You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

コネクティビティー | TRUMPF
TruConnectキービジュアル

TruConnectコネクティビティーソリューション

透明性をもたらすデジタルネットワーク化

インダストリー4.0というキーワードの背後には、対応に必要な時間の短縮、加工パーツ数増加と加工時間短縮の両立、そしてそれに伴ってほとんど意識せずに実現する費用削減というメリットが潜んでいます。生産現場内外でコンポーネントをネットワーク接続して、デジタル情報交換を促進すれば、プロセスが改善され、収益性が向上します。
 

Factory Gate及びDevice Gateを利用すれば、レーザーと機械を社内ネットワークやクラウドにネットワーク接続することができます。このITセキュリティーの高いデジタル接続を介して、装置のデータや情報をいつでも呼び出すことができます。これはインダストリー4.0に向けた重要な基盤であり、Device Gateが単一装置向けのスマートなソリューションであるのに対して、Factory Gateは装置群全体に対応しています。

簡単で安全

ソフトウェアを自社サーバーにインストールすることで、安全なデータ転送が保証されます。

スケーラブルなソリューション

Factory Gateでは複数の装置をネットワークに接続することができるため、拠点が複数にまたがっている場合でも問題ありません。

透明性を常に維持

VPN接続を使用することなく、標準プロトコル (http/https) が完全な透明性を実現

迅速に拡張可能

Factory Gateの拡張は、必要に応じてサードパーティのアプリケーションでも可能です。

インテリジェントな情報準備

エキスパート分析の結果は、既存のインフラストラクチャを介して提供されます。

Device Gate

Device Gateは既に出荷時にレーザーにプリインストールされています。これを有効にするだけで、レーザーのデータをデジタルで利用できるようになります。Device Gateを利用すれば、レーザーや機械のデータなどを直接クラウドまたはTRUMPFに安全に送信することができます。そして、Condition Monitoringなどのサービスが利用可能になります。Device Gateは、ネットワーク接続する装置が一つだけである場合に特にお勧めです。複数の機械から構成される場合は、Factory Gateの使用が推奨されます。

Factory Gate

Factory Gateを利用すれば、複数のレーザーや機械をデジタルでネットワーク接続できます。複数のFactory Gateを社内ネットワークの複数箇所にインストールする方法を選択すれば、製造現場の全ての要素をフレキシブルに接続することができます。なお、このソフトウェアソリューションは社内サーバーにインストールします。そうすることで、全てが安全な社内ネットワーク内に残るため、暗号化なしでのデータ伝送が実現します。そして、データの流れはIT部門によって常時監視されます。データを暗号化して送信する必要がある場合、つまり社外へのデータ転送時には、SSL/HTTPSなどの様々な暗号化技術を利用することができます。この技術により、VPN接続やオープンな入力ポート構成は不要となります。

Condition Based Services

Condition Based Servicesはインダストリー4.0およびネットワーク化された製造のためのモジュールです。これは基本的にレーザーの接続を可能にするFactory Gate、Smart View Services、およびCondition Monitoringの要素で構成されます。その目的は、 ネットワーク化されたレーザー装置の可用性と生産性を向上させ、節約の可能性を特定することにあります。

各企業がネットワーク化のどの段階にあるかにかかわらず、ゴールは明確であり、板金加工業界で継続的に見受けられる複雑度の上昇とロット数の減少に対応できる体制を整えることが目標となります。当社ではTruConnectソリューションを利用しながらお客様をサポートして、一歩一歩スマートファクトリーを構築しています。その際、TruConnectの構成要素はお客様のニーズに合わせて組み合わされ、理想的なソリューションが生み出されるため、ゴールに達する道のりはその都度異なったものとなります。

透明性

機械の古さ、メーカーや技術に関係なく、作業現場全体にわたって透明性を確保

全体像の把握と柔軟性

全体像を把握して柔軟性を高めることで、貴重な費用と時間を節約

簡単な統合

TRUMPF機械と他メーカーの機械をモニタリングシステムに簡単に統合
 

状態監視が簡単に

状態監視と分析、そしてローカルシステムへのデータ提供が簡単に
 

既存の機械に標準規格のデータ交換機能が備わっていない場合に向けて、TRUMPFは適切なソリューションを用意しています。
 

他メーカーの機械をTRUMPFワールドと接続

メーカーや機械の古さに関係なく、全所有機械に関する透明性が必要な場合でも、 全く問題ありません。当社ではそのような生産現場に適したソリューションとして、Basic Connectivity Kitを提供しています。

TRUMPF機械のプレースホルダー

他メーカーの機械と比較的古いTRUMPF機械をTruTops Monitorに統合するBasic Connectivity Kit

取扱いが驚くほど簡単なBasic Connectivity Kitは、取付が完了すると機械の運転状態に応じて「機械停止中、故障なし」、「機械停止中、故障あり」、「機械生産中」の信号を発信します。TruTops Monitorはこの情報を解釈して、その他の機械の場合と同様にダッシュボードに表示します。これが24時間、生産現場の全ワークステーションで行われます。当然のことながら、新しいTRUMPF工作機械ではTruTops Monitorへの統合が標準仕様で可能になっています。

TRUMPF機械を自社固有のモニタリングシステムと接続

大抵の最新のTRUMPF工作機械では、インターフェース経由でOPC UAベースの通信を確立することが可能になっています。生産ステータス用のインターフェースから提供される情報を利用して、例えば機械稼働率を把握して、自社固有のソフトウェアシステムで処理することができます。

TruConnect、Retrofit Cube

比較的古いTRUMPF機械を現場のモニタリングシステムに統合するOPC UA Retrofit Cube

機械が古く、標準規格のデータ交換用インターフェースが備わっていな場合は、OPC UA Retrofit Cubeが必要になります。これを利用することで、サードパーティソフトウェアに対してもプロプライエタリデジタルインターフェースが提供されます。このシステムは、OPC UAインターフェース付きの産業用PCから構成されています。接続と設定が完了すると、利用可能な信号がローカルに発信されます。

お客様向け情報

問い合わせ
Business Development TruConnect Lasertechnik
Eメール

販売 (デジタルサービス)
Eメール
サービス & お問い合わせ