このウェブサイト自体とその機能を提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。当社がその他の目的でもクッキーを使用することを許可される場合は、こちらをクリックしてください。 クッキーの無効化と個人情報保護に関する情報
Funktionserweiterungen Elektronik
Funktionserweiterungen Elektronik
Services

カスタマイズされた加熱ソリューション

他社があきらめてしまう領域で、当社は本領を発揮します。

速度、安定性、制御とエネルギー効率を巧みに組み合わせることにより、誘導加熱を的確に使用することで、様々な工業分野多数の生産プロセスにおいて大きなメリットを得ることができます。しかも使用範囲と用途はほぼ無限です。高効率で個別にカスタマイズした加熱プロセスを計画及び開発する際に、TRUMPF Hüttingerは経験豊富なパートナーとしてお客様をサポートします。指定された条件がいかに複雑であっても、お客様と共に最適なソリューションを開発します。お客様が満足するまで妥協することはありません。

低い投資額

最低限の投資額でのフィージビリティスタディ

費用を最適化した製造プロセス

加熱プロセスの最適化による効率向上と費用削減

カスタマイズされたソリューション

お客様の生産に特化したソリューション

何十年にもわたる経験

当社の経験豊かなエンジニアにお任せください!

あらゆるアプリケーションに適したソリューション

典型的なアプリケーション

  • 硬化、加熱、アニーリング  
  • (ケーブル) 加熱  
  • 溶解  
  • 収縮  
  • 乾燥  
  • 接着  
  • 封印  
  • チューブ溶接  
  • はんだ付け  
  • 加熱処理  
  • ボンディング  
  • 鍛造  
  • 軟化
特殊アプリケーション

  • 結晶育成  
  • エピタキシ  
  • 浮遊帯溶融法  
  • スカルメルティング  
  • 誘導結合プラズマ  
  • 容量結合プラズマ

誘導プロセスの開発

手順

ステップ1: 分析
Placeholder

  • 材料特性並びにプロセス環境の分析  
  • 開始/終了温度、表面性質、ジオメトリ、加熱/サイクル時間、熱絶縁などのプロセスパラメータの分析
ステップ2: 解決への道のりの準備

実験室での実験:

  • 環境条件の定義と考慮
  • アプリケーション実験の準備と構成
  • 電力供給の調整
  • 温度測定/制御システムの設定
  • テスト用誘導加熱装置の製造

COMSOLによる数値シミュレーション:

  • 部品/周辺環境形状を考慮に入れた2D又は3Dモデルの作成
ステップ3: テスト段階と最適化

実験室での実験:

  • テスト用誘導加熱装置の調整と最適化
  • 電気/熱パラメータの決定
  • 誘導加熱装置形状の決定

COMSOLによる数値シミュレーション:

  • 計算の実施
  • モデルの調整と最適化
  • フィールド (温度、磁界など) の生成
  • 電気/熱パラメータの決定
  • 誘導加熱装置形状の決定
ステップ4: 実行

  • 結果の記録
  • カスタマイズ開発したアプリケーションをお客様の生産工程へ実際に導入
  • ご要望に応じて現場での運転開始も可能
問い合わせ
ダウンロード
サービス & お問い合わせ

Close

Country/region and language selection

Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.