You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

TruLaser Cell 8030 | TRUMPF
TruLaser Cell 8030、定評ある製品がさらに進化
TruLaser Cell 8030、定評ある製品がさらに進化
3Dレーザ切断機

TruLaser Cell 8030

定評ある製品がさらに進化

据付型バリエーションとしての3Dレーザー切断設備TruLaser Cell 8030
据付型バリエーションとしての3Dレーザー切断設備TruLaser Cell 8030
3Dレーザ切断機

TruLaser Cell 8030

定評ある製品がさらに進化

TRUMPF 3Dレーザー溶接、TruLaser cell 8030
TRUMPF 3Dレーザー溶接、TruLaser cell 8030
3Dレーザ切断機

TruLaser Cell 8030

定評ある製品がさらに進化

-/-

生産的なハイエンド3Dレーザ切断機

TruLaser Cell 8030は、温間成形部品の3D切断でベンチマークとなる設備であり、それぞれの要件に合わせて柔軟に設定することができます。例えば、ドアリングやサイドセクション全体の切断に適した大型バリエーションと、単部品とホワイトボディセグメントの製造に適した小型バリエーションから選択することができます。最高級の生産性と共に、新規開発と細部の最適化を通してさらに向上した生産安定性を提供します。Smart Approach、Dynamic Level 3またはロータリーテーブルなどのオプションにより、経済性が向上します。

最大の生産性

先代モデルと比較して、今度のモデルでは加速の更なる向上とDynamic Level 3がユーザーにとってのメリットです。

わずかな間接作業時間

改良型の回転チェンジャは、市場で最速の速度を誇ります。回転時間が20 %短縮し、1.8秒になったため、部品を製造すればするほど総合パフォーマンスが高まります。

最高の堅牢性

この新しい機械は、ホットフォーミング領域において殆どの場合設置されている3D機械の基礎において培ってきた経験に基づいています。

多様な機能

X-BlastテクノロジやObserveLine Comfort & Professionalなどの機能により実現する最適な生産プロセス

最高のエネルギー効率

TruDisk 2000と併用すると、消費電力と部品コストが削減されます。

TruLaser Cell 8030 – 定評のある製品がさらに進化
TruLaser Cell 8030 ObserveLine Professional
切断カ所不均一を制御するためのObserveLine
TruLaser Cell 8030のパフォーマンス比較
TruLaser Cell 8030の回転及び切断速度における時間の比較
-/-
TruLaserCell 8030のコンパクトな設置面
コンパクトな設置面

TruLaser Cell 8030の構造はコンパクトで極めて使いやすく、人間工学に配慮して設計されています。回転チェンジャは前面からも側面からも手が届きやすい構造になっています。屋内レイアウト要件や希望に応じて、複数の機械の設置を柔軟に計画することができます。その際、設置面あるいは優先する材料の流れを最適化することができます。

X-Blastノズルテクノロジ

切断ノズルX-Blastノズルは、従来のノズルと比較して2倍の有効焦点深度を持っています。このためノズルの作業距離を拡大することができ、ノズル衝突は大幅に減少します。さらにプロセス安定性が高まり、部品品質が向上します。

Dynamic Level 3

オプションのDynamic Level 3により、TruLaser Cell 8030はさらに速く加速します。複合部品では最大約7 %までサイクル時間を低減させることができます。

Coluna B cortada a laser com a TruLaser Cell 8030

ドアリングのレーザーカッティング

TruLaser Cell 8030では、自動車の大型の温間成形サイドセクションの切断が極めて迅速に行えるだけでなく、TruDiskレーザーとX-Blastテクノロジの効果で確かな高品質でも実現します。

TRUMPFレーザーカッティングクロスビーム

クロスメンバーのレーザーカッティング

先代モデルと比較して、TruLaser Cell 8030では自動車の温間成形クロスメンバーの切断において、マシンダイナミクスの10 %増、間接作業時間の10 %減、スラグ点検速度の30 %増が実現しています。しかもTruDiskレーザーとX-Blastテクノロジにより、一定の高い切断品質が保証されます。

TruLaser Cell 8030でのレーザカッティングによるクロスメンバ

ホットフォーミング及びレーザカッティングによるクロスメンバ

TruLaser Cell 8030は大量生産部品を特に低コストに加工します。さらにNCプログラミングにより、部品のジオメトリにおいて最大限のフレキシビリティを提供します。

