You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

Condition Based Services | TRUMPF
モニタリング & 分析

Condition Based Services

稼働率の向上

TRUMPFのCondition Monitoringセンターでは、装置の予防的な分析と監視が行われます。

生産性の向上

当社のエキスパートが弱点を特定し、お客様と共に目的にかなった対処法を生み出します。

優れた透明性

見やすいダッシュボードを通して、全ての装置情報/状態を一目で把握できます。

Condition Based Servicesはレーザ装置ネットワークの技術的な可用性と生産性を向上させます。TRUMPFのCondition Monitoringセンターは、重要なセンサーデータを評価し、リスクと改善の余地を検出します。このプロセスは、通常毎時何千ユーロに上る高額費用の原因となる生産停止を防止するために役立ちます。Condition Based Servicesには、Condition Monitoring、Condition Check、Smart View Servicesという商品が含まれています。

Condition Based Services, Screenshot

このサービスは、レーザ装置の異常を予防的に分析することを基礎としています。分析はCondition Monitoringでは周期的に、Condition Checkでは取り決められた時点に一回限り行われます。特にCondition Monitoringでは、サービスエキスパートが定期的に装置を点検し、アルゴリズムと経験を活用して生産停止に至る前に異常事態を特定するため、継続運転を最適に確保することができます。例えば冷却水レベルの急下降やフィルターの汚れが原因でレーザが停止する恐れがある場合には、事前に警報が発生します。レーザ装置の不適切な制御など、非効率な状態も素早く検知されます。定期的な分析レポートにより提供される情報について、必要に応じてTRUMPFのサービスエキスパートに相談することも可能です。

Condition Based Servicesは、Smart View Servicesによって補完されます。これは最新のレーザ状態を表示する見やすいダッシュボードのことです。さらにダッシュボードには、レーザデータ、発生したエラーメッセージ、レーザの稼働率、未実施の保守措置並びにレーザ/スキャナプログラムでの変更履歴に関する総合的な情報が表示されます。こうしてあらゆる状態と結果について、常に透明性が確保されます。

Smart View Services

Smart View Services

Smart View Servicesにより、レーザの状態を自分で把握できるようになります。高度なITセキュリティーによるデータ転送に基づいてステータスデータが転送され、見やすいダッシュボードに自動的に表示されます。必要に応じて、より下層の詳細ビューにアクセスすることも可能です。ダッシュボードでは状態条件の他に、拡張装置データ、発生したエラーメッセージ、レーザの稼働率、未実施の保守措置及びレーザ/スキャナプログラムでの変更における透明性も確保されます。この総合的な情報により、保守にかかる時間を節約することができます。また早期に対策を講じることで機械の停止を防止し、それに伴って稼働率と生産性を高めることもできます。

Condition Monitoring

Condition Monitoring

Condition Monitoringでは、TRUMPFのサービスエキスパートとアルゴリズムがレーザを監視して、予防保守を行います。分析結果はCondition Monitoringレポートに定期的に記載されます。レポートを受け取った後に、推奨対策についてTRUMPFのサービスエキスパートと話し合う機会が提供されます。生産停止に至り得る兆候が特定された場合には、予防するために事前通知されるため、停止時間を回避することができます。

お客様向け情報

問い合わせ
Business Development TruConnect Lasertechnik
Eメール
サービス & お問い合わせ