国/地域/言語選択
マーキングアプリケーション向けの画像処理
マーキングアプリケーション向けの画像処理
センサー

マーキングアプリケーション向けの画像処理

正確な位置にマーキング

UDIマーキング
UDIマーキング
センサー

マーキングアプリケーション向けの画像処理

マーキングレーザの画像処理では、UDIプロセス全体のあらゆるフェーズがサポートされるため、簡単にUDIマーキングを行うことができます。

VisionLineですべてを把握

TRUMPFは画像処理VisionLineによって、物体検出、距離測定、操作しやすさ、加工安全性の新たな基準を作り上げました。VisionLineが部品の位置を自動検知し、その情報をコントローラーに転送することで、常に正しい位置に溶接シームが施されるようになっています。エッジや複雑なコンポーネントにも問題なく対応します。

プロセスの安全性

自動コンポーネント検出、位置検知機能、オートフォーカス機能によって、最適なマーキングプロセスを実現します。

どのようなタスクにも対応

VisionLineはモジュール設計であるため、個々の機能をお客様のタスクに正確に合わせてカスタマイズできます。

高度に統合されたソリューションを一手に提供

マーキングレーザからプロセスセンサーやコンサルティングに至るまで、トータルシステムサプライヤーであるTRUMPFにお任せください。

ご自分で行えます

特徴ライブラリはセッターの画像処理タスクの作成をサポートします。

UDI TRUMPFマーキングレーザーシステム
医療機器用UDIマーキングのための完全なソリューションを用意しているTruMark

TRUMPFの医療用マーキングレーザ市場向けの完全ソリューションには、UDIマーキングから画像処理、データベース接続、ハンドスキャナーなど外部機器によるデータ読み取りまでの全プロセスをカバーする包括的な標準機能が揃っています。また、モジュール式のソフトウェアモジュールでは、お客様の特殊なご要望に合わせて簡単にカスタマイズできるようになっています。

画像処理VisionLineには、ディテクト、モデル、コード、OCRのオプションがあり、UDIマーキングプロセス全体をサポートしています。

UDIマーキング

医療技術分野でのUDIマーキング

VisionLineを使用すれば、UDIに適合したマーキングなどで、マーキング内容の位置を自動又は手動で特定し、更に記録することもできます。

画像処理システムVisionLine Markによるテキストとコードのマーキング

テキストとコードのマーキング

画像処理システムVisionLineはマーキングプロセス前に正しい位置を検出し、マーキング後に内容と品質が基準を満たしているかどうかを点検します。

VisionLineによる位置検知と内容点検

部品位置を自動的に学習、発見、検知する画像処理システムVisionLineは、Data Matrix Codeなどの内容を読み取って評価することができます。

TRUMPF GmbH * Co. KG

VisionLineによる品質検査

レーザのオートフォーカス機能を備え、カメラとレーザの焦点距離が別々に設定可能なVisionLineを使用すれば、レーザ加工と品質検査が複数の階層で実現します。

複数の加工面で読み出し可能

レーザマーキング後にバーコード、データマトリックスコード、テキストを読み出し、その品質を評価して、その結果を確実に文書化できるようになっています。

大きな部品の加工

VisionLineは、加工品までの距離を正確に特定できます。画像を整列させるスティッチング機能で、大きな部品も高解像度で見ることができます。

画像処理システムVisionLine Adjust

VisionLine Adjust

自動焦点距離調節により、加工品との間隔が自動的に正しく調節されます。ボタンを押すだけで十分であるため、セットアップ時間を節約することができます。

VisionLine Detectによる特徴検出

VisionLine Detect

エッジ検出では、位置修正を目的とした加工品の簡単な特徴検出を製造プロセスに統合することができます。多数のアプリケーション事例に適した検出特徴 (斑点、円、線や切断点など) をテンプレートライブラリから選択することができます。

VisionLine Model

この画像処理システムでは、形状に関する特徴を学習して検出し、加工品の位置修正に使用することができます。この画像処理プログラムは製造プロセスに簡単に統合することが可能です。照明バーをオプションで入手して、十分な照明を確保することができるため、この機能は過酷な産業用環境下でも保証されます。

画像処理システムVisionLine Trace

VisionLine Code

マーキングされた1D又は2Dコードを読み取ることで、内容の正確性と判読性が保証されます。コードの読み出しに加えて、その品質も検査することが可能です。

VisionLine OCR

VisionLine OCRでは、文字認識 (OCR – Optical Character Recognition) に加えて、システムとマシンフォントの評価も実現します。

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で製品を入手できるかどうかを確認してください。

お客様向け情報

問い合わせ
サービス
研修 詳しくはこちら TRUMPFの技術的なカスタマーサービス 詳しくはこちら 純正パーツ 詳しくはこちら プロセス最適化 詳しくはこちら モニタリングと分析 詳しくはこちら 機能拡張 詳しくはこちら サービス契約 詳しくはこちら
サービス & お問い合わせ