レーザカッティングによるBピラー

TruLaser Cell 8030は、自動車産業のBピラーなど3D部品を確実に切断します。従って、このホットフォーミング材のレーザーによる加工は、従来のプロセスよりもはるかに低コストです。さらに、フレキシブルなレーザーツールを使用すると、新しい要求に部品を適合させることができ、これは後工程で行うことも可能です。

-/-
TruLaser Cell 8030 (標準バリエーション)
TruLaser Cell 8030 (大型バリエーション)
軸の移動範囲   
最大軸数 5 5
軸の移動範囲 X軸 3000 mm 3000 mm
軸の移動範囲 Y軸 1300 mm 2100 mm
軸の移動範囲 Z軸 600 mm 650 mm
軸の移動範囲 B軸 ± 135 ° ± 135 °
軸の移動範囲 C軸 n x 360 ° n x 360 °
軸の移動範囲 ダイナミック切断用光学ユニット ± 10 mm ± 10 mm
最大加工品サイズ   
Xの最大加工品サイズ 2540 mm 2540 mm
Yの最大加工品サイズ 840 mm 1640 mm
Zの最大加工品サイズ 370 mm 420 mm
最大軸速度   
軸方向Xに平行での最大軸速度 100 m/min 100 m/min
軸方向Yに平行での最大軸速度 100 m/min 100 m/min
軸方向Zに平行での最大軸速度 100 m/min 100 m/min
同時の最大軸速度 19.1 m/s2 17.3 m/s2
B軸の最大軸速度 90 1/min 90 1/min
C軸の最大軸速度 90 1/min 90 1/min
軸方向Xに平行での最大軸加速 11 m/s2 10 m/s2
軸方向Yに平行での最大軸加速 11 m/s2 10 m/s2
軸方向Zに平行での最大軸加速 11 m/s2 10 m/s2
B軸の最大軸加速 200 rad/s2 200 rad/s2
C軸の最大軸加速 100 rad/s2 100 rad/s2
ダイナミック切断用光学ユニットの最大軸加速 40 m/s2 40 m/s2
位置決め精度   
リニア軸 (X、Y、Z) の位置決め精度 0.08 mm 0.08 mm
回転軸 (B) の位置決め精度 0.015 ° 0.015 °
レーザ   
最大レーザ出力 2000 W - 4000 W 2000 W - 4000 W
回転チェンジャの自動化   
サイド当たりの最大荷重 300 kg 700 kg
ワークステーション 2 2
全体のオフピーク時間のタイプ 4.2 s 5.5 s
回転時間のタイプ 1.8 s 3 s
ターンテーブルの直径 4000 mm 5000 mm
作業高さ 700 mm 700 mm
TruTops Cell

TruTops Cell

TruTops Cellは、レーザ切断、レーザ溶接あるいはレーザ肉盛溶接のプログラミングを問わず、3Dレーザ加工プロセスを快適にプログラミングするために必要な全てを備えています。様々なインタフェースを介して3DのCADデータを読み取り、必要な場合はそれを修正します。このシステムは、3つの次元全てにおいてカッティング用の推奨データを自動作成します。さらに、装置に対しての推奨データも自動的に算出します。

ソフトウェア

幅広いTruTopsソフトウェアポートフォリオは、製造プロセス全体を通してお客様をサポートします。受注や購買の管理から完成品の出荷に至るまで、業務プロセスを簡単かつ的確に制御できます。また機械コントローラと直接リンクされているため、ジョブステータスを常に把握することができます。

アプリケーションに応じて、TRUMPF CO2及び固体レーザの幅広いラインナップから、自分のアプリケーションに合った適切なレーザを選択し、TruLaser Cell 8030と最適に組み合わせることができます。

多数の革新的なオプションによりTruLaser Cell 8030の動作性、費用対効果及び生産性を改善することができます。

ロータリーテーブル

ロード及びアンロードを手作業で行うプロセスステップが生産時のネックになっていませんか?ロータリーテーブルがこの問題を解決します。ロータリーテーブルによりローディングとアンローディングエリアを完全に分離することができます。代替方法としては、低コストな一部自動化オプションとして、ロボットをアンローディング側に配置できます。この方法により、1人の従業員で最短のタクトタイムを実現し、生産性を大幅に向上させることができます。時間の経過と共に要求が変更された場合は、いつでもこのオプションから完全自動化ソリューションに拡張することができます。

