You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

3D特徴検出 | TRUMPF
.NEW
センサー

3D特徴検出

TRUMPFセンサーシステムで信頼性の高いプロセスを実現

3D情報から得られる高い確実性

照明による画像処理と光干渉断層計 (OCT) が一体化しているVisionLine OCT Detectは、特徴を三次元で検出します。その都度の照明/クランプ状況に左右されることなく動作するOCTセンサーが、部品を加工レーザと同軸方向にスキャンします。そうして生み出された3D情報は、位置特定や部品の特徴の点検に使用することができ、例えば2番目の部品の高さのオフセットを点検することが可能です。

確実な点検

一対のヘアピンが同じ高さになっているかどうかが、前もって確実に検出されます。

直感的に操作可能

OCTの光路が直接カメラ画像に表示されます。

カスタマイズ型ソリューション

TRUMPFのエキスパートチームが、お客様の部品に合わせたアルゴリズムを開発します。

一貫したトレーサビリティ

追加ソフトウェアQDS-2 (Quality Data Storage) を使用して、センサーデータがプロセスと同時に転送されます。

高さプロファイルを測定するTRUMPFセンサーOCT Detect

高さプロファイルのスキャン

3D特徴検出を行うVisionLine OCT Detectの典型的な使用事例は、ステータにあるヘアピンの高さプロファイルのスキャンです。ヘアピンは電気モータで使用されています。

TRUMPFセンサーVisionLine Detect

位置エラーの検出

フォークがホルダーにはまっているかどうかを、 VisionLine OCT Detectで簡単に検出することができます。そうすることで、プリント基板のコネクタを溶接する際に、早めに対応できるようになります。

3D特徴検出、傾斜の検出

傾斜の検出

蓋はフレームにきちんと収まっていますか?VisionLine OCTは、例えば缶蓋溶接など、バッテリー製造にも使用できます。

VisionLine OCT Detect
構成  
使用可能なレーザ TruDisk
使用可能なオプション Detect, Project
使用可能な焦点距離 255 / 345 mm (それ以外は応相談)
照明 LED、λ = 625 nm
OCTセンサー SLED、λ = 820 nm - 860 nm クラス3B、P0 = 20 mW
パラメータ  
サンプリングレート OCTセンサー 70 kHz
タイプ 画像処理時間 100 ms - 150 ms
2D 相対位置検知機能のタイプ精度 ± 25 μm 画像中央で (カメラ)
3D 相対位置検知機能のタイプ精度 ± 25 μm 画像中央で (OCT)
TRUMPFセンサーVisionLine OCT Detect
VisionLine OCT Detect

3D特徴検出では、OCTと画像処理プログラムを簡単に製造プロセスに統合することができます。多数のアプリケーション事例に適した検出特徴をテンプレートライブラリから選択し、パネルPCのユーザーインターフェースを介して設定することができます。

VisionLine Project
VisionLine OCT Project

TRUMPFの追加サービスパッケージでは、複雑なOCT又は画像処理タスク向けのコンプリートソリューションを提供しています。フィージビリティスタディが正常に完了したことを条件に、カスタマイズ型ソリューションのプログラミングが詳細なドキュメンテーションを含めて行われます。

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で製品を入手できるかどうかを確認してください。

お客様向け情報

問い合わせ
サービス & お問い合わせ