You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

TruMicro 6000シリーズ | TRUMPF
TruMicro 6000シリーズ、製品画像
TruMicro 6000シリーズ、製品画像
短パルス及び超短パルスレーザ

TruMicro 6000シリーズ

高性能、コンパクト、フレキシブル

連続生産でも最高の要求に対応

TruMicro 6000シリーズの超短パルスレーザは、スラブ技術により、非常に高いパルスエネルギーまで直線的に増幅できるレーザパルスを実現しています。パラメータは非常に柔軟に選択することができるため、要求の厳しいプロセスでも最適に実行することができます。TruMicro 6000シリーズの高品質で安定したレーザは、家電分野でのガラス切断やフレキシブルプリント基板の分離など、お客様の連続生産で問題なくご使用いただけます。

パラメータの柔軟性

超短パルス時間での高パルスエネルギーなど、要求の厳しいパラメータを個々に組み合わせることができます。

高性能

超短パルスレーザは、高パルスエネルギーにより高い平均出力を実現します。

多様な材料に対応

赤外線(IR)、グリーン、紫外線(UV)など、適切な波長を選択することで、様々な材料を最適に処理することができます。

卓越した品質

TruMicro 6000シリーズは、確立されたコンポーネントに基づいた、産業用の高品質なシリーズ製品です。

優れたプロセス安定性

内部の出力調整機能により、安定した出力パラメータと均一なプロセス結果を実現します。

TOP Cleaveによる極めてダイナミックな切断

ガラスのレーザカッティング

TruMicro超短パルスレーザでは、ガラスのレーザカッティング時に材料にかかる機械的負荷が最小限に抑えられます。エッジに亀裂が発生しないため、カットされた部品を研磨する必要がなくなります。特にディスプレイ産業では、化学強化ガラスが耐久性に優れた保護ガラス及びキャリア基板として使用され、これらを切断する必要があります。

簡単になった基板への穴開け

基板は多層構造となっており、極めてコンパクトです。銅シートが施された穴によって、複層にわたる導体路が互いに接続されています。このため穴を開けますが、その直径は殆どの場合100 μm未満です。超短パルスレーザは、この作業をわずか一工程でこなします。使用可能なパルスピーク出力が高いことから、極めて高い生産性で希望のジオメトリと品質を実現できます。

TruMicro 6020
TruMicro 6320
レーザーパラメータ   
平均最大出力 200 W 30 W
ビーム品質 (M²) < 1.3 、オプション  M² < 1.2 < 1.3 、オプション  M² < 1.2
波長 1030 nm 343 nm
パルス幅 < 850 fs または < 500 fs または
最大パルス エネルギー 200 µJ 1 MHzの場合または
2 mJ 100 kHzの場合
37.5 µJ 800 kHzの場合
最大繰り返し周波数 50000 kHz QCWモード 2000 kHz
構成   
Abmessungen Laserkopf (B x H x T) 600 mm x 366 mm x 735 mm 600 mm x 366 mm x 735 mm
電源ユニット寸法 (幅 x 高 x 奥) 446 mm x 915 mm x 725 mm 446 mm x 915 mm x 725 mm
設置状況   
周辺温度 15 °C - 35 °C 15 °C - 35 °C

TruControl

TruControlはTRUMPF固体レーザ向けの迅速で操作しやすいコントローラです。レーザ出力をリアルタイムで制御し、再現性のある結果を実現します。TruControlはインタフェースの設定を管理、制御、視覚化します。すべてのレーザテクノロジにおいて、統一された制御機能をご利用いただけます。レーザには、モニタリング付き集光光学系ユニットCFOまたはスキャナー光学系PFOなど、高度なTRUMPF光学ユニットを制御するためのインタフェースが備わっています。加工光学ヘッドのプログラミングは、レーザ制御ユニットを介して快適に行うことができます。更にTRUMPFの遠隔サポートにより、即座に遠隔メンテナンスによるサポートを受けることができます。これによりサービスマンの派遣が不要になるか、サービスマンの派遣に向けて最適な準備を整えることができ、レーザ装置の可用性が向上します。

Advanced Pulse on Demand(高度なパルスオンデマンド)

最適なプロセス結果を得るには、個々のレーザパルスを時間的に正確に定義することが重要です。スラブ増幅は直線的であるため、個々のパルスごとに正確な時間とパルスエネルギーを設定することができます。特にスキャナーとの組み合わせでは、加速や遅延がある場合も、この機能により加工品に等距離のパルスを送ることができます。

リモートサービス

異常時にはTRUMPFのサービスエキスパートが、リモート接続を介してレーザ装置に主体的に手を加えます。多くの場合、こうして異常を直接解決するか、スペアパーツが届くまで生産を継続できるようにレーザ装置の構成を変更します。

豊富なインタフェースにより簡単に統合可能

TruMicroレーザを機械または生産ラインに統合する際には、インタフェースが大きな役割を果たします。そのためTRUMPF固体レーザでは、あらゆる一般的なフィールドバスシステムに対応するインタフェースを提供しています。その他の入手可能な装備: リアルタイムインタフェース、パラレルデジタルI/O、プロセスセンサー用インタフェース、OPC UA ソフトウェアインタフェース、アナログ入力カード、インテリジェントなTRUMPF光学ユニット (CFO、PFO) 用インタフェース。

TOP Cleave切断用光学ユニット

焦点合わせ光学ユニットTOP Cleaveは、ガラスなどの透明な材料の高速カッティング用加工光学ヘッドです。

TOP Cleave光学ユニット、ガラスの高速レーザカッティング
TOP Cleave

ガラスの高速レーザカッティング

TOP Weld加工光学ヘッド

透明な材料同士を中間層なしで溶接する革新的な加工光学ヘッド

TOP Weld

ガラス又はガラスと金属の中間層なしの溶接

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で製品を入手できるかどうかを確認してください。

お客様向け情報

問い合わせ
ダウンロード
サービス & お問い合わせ