国/地域/言語選択
TruTops Weld
TruTops Weld
ソフトウェア

TruTops Weld

より速くプログラミングし、並行して生産する

機械が生産を行っている最中に、プログラムを作成

迅速かつ簡単に溶接プログラムを作成: TruTops Weldを使えば、プログラムがコンピューター上でオフラインで作成されるため、TruLaser Weld 5000の運転休止時間を最小限に抑えることができます。さらに新しいインテリジェントなセンサーソリューションTruLaserが、部品の位置に合わせてプログラムを自動的に調整します。

迅速に完成プログラムへ

TRUMPFテクノロジーノウハウと洗練された機能が作業を楽にします。

機械の運転休止時間の削減

お客様の機械が溶接している間、コンピューター上でプログラムをオフラインで作成します。

従業員を効率よく配置

コンピューターでプログラミングしながら機械で生産。従業員を能力に合わせて配置することができます。

少量の加工でも素早く収益化

プログラミングが迅速に行われ機械が塞がれないため、生産性が向上します。

複雑なタスクが簡単に

TruTops Weldを使えば複雑な部品を仮想でテストし、可能なソリューションを見つけることができます。

CADモデルから溶接プログラムまでわずか4ステップ

TruTops WeldならCADモデルから溶接プログラムまでわずか4ステップで完了

信頼のTRUMPFテクノロジーノウハウによるオフラインプログラミングのメリット: TruTops WeldはGEOパラメータの他に、熱伝導溶接、深溶け込み溶接、FusionLineのための溶接パラメータも有します。さらにロータリーモジュール、TeachLineまたはFusionLineなどの多くの便利な機械機能が統合されています。オフラインプログラムからセンサー、さらにマシンに至るまで一貫して、ソフトウェアは簡単かつ迅速なプログラミングのために最適化されています。

  • ステップ1: 部品をTruTops Weldに装填し、溶接部を選択します。
  • ステップ2: 希望する結果に適した溶接パラメータを選択します。
  • ステップ3: 部品を治具で部品ポジショナー上に仮想で配置し、衝突の可能性のある部分を確認します。
  • ステップ4: 最適化されたプログラムをTruLaser Weld 5000に取り込みます。センサーソリューションTeachLineが機械上にある部品の正確な位置を検知し、それに合わせてプログラムを自動調整します。それにより時間のかかる再指定を軽減することができます。

お客様向け情報

問い合わせ
販売 (デジタルサービス)
Eメール
サービス
ライセンス条項とハードウェア仕様 詳しくはこちら
サービス & お問い合わせ