国/地域/言語選択

VCSELソリューション & フォトダイオード

自動運転またはドライバー監視用のセンサー、スマートフォンやデジタルデータ転送など、TRUMPF Photonic Componentsのレーザダイオードは、消費者市場と産業界での多数のハイテクアプリケーションで使用されています。その利点は、データ転送で最高レベルの性能が得られると同時に、消費電力が少ないことにあります。端面発光レーザダイオードでは光がチップの一つまたは二つの側面から出射されるのに対して、VCSEL(垂直共振器面発光レーザ)レーザダイオードでは光が垂直に半導体チップ面に放射されます。

製品カテゴリー

お客様向け情報

TRUMPFの機械とシステム
機械 & システム

フレキシブルな板金/パイプ加工を実現するために、TRUMPFでは幅広い用途を対象とした工作機械とレーザ装置を提供しています。

トルンプ VCSELのメリット

一体VCSELとはどんなものでしょうか。他のレーザダイオードと比べ、どんなメリットがあるのでしょうか。VCSEL の特殊な仕組みを可能にしているのは、どのような構造なのでしょうか。このページではトルンプのVCSELがどのような特徴を持ち、どのような場面で使用されているのかをご紹介します。

TRUMPF VCSELレーザはあらゆる一般的なプロトコルに対応します
データ通信

データ通信において、VCSELおよびフォトダイオードはどんな役割を果たしているでしょうか?このページでは、両方の技術が最先端のブロードバンドインターネットに、そしてHD/4Kテレビやストリーミングサービスなどのそれに伴うオーディオビジュアルアプリケーションに最適なソリューションである理由をご説明します。

問い合わせ
フォトニックコンポーネンツ販売部
Eメール
サービス & お問い合わせ