用を最大40 %削減することも可能です。こうして、後加工の手間が低減するため、機械のダウンタイムと運転コストも削減されます。

オプションのSmart Approach、TruLaser Cell 8030
Smart Approach

Smart Approach機能は部品エッジのピアシングを行う際に、機械の起動動作を最適化して改善します。特許取得済みのこの方法により、加工の安全性を最大限維持しながら、サイクル時間を最大約9 %低減させることができます。

TruLaser Cell 7040でのSmart Optics Setup
Smart Optics Setup

Smart Optics Setupとは、テストシートのカッティングや機械の再調整を行うために、機械のベースユニットに取付けられた装置のことです。標準化されたマクロにより、さらに簡単に実装可能になっています。このため時間とコストを削減できます。

ObserveLine Professional

軽度のノズル衝突でも、オペレータの目には見えないごくわずかな切断用光学ユニットの位置決めエラーを引き起こす可能性があります。それにより不良品の生産が増え、コストの増大につながります。光学的測定技術ObserveLine Professionalは、装備変更なしでタクトタイムにほとんど影響を与えることなく、自由に定義可能な一定間隔で機械の位置決め精度を点検します。エラー位置は検知され、不良品が低減します。

ObserveLine Comfort

様々な原因により、完成品に切断スラグが付着したままの状態になる可能性があります。オプションの光学的測定技術ObserveLine Comfortでは、各コンタが完全にトリミングされているかどうかが点検されるため、このエラーを素早く検出することができます。しかもObserveLine Comfortには、距離コントロールシステムによる測定よりも多くの利点があります。そのためこの手法では測定時間が短縮され、非常に小さな穴の直径や斜めになっているスラグも測定可能になります。

Central Link

インタフェースパッケージであるCentral Linkにより、全所有機械のネットワーク化と、インダストリー4.0アプリケーションの利用が可能になります。通信規格OPC/UAを介して、制御変数、測定値やパラメータなどの機械データを転送し、機械可読な状態で書き込むことができます。

.

TruTops Cellの製品イメージ

TruTops Cell

TruTops Cellは、3Dレーザ加工プロセスを快適にプログラミングするために必要な機能を全て備えています。標準光学ユニットが内蔵されているため、レーザ切断、レーザ溶接あるいはレーザ肉盛溶接に対応できます。様々なインタフェースを介して3DのCADデータを読み取り、必要な場合はそれを修正します。このシステムは、3つの次元全てにおいてカッティング用の推奨データを自動作成します。さらに、装置に対しての推奨データも自動的に算出します。

TruTops Boost

TruTops Boost

TruTops Boostで、TruLaser Cell 7040が持つ最高性能を引き出すことができます。自動機構とアシスト機能により、TruTopsを使用した日々の作業は簡単かつ効率的になります。このシステムは例えばコーナーでのルーピング又は曲線を自発的に作成し、ピアシングスポット及びアプローチ又はリトラクト経路を生成します。このソフトウェアはシートが最適に利用されるように、カッティングの対象となる製品をシート上に配置します。またTruTops Boostにより、レーザ機械は適切なパラメータで自動的に稼働します。業界をリードするCADシステムとのインタフェースにより、部品図面を素早く受け取ることが可能になります。また設計モジュールが内蔵されているため、図面を自分で瞬く間に作成することも可能です。

Visual Online Support (VOS)

サービス要員を現場に呼ばずに、アプリを使用して自分で複雑な問題を解決することができます。Visual Online Support (VOS) では画像/音声/動画データを簡単、迅速かつ確実にやり取りして、機械のダウンタイムを短縮させることができます。

ソフトウェア

幅広いTruTopsソフトウェアポートフォリオは、製造プロセス全体を通してお客様をサポートします。受注や購買の管理から完成品の出荷に至るまで、業務プロセスを簡単かつ的確に制御できます。また機械コントローラと直接リンクされているため、ジョブステータスを常に把握することができます。

アプリケーションに応じて、TRUMPFのCO2及び固体レーザの幅広いラインナップから、自分のアプリケーションに合った適切なレーザを選択し、TruLaser Cell 7040と組み合わせることができます。

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で製品を入手できるかどうかを確認してください。

お客様向け情報

問い合わせ
販売 (レーザ技術)
Fax +81 45-931-7534
Eメール
ダウンロード
サービス & お問い合わせ

Close

Country/region and language selection

Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.