ObserveLine Comfort

様々な原因により、完成品に切断スラグが付着したままの状態になる可能性があります。オプションの光学的測定技術ObserveLine Comfortでは、各コンタが完全にトリミングされているかどうかが点検されるため、このエラーを素早く検出することができ、しかもそれが市場にある競合システムの4倍の速度で実現します。しかもObserveLine Comfortには、距離コントロールシステムによる測定よりも多くの利点があります。そのためこの手法では測定時間が短縮され、非常に小さな穴の直径や斜めになっているスラグも測定可能になります。

ObserveLine Professional

軽度のノズル衝突でも、オペレータの目には見えないごくわずかな切断用光学ユニットの位置決めエラーを引き起こす可能性があります。それにより不良品の生産が増え、コストの増大につながります。光学的測定技術ObserveLine Professionalは、装備変更なしでタクトタイムにほとんど影響を与えることなく、自由に定義可能な一定間隔で機械の位置決め精度を点検します。エラー位置は検知され、不良品が低減します。

Smart Optics Setup

Smart Optics Setupとは、テストシートのカッティングや機械の再調整を行うために、機械のベースユニットに取付けられた装置のことです。標準化されたマクロにより、さらに簡単に実装可能になっています。このため時間とコストを削減できます。

Smart Approach

Smart Approach機能は部品エッジのピアシングを行う際に、機械の起動動作を最適化して改善します。特許取得済みのこの方法により、加工の安全性を最大限維持しながら、サイクル時間を最大約9 %低減させることができます。

FocusLine

FocusLineでは、焦点位置を材質及び板厚に応じてプログラム制御で設定することができます。焦点位置の調整は、水圧により集光ミラーの表面曲率を変化させることによって行われます。

FastLine

FastLineはコンタをカッティングするためピアシングを行う際に、機械の起動動作を改善して最適化します。材質や板厚あるいは加工対象の曲線数に応じて、設備の生産性を最大60 %向上させることができます。

TruLaser Cell 8030の制御インターフェース
制御インタフェース

新しい装置は、空圧式及び電気的インタフェースを介して低コストで簡単に機械コントローラに統合することができます。

TruTops Cell Basic
TruTops Cell Basic

TruTops Cell Basicを使用することで、プログラムを直接機械でより簡単、迅速かつ確実に調整できるようになります。変更の対象となる輪郭形状とそれに対応したNCテキストをマウスをクリックして選択できるため、NCプログラム内でのナビゲーションが極めて簡単になります。どの変更も実行後に即座に視覚化されるため、極めて確実にプログラムでの作業を行うことができます。

TruLaser Cell 8030の残り時間表示
残り時間表示 Comfort

残り時間表示Comfortにより、常に最適な情報を得ることができます。これは現在加工中の部品の残りの加工時間を表示し、実行中の生産ジョブの今現在のステータスに関する補足情報を提供します。

TruLaser Cell 8030オートメーションインターフェイス
オートメーションインタフェース

製造の自動化レベルに応じて、様々なインタフェースオプションの中から選択できます。Basicオプションは、生産計画システム用の信号を確実に提供します。Comfortオプションは、簡単な自動化を自主的に実行します。高度に自動化された製造には、Professionalオプションが適しています。

3つのソリューションいずれにおいても完全な関連文書が提供され、また常に標準ソフトウェアを最新の状態に保つためアップデートが今後も提供されます。

TRUMPFのMobileControl App
MobileControl App

トルンプ社のMobileControl Appを使うことで、お手持ちのタブレットのタッチスクリーンに標準操作パネルのユーザインタフェースが転送されるため、いつでも簡単かつフレキシブルにご自分の機械を操作・コントロールすることが可能になります。これにより据付型の操作パネルのほかにもう一つ、機械を監視・制御するための手段が増えることになります。

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で製品を入手できるかどうかを確認してください。

お客様向け情報

問い合わせ
販売 (レーザ技術)
Fax +81 45-931-7534
Eメール
ダウンロード
サービス & お問い合わせ