国/地域/言語選択
Condition Monitoring

レーザ用Condition Monitoring

Condition Monitoringを利用すれば、ネットワーク接続されているレーザの技術的な可用性と生産性が向上します。TRUMPFのCondition Monitoringセンターは、重要なセンサーデータを評価し、リスクと改善の余地を検出します。

レーザの予防的な分析と監視

Condition Monitoringでは、TRUMPFのサービスエキスパートとアルゴリズムがレーザを監視して予防保守を行います。このサービスでは、レーザ装置の異常を予防的に分析することが基盤になります。分析はCondition Monitoringでは周期的に、Condition Checkでは取り決められた時点に一回限り行われます。特にCondition Monitoringでは、サービスエキスパートが定期的に装置を点検し、アルゴリズムと経験を活用して生産停止に至る前に異常事態を特定するため、運転を確実かつ最適に継続することができます。例えば冷却水レベルの急下降やフィルターの汚れが原因でレーザが停止する恐れがある場合には、TRUMPFから事前に連絡が届きます。レーザ装置の不適切な制御など、非効率な状態も素早く検知されます。分析結果は、定期的に届くCondition Monitoringレポートに記載されます。推奨措置について、後でTRUMPFのサービスエキスパートに相談することも可能です。

インフラストラクチャとデータフロー

サービスが利用可能なレーザおよびレーザシステム

レーザおよびレーザシステム Smart View Services Condition Monitoring Quality Data Storage
TruDisk + + +
TruFiber + + +
TruMark + - -
TruMicro + + -
TruMicro Mark + + -
TruPulse + - +
TruDiode + + +
TruLaser Cell (+) * + -
       

*2022年第4四半期から提供開始予定

お客様向け情報

問い合わせ
Business Development TruConnect Lasertechnik
Eメール
サービス & お問い合わせ