You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

工作機械のデジタルネットワーク化 | TRUMPF

各企業がネットワーク化のどの段階にあるかにかかわらず、ゴールは明確であり、板金加工業界で継続的に見受けられる複雑度の上昇とロット数の減少に対応できる体制を整えることが目標となります。当社ではTruConnectソリューションを利用しながらお客様をサポートして、一歩一歩スマートファクトリーを構築しています。その際、TruConnectの構成要素はお客様のニーズに合わせて組み合わされ、理想的なソリューションが生み出されるため、ゴールに達する道のりはその都度異なったものとなります。

透明性

機械の古さ、メーカーや技術に関係なく、作業現場全体にわたって透明性を確保

全体像の把握と柔軟性

全体像を把握して柔軟性を高めることで、貴重な費用と時間を節約

簡単な統合

TRUMPF機械と他メーカーの機械をモニタリングシステムに簡単に統合
 

状態監視が簡単に

状態監視と分析、そしてローカルシステムへのデータ提供が簡単に
 

既存の機械に標準規格のデータ交換機能が備わっていない場合に向けて、TRUMPFは適切なソリューションを用意しています。
 

他メーカーの機械をTRUMPFワールドと接続

メーカーや機械の古さに関係なく、全所有機械に関する透明性が必要な場合でも、 全く問題ありません。当社ではそのような生産現場に適したソリューションとして、Basic Connectivity Kitを提供しています。

TruConnect Connectivity Kit

他メーカーの機械と比較的古いTRUMPF機械をTruTops Monitorに統合するBasic Connectivity Kit

取扱いが驚くほど簡単なBasic Connectivity Kitは、取付が完了すると機械の運転状態に応じて「機械停止中、故障なし」、「機械停止中、故障あり」、「機械生産中」の信号を発信します。TruTops Monitorはこの情報を解釈して、その他の機械の場合と同様にダッシュボードに表示します。これが24時間、生産現場の全ワークステーションで行われます。当然のことながら、新しいTRUMPF工作機械ではTruTops Monitorへの統合が標準仕様で可能になっています。

TRUMPF機械を自社固有のモニタリングシステムと接続

大抵の最新のTRUMPF工作機械では、インターフェース経由でOPC UAベースの通信を確立することが可能になっています。生産ステータス用のインターフェースから提供される情報を利用して、例えば機械稼働率を把握して、自社固有のソフトウェアシステムで処理することができます。

TruConnect、Retrofit Cube

比較的古いTRUMPF機械を現場のモニタリングシステムに統合するOPC UA Retrofit Cube

機械が古く、標準規格のデータ交換用インターフェースが備わっていな場合は、OPC UA Retrofit Cubeが必要になります。これを利用することで、サードパーティソフトウェアに対してもプロプライエタリデジタルインターフェースが提供されます。このシステムは、OPC UAインターフェース付きの産業用PCから構成されています。接続と設定が完了すると、利用可能な信号がローカルに発信されます。

サービス & お問い合わせ