このウェブサイト自体とその機能を提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。当社がその他の目的でもクッキーを使用することを許可される場合は、こちらをクリックしてください。 クッキーの無効化と個人情報保護に関する情報

標準機能拡張

面倒な作業なしで機能範囲を拡張可能: 標準機能拡張は後付けとしても、特別な開発作業や大規模な調整作業なしにTRUMPF製品に統合することができます。検討の対象となる機能は全て個別に定義され、機械に合わせて最適に調整されます。モジュール式構成要素からご選択ください。信頼性の高いスムーズな運転が常に保証されます。

CoolLine

CoolLine

レーザカッティングでの温度が一定に保たれ、厚い鋼でも良好な切断結果が得られます。CoolLine機能では、特殊なノズルから水が加工箇所に対して同軸方向にスプレーされます。水の蒸発エネルギーによりシートの熱が奪われます。この時に冷却され、切断プロセス中の温度がほぼ一定に保たれます。この機能を利用してパーツのネスティング間隔を狭めることができます。その結果残材が減り、利益が増加します。

Observe Line

ObserveLine

様々な原因により、完成品に切断スラグが掛かったままの状態になり、それが後続工程で問題を引き起こす可能性があります。光学的測定を行うObserveLine Comfortでは、各コンタが完全にトリミングされているかどうかを点検することができます。光学的測定は、速度と精度の面で距離コントロールシステムでの測定よりも優れています。この方法では、比較的小さな穴の直径や傾斜したスラグも測定可能です。

Abgänge eines Festkörperlasers

フレキシブルな照射口とインテリジェントなビーム管理

多くの固体レーザ装置はモジュール構造になっているため、これらの装置には購入後も照射口を追加装備することができます。最大6箇所のワークステーションを順次または同時に操作できるため、レーザ使用の生産性を高めることができます。

サービス & お問い合わせ

Close

Country/region and language selection

Please take note of

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more suitable. Would you like to keep or change the selection?

Japan
United States

Or, select a country or a region.