国/地域/言語選択
TruConnectキービジュアル

TRUMPFのコネクティビティソリューション

透明性をもたらすデジタルネットワーク化

より迅速に対応、より多くのパーツをより短時間 で処理、マシンをモニタリング、ほぼ同時にコストの削減 が可能。これが インダストリー4.0というキーワードの背景にあるものです。生産現場内外でコンポーネントをネットワーク接続して、デジタル情報交換を促進すれば、プロセスが改善され、収益性が向上します。

Factory Gate及びDevice Gateを利用すれば、レーザーと機械を社内ネットワークやクラウドにネットワーク接続することができます。このITセキュリティーの高いデジタル接続を介して、装置のデータや情報をいつでも呼び出すことができます。これはインダストリー4.0に向けた重要な基盤であり、Device Gateが単一装置向けのスマートなソリューションであるのに対して、Factory Gateは装置群全体に対応しています。

簡単で安全

ソフトウェアを自社サーバーにインストールすることで、安全なデータ転送が保証されます。

スケーラブルなソリューション

Factory Gateでは複数の装置をネットワークに接続することができるため、拠点が複数にまたがっている場合でも問題ありません。

透明性を常に維持

VPN接続を使用することなく、標準プロトコル (http/https) が完全な透明性を実現

迅速に拡張可能

Factory Gateの拡張は、必要に応じてサードパーティのアプリケーションでも可能です。

インテリジェントな情報準備

エキスパート分析の結果は、既存のインフラストラクチャを介して提供されます。

Device Gate

Device Gateは既に出荷時にレーザーにプリインストールされています。これを有効にするだけで、レーザーのデータをデジタルで利用できるようになります。Device Gateを利用すれば、レーザーや機械のデータなどを直接クラウドまたはTRUMPFに安全に送信することができます。そして、Condition Monitoringなどのサービスが利用可能になります。Device Gateは、ネットワーク接続する装置が一つだけである場合に特にお勧めです。複数の機械から構成される場合は、Factory Gateの使用が推奨されます。

Factory Gate

Factory Gateを利用すれば、複数のレーザーや機械をデジタルでネットワーク接続できます。複数のFactory Gateを社内ネットワークの複数箇所にインストールする方法を選択すれば、製造現場の全ての要素をフレキシブルに接続することができます。なお、このソフトウェアソリューションは社内サーバーにインストールします。そうすることで、全てが安全な社内ネットワーク内に残るため、暗号化なしでのデータ伝送が実現します。そして、データの流れはIT部門によって常時監視されます。データを暗号化して送信する必要がある場合、つまり社外へのデータ転送時には、SSL/HTTPSなどの様々な暗号化技術を利用することができます。この技術により、VPN接続やオープンな入力ポート構成は不要となります。

Condition Based Services

Condition Based Servicesはインダストリー4.0およびネットワーク化された製造のためのモジュールです。これは基本的にレーザーの接続を可能にするFactory Gate、Smart View Services、およびCondition Monitoringの要素で構成されます。その目的は、 ネットワーク化されたレーザー装置の可用性と生産性を向上させ、節約の可能性を特定することにあります。

ネットワーク化の進み具合を問わず、複雑化および小ロット化する 板金加工への対応が必要とされています。皆様の スマートファクトリー化への一歩一歩を当社のソリューションで サポートします。各コンポーネントを組み合わせ、 お客様の&ーズに合わせた理想的な&ソリューションを実現します。 

透明性

現場全体の生産性 および TRUMPF マシン全体の状態に関し、当社は透明性を確保します。

全体像の把握と柔軟性

全体像と柔軟性を確保:データ分析で経費 と貴重な時間を節約

簡単な統合

TRUMPF マシンya 他社製マシンの モニタリングシステムへ簡単に統合できます。

容易なステータスモニタリング

 製品モニタリングやローカルの ステムへのデータ提供で、ステータスモニタリングや分析が簡単になります。

TRUMP Fマシンのほとんどは、独自のソフトウェアで 簡単に統合できるようになっています。TruTops Fabへの統合、 また TruTops  Monitorへの接続など、当社ではどのような組み合わせにも適切なソリューションを揃えています。

お持ちのマシンに標準規格のデータ交換機能が備わっていない場合、 TRUMPF が適切なソリューションを用意します。
 

TRUMPF のマシンをお客様固有のモニタリングシステムと接続

大抵の現在のTRUMPF工作機械では、インターフェース経由で OPC UAベースの通信を確立することできます。すでにお持ちのマシンには、OPC UA Retrofit Cubeをお勧めしています。 マシンのステータスデータを基にして、ダッシュボード形式での分析や、不具合を早く解決するための推奨アクションを表示します。そのためマシンステータスの透明性が確保され、マシンの可用性を最大限に高めることができます。 例えば、生産ステータス用のインターフェースではマシンの稼働率を割り出したり、それらをお客様の個々のソフトウェアシステで処理することが可能です。

TruConnect, Retrofit Cube

お持ちのマシンをモニタリングシステムに統合するOPC UA Retrofit Cube

お持ちのマシンに  標準規格のデータ交換用の インターフェースが 備わっていない場合、OPC UA Retrofit Cube が必要です。これは サードパーティーソフトウェア用の独自の&nbsp:デジタルインターフェイスにもなります。システムは OPC UAを持つ産業用PCで構成されています。  一度接続し、設定が完了すると、 ローカルで利用可能な信号を発信します。

他メーカーのマシンを TRUMPF ワールドへ接続

マシンのメーカー や&年式に 関係なく、マシン全体の透明性を確保する必要がありますか?ベーシック  コネクティビティキットをご利用ください。当社が生産現場に適したソリューションをご提案します。

TruConnectコネクティビティキット

他メーカーのマシンや古いTRUMPFマシンをTruTops Monitorに統合するBasic Connectivity Kit

取り付けたベーシックコネクティビティキットは、 「マシンは停止中、不具合なし」、「マシンは停止中、不具合あり」、「マシンは生産中」という非常に シンプルな信号を発信します。TruTops Monitorはこの情報を解釈し、 ダッシュボードに他のマシンのアナログ情報を表示します。これは&nsp;生産現場の全ワークステーションで24時間機能します。 TRUMPF の 新しい工作機械は&もちろん TruTops  に標準搭載されています。

スマートファクトリー – 経験豊かなパートナー、複数のオプション

当社のスマートファクトリーのエキスパートと友に、生産を最適化する可能性を見極めながら、 計画的に進めていきましょう。皆様からのご連絡をお待ちしております。
 

今すぐ連絡する

お客様向け情報

問い合わせ
Business Development TruConnect Lasertechnik
Eメール

販売 (デジタルサービス)
Eメール
ダウンロード
サービス & お問い合わせ