このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。 Information on deactivating cookies and data protection

電源シミュレーション

当社は電源シミュレーション設備として、3体の4象限アンプを備えたSpitzenberger & Spies – PAS 25000を所有しており、規格に適合した様々な検査を実施することができます。

装備

4象限増幅器の特長

  • 継続 75 kVA
  • 短時間 150 kVA
  • ピーク 630 kVA
  • 電圧

      - 0~135 Veff、0~270 Veff

      - 0~320 Veff

  • 周波数

      - 直流 最大 5 kHz

      - 小信号 最大 100 kHz

お客様のメリット

お客様のメリットとなる当社設備の特徴:

  • 高いピーク負荷と極めて低い内部抵抗
  • 規格に適合した検査を予め設定したテスト手順で簡単に実施
  • 高調波と電源異常のシミュレーションが自由に設定可能
  • 測定 (オシログラフ) 又はシミュレートした経過は転送可能

いかがですか?詳細情報はリーフレットに記載されています。

サービス & お問い合わせ

Close

Country and language selection

Please note

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

Japan
United States

Or select a country or region.