このウェブサイト自体とその機能を提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。当社がその他の目的でもクッキーを使用することを許可される場合は、こちらをクリックしてください。 クッキーの無効化と個人情報保護に関する情報

部品品質監視用のプロセスモニタリング

部品品質監視用のTRUMPFパウダーベッドモニタリング

プロセスモニタリングでは、造形プロセスに焦点が当てられます。粉末床が照射プロセス中に監視されますが、それは2種類の製品を利用して行われます。一つ目のパウダーベッドモニタリングで粉末床を監視し、もう一つのメルトプールモニタリングでTruPrint機械の溶融池を監視します。それにより、部品品質を層毎に完全に管理することが可能になります。また、不具合が素早く検出されるため、生産効率も高まります。

部品品質を層毎に監視

TruPrint 2000の溶融池の様子

- / -

パウダーベッドモニタリングの仕組み

パウダーベッドモニタリングの仕組み

プロセスモニタリングでは、いわゆるパウダーベッドモニタリングがその主要構成要素です。TruPrintマシンに統合されたカメラと自動画像処理を介して、粉末床を自動的に監視することができます。それにより、部品の状態を常に把握し、品質パラメータを一層毎に分析することが可能になります。TruPrint機械には高解像度カメラシステムが装備されているため、各粉末層を鮮明に観察することができます。画像処理システムと組み合わせることで自動評価が可能になり、この画像評価をさらにサポートする機能として、暗視野照明が統合されています。ユーザーは自分で、通知又はエラーメッセージの発生時点となる重要な限界値を決定することができます。品質パラメータが各層に割り当てられるため、障害の発生位置を素早く正確に特定し、 手遅れになる前に現在進行中のビルドジョブに介入することができます。パウダーベッドモニタリングでは粉末の敷き詰めに加えて層状態を検出して、粉末床から突出しているパーツを検知します。部品の状態を既に造形プロセス中に最適に評価し、何らかの異常が発生している場合には、それを早めに検出することができます。造形プロセス後に、画像を選択して各層を徹底的に分析して、CADデータなどと比較することが可能です。

メルトプールモニタリング – 溶融池の監視

予告: メルトプールモニタリング – 溶融池の監視

TruPrint機械での造形プロセスをさらに正確に把握し、部品品質を最適に評価できるように、TruPrint 2000及びTruPrint 5000では、パウダーベッドモニタリングに加えてメルトプールモニタリングも提供されています。メルトプールモニタリングでは、レーザーメタルフュージョン工程での溶融池がセンサーで監視されます。このモニタリングの利点は詳細な品質チェックと層毎の記録作成です。そのため、連続生産であっても、プロセス規定値からの逸脱が発生した場合にはそれを早期に検知して、部品の際どい領域を必要に応じて可視化することができます。この指数を基準ビルドジョブと自動的に比較することで、プロセス安定性が監視されます。また、複数のレーザーを使用する場合に、全ての溶融池を簡単に並行して監視することも可能です。

参考: 国によっては、製品ラインナップとデータがここに記載されているものと異なる可能性があります。技術、装備、価格及びアクセサリは変更される場合があります。現地担当者に問い合わせて、国内で製品が入手可能であるかどうかを確認してください。

サービス & お問い合わせ

Close

Country/region and language selection

Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.