You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

機能拡張 | TRUMPF
TRUMPFサービス機能拡張キービジュアル
TRUMPFサービス機能拡張キービジュアル
サービス

機能拡張

当社は製品だけでなく、拡張可能な生産システムを提供しています。

新しいアプリケーションが既存のTRUMPFマシン/システム/レーザで実現します。機能拡張により新しい顧客要件を満たし、収益性を向上させ、価値創造力を的確に高めることができます。

変化に向けて準備万端

機能拡張により、市場の変動にも短い期間で柔軟に対応することができます。

収益性の向上

的確な機能拡張は、費用の削減と収益性の向上につながります。

より生産的に製造

オートメーションなどにより、非生産時間を短縮して生産性を向上させることができます。

より良いプロセス結果

革新的なセンサーを追加することでプロセス結果を改善します。

標準機能拡張

面倒な作業なしで機能範囲を拡張可能: 標準機能拡張は後付けとしても、特別な開発作業や大規模な調整作業なしにTRUMPF製品に統合することができます。検討の対象となる機能は全て個別に定義され、機械に合わせて最適に調整されます。モジュール式構成要素からご選択ください。信頼性の高いスムーズな運転が常に保証されます。

CoolLine

CoolLine

レーザカッティングでの温度が一定に保たれ、厚い鋼でも良好な切断結果が得られます。CoolLine機能では、特殊なノズルから水が加工箇所に対して同軸方向にスプレーされます。水の蒸発エネルギーによりシートの熱が奪われます。この時に冷却され、切断プロセス中の温度がほぼ一定に保たれます。この機能を利用してパーツのネスティング間隔を狭めることができます。その結果残材が減り、利益が増加します。

Observe Line

ObserveLine

様々な原因により、完成品に切断スラグが掛かったままの状態になり、それが後続工程で問題を引き起こす可能性があります。光学的測定を行うObserveLine Comfortでは、各コンタが完全にトリミングされているかどうかを点検することができます。光学的測定は、速度と精度の面で距離コントロールシステムでの測定よりも優れています。この方法では、比較的小さな穴の直径や傾斜したスラグも測定可能です。

Abgänge eines Festkörperlasers

フレキシブルな照射口とインテリジェントなビーム管理

多くの固体レーザ装置はモジュール構造になっているため、これらの装置には購入後も照射口を追加装備することができます。最大6箇所のワークステーションを順次または同時に操作できるため、レーザ使用の生産性を高めることができます。

自動化構成部品

機械の自動化を行うと作業ステップが高速化し、同じ時間内での加工数量が増加し、24時間確実に生産できるようになるため、投資をすぐに回収することができます。TRUMPF製品に合わせて調整された自動化ソリューションを採用し、このメリットを享受してください。自動化の範囲は、機械インタフェースからセミオートローディング装置、そして完全自動加工セルにまで至ります。

自動化構成部品の例

LiftMaster Compact, Unser Klassenbester

LiftMaster Compact

LiftMaster Compactにより、TruLaserマシンのロード/アンロード時間が短縮します。90秒という極めて短いサイクル時間の実現には、主にロード/アンロードの同時進行が貢献しています。そこでは、LiftMaster Compactが未加工シートをレーザ機械のパレット交換機に搬送するのと同時に、切断済みパーツが独立したレーキフレームによって回収され、吸着フレームの表側に置かれます。

Automatisierungsschnittstellen

オートメーションインタフェース

TRUMPF製品には、購入後も自動化技術を組み込むことが可能です。その際使用するインタフェースは、市場で普及している規格の多くに対応しています。この機能拡張の一環として、レーザ装置を上位の制御/コントロールシステムに組み込むことも可能です。

TRUMPF Laser Network

TRUMPF LaserNetwork

TRUMPF LaserNetworkは、製造のフレキシビリティーを向上させます。レーザ装置が最大6箇所のワークステーションで利用可能になるため、複数の異なるアプリケーション向けに使用できるようになります。並行モードもワークステーション間の高速切替も可能です。

センサー

将来日々の生産においてどのような課題に直面することになっても、極めてインテリジェントなプロセスセンサーがあれば心配ご無用です。

センサーの例

SeamLine Pro

SeamLine Pro

SeamLine Proは、完全な再現性のある結果を実現するために、溶接中とその前後にデータを連続して集計します。包括的なプロセスセンサーは、溶接プロセス全体を監視すると同時に、接合箇所、焦点スポット及び溶接シームを検出します。極めて大きな利点となるのは、焦点位置がSeamLine Proによって常に自動調節されるという点です。センサーは溶接後にシームの高さと幅、並びにエッジオフセットを点検します。

VisionLine

VisionLine

VisionLineが光学的に部品識別を行うことにより、溶接/切断プロセスは部品の正しい箇所で常に確実に実行されるようになります。その結果、プロセス安全性の向上、簡単な操作と製造した部品の体系的なトレーサビリティが保証されます。

CalibrationLine

機能拡張CalibrationLineは、加工品での焦点位置とレーザ出力が実際のレーザ制御の規定値と一致しているかどうかを、個別に定義可能な一定の間隔で点検します。CalibrationLineは必要に応じて測定値を補正し、プログラムと実際値を再び一致させることにより、完璧な溶接結果を確保します。

お客様向け情報

問い合わせ
ダウンロード
サービス & お問い合わせ