国/地域/言語選択

EDER GmbH Fahrzeugbau

https://www.algema.de/

車両製造業者Eder社にとって、パーツの外注は膨大な管理作業を意味します。TRUMPFの機械を使用してレーザーカッティングを始めたことが、その問題の解決に役立っています。社内では、古い曲げ加工機がボトルネックになっており、そこでのパーツ製造スピードが生産現場で必要な速度に追いついていないことが判明しましたが、 その状況はTruBend 7036を導入したことで好転しました。「この機械のおかげで、曲げ加工での生産能力はほぼ3倍になっています」とギュンター・コシュケ工場長は述べています。スタートも順調に行ったとのことで、「当社のメカニックたちは、TRUMPFの組立担当者からすぐに指導を受けることができました。全てが問題なく進んだため、 即座に生産を開始することができました」と付け加えています。

業界

車両製造

従業員数

85

事業拠点

トゥンテンハウゼン (ドイツ)

「曲げ加工を即座に開始することができました」

Eder社では、最高の技術レベルにある特殊運搬車両を自社製造しています。次から次へと登場する新型モデルを最初から最後まで製造するには、高い次元のロジスティクスが必要になります。Eder社では長い間、典型的な外部調達、つまりサプライヤーが製造したパーツが納品される体制に頼っていました。その体制では膨大な管理作業と長い待ち時間が発生していたため、同社は数年前に自社でのレーザーカッティングと曲げ加工を開始しました。

課題

必要なパーツが外部サプライヤーから供給されるまでの時間が長すぎたため、Eder社の車両生産現場は次第に窮地に陥るようになっていました。また、社内では曲げ加工機がボトルネックになっており、必要な速度に追いついていないことが判明しました。そこで、レーザー部品を自社で製造するための解決策と、曲げ部品の生産速度を上げるための解決策が必要になりました。

"TRUMPFを使用すると、部品の実装と製造がはるかに速くなるため、より独立したものになります。これにより、日常の作業が非常に簡単になります。"

Günter Koschke
運用マネージャーの車両建設

解決策

TRUMPFの機械を購入する決断は、レーザーカッティングを開始する段階で下されました。「TruLaser 1030 fiberは比較的安価であり、それによって当社製品の価格も低下するため、TRUMPFの機械を購入することにしました」とギュンター・コシュケ工場長は振り返っています。その後、曲げ加工機でのボトルネックを解決する際にもTRUMPFマシンが役立ったことは、当然の流れと言えるでしょう。そしてこの決断はEder社にメリットをもたらしています。TRUMPF製品を使用して部品を自社でレーザー切断して曲げることで、同社の車両製造部門では生産の柔軟性と速度が大幅に向上しています。

実行

曲げ加工でのボトルネックは、高速曲げ加工機TruBend 7036によって解決されました。同機を導入したことで、曲げ加工での生産能力は古い曲げ加工機と比較してほぼ3倍になりました。「それまでは、技術によってこれほどまでに大きな違いが出るとは思ってもみなかった」とコシュケ工場長は説明しています。スタートは順調に行ったとのことで、「当社のメカニックたちは、TRUMPFの組立担当者から曲げ加工機の納品と同時に指導を受けることができました。そのため、曲げ加工を即座に開始することができました」と付け加えています。

展望

「当社では自分たちの製品に誇りを持っています。特に当社の大型トラックは、そのクラスではおそらく世界最高でしょう」と述べているギュンター・コシュケ工場長は、高品質が偶然ではないことを良く理解しています。違いを生み出しているのは適切な機械であり、TruLaser 1030 fiberとTruBend 7036はEder社にとって、お客様の高い要件を長期的にも満たすことができる解決策になっています。そして同工場長は、「当社は極めて革新的な会社であり、依然として非常に多くのアイディアを持っています。今後も絶対に成長していきたいと思っています」と締め括っています。

機械に関する詳細情報