このウェブサイトを提供するにあたり、当社はクッキーを使用しています。クッキーの設定を変更せずにこのウェブサイトを引き続き閲覧された場合には、クッキーの使用に同意したものとみなされます。 Information on deactivating cookies and data protection
TruBend Center 5000シリーズ、高生産性オールラウンドマシン
TruBend Center 5000シリーズ、高生産性オールラウンドマシン
曲げ加工機

TruBend Center 5030

セミオートの旋回式曲げプレス

セミオートの旋回式曲げプレス

TruBend Center 5030は、スイング曲げにおけるフレキシビリティーのベンチマークとなっています。セミオートのTruBend Center 5030は、このタイプの機械の中でも様々な部品に最も幅広く対応できる機械です。スイング曲げによる典型的な製品ラインナップの枠を大きく超えて、複雑な製品も迅速かつフレキシブルに加工することが可能です。繊細なフレームから広大なパットに至るまで、極めて多種多様な工業分野とアプリケーション向けの部品が生み出されます。

2軸で無限の可能性

2軸部品マニピュレータがシートを位置決めし、負角曲げも可能にします。

シンプルかつ迅速にプログラミング

TecZone Foldによる簡単なオフラインプログラミング。

正確な角度

ACBレーザにより、試し曲げ不要で正確な曲げ角度。

自動ツール交換

内蔵型ツールチェンジャーToolMaster Bendを使用して、適したブランクホルダを自動装備することができます。

どの部品も確実に把持

様々なグリッパシステムにより部品の把持をサポートします。

TruBend Center 5000シリーズ
TruBend Center 7030、ウェッジドライブ
ウェッジドライブ

独創的で簡単な軌道制御が備わったTruBend Centerの革新的なウェッジドライブにより、最高の精度が得られます。2軸が相乗作用することで、部品の表面をいたわる理想的な移動経路が生み出されます。またドライブの設計方法にも工夫が凝らされているため、TruBend Centerは工業環境に耐えられる特に堅牢な構造を有しています。

TruBend Center 7030、自動ツールチェンジャー
内蔵型ツールチェンジャー

内蔵型ツールチェンジャーToolMaster Bendは、適したブランクホルダを自動装備します。またそれ以外にも、作業員に代わって数多くの機能を果たします。セットアップミスを防止し、セットアップ時間を短縮し、経済的な部品製造を可能にします。

TruBend Center 5000シリーズ、2軸部品マニピュレータ
2軸部品マニピュレータ

2軸部品マニピュレータが曲げ加工全体を通して、部品の角ごとにシートを自動的に位置決めします。追加の垂直軸を介して、部品を様々な位置に固定することができます。垂直軸の効果で、負角を持つ部品もプロセスの安全性を確保しながら搬出されます。これにより部品形状の自由度が向上し、幅の狭いプロファイル、複数の角を持つコンポーネントまたはフォーミングと切り抜きを、プロセスの安全性を確保しながら製造することができます。

TruBend Center 5000シリーズ、バックゲージシステム
バックゲージシステム

入念に開発されたバックゲージシステムは、プロセスの安全性を確保しながら部品を位置決めします。続いてブランクホルダがシートバーを固定し、バックゲージフィンガーが
停止位置に戻ります。

ハウジングカバー

建設用鋼材製ハウジングカバー

比較的厚い材料でも最高の精度。

ステンレススチール製トレイ

ステンレススチール製トレイ

板金二枚重ねのアール曲げ加工。

ステンレススチール製スクリーンカバー

ステンレススチール製スクリーンカバー

短い湾曲部とアール曲げ加工の組み合わせ。

建設用鋼材製コンテナ

建設用鋼材製コンテナ

最高の精度。

建設用鋼材製保護プレート

建設用鋼材製保護プレート

極めて多様な角度で高い繰り返し精度。

-/-
TruBend Center 5030
最大板厚  
軟鋼 3 mm
ステンレススチール 2.2 mm
アルミニウム 4 mm
最大曲げ成形長さ 3123 mm
最小曲げ成形長さ 200 mm
最小曲げ深さ (標準ツール) 145 mm
最小曲げ深さ (ENW) 40 mm
最大箱曲げ高さ 220 mm
部品最大対角線 3460 mm
最小板厚 0.5 mm

数多くの機能を備えたTruBend Center 5030は、加工精度が高く、生産性が向上します。

ACBレーザ
ACBレーザ

ACBレーザは非接触式の曲げ角度補正用光学システムです: レーザがシート上に線を投影し、カメラが角度を検出します。

3面バキュームモジュール
様々なグリッパモジュール

3面バキュームモジュールは、正面、上面及び下面のサクションカップを介してシートを位置決めします。十分な吸引面がない場合は、いわゆるマグネット/トングモジュールがこの役割を果たします。

マグネットまたはトングモジュール
マグネット/トングモジュール

十分な吸引面がない部品の場合は、その他のグリッパシステムがシートの位置決めを行います。この場合、いわゆるマグネット/トングモジュールでは、通常小型部品を使用します。

追加画面

主要工程と並行したプログラミングとペーパーレスでの生産が実現します。機械コントローラの追加画面には、プログラミングと生産に必要な画面と図面だけでなく、その他の情報も表示されます。それにより、例えば作業場でのプログラミングでプログラミングしながら、同時に生産することができます。

TecZone Fold

TecZone Fold

2Dまたは3Dデータをベースにしたプログラムの自動作成時間が節約され、品質が向上します。TruBend Center旋回式曲げプレスの自動オフラインプログラミング用のプログラミングソフトウェアTecZone Foldを使用。

ソフトウェア

幅広いTruTopsソフトウェアポートフォリオは、製造プロセス全体を通してお客様をサポートします。受注や購買の管理から完成品の出荷に至るまで、業務プロセスを簡単かつ的確に制御できます。また機械コントローラと直接リンクされているため、ジョブステータスを常に把握することができます。

TruBend Center 5000シリーズ、格納式プレッサフット
吊り入れ可能なブランクホルダ (ENW)

追加のブランクホルダで、非常に幅の狭いプロファイル又は曲げ線付近に変形のある部品も製造することができます。必要な場合には、機械がENWブランクホルダを自動的に上から吊り入れます。その際、既存の標準ブランクホルダの交換も変更も必要ありません。

TruBend Center 5000シリーズ、追加曲げツール
追加曲げツール (ZBW)

自動装備される追加曲げツールにより、ブラケット又はオフセットされた角を曲げることができます。必要に応じて、ツールが自動的に側面の停止位置から正しい箇所に移動し、シートを加工します。その際、それ以外の曲げツールは使用されません。

TruBend Center 5000シリーズ、ツノ付きプレッサフット
ツノ付きブランクホルダ

内側に角のあるボックスも、ツノ付きブランクホルダにより極めて簡単に製造することができます。ツノと呼ばれる突起部が自動的に斜めに出入りします。こうして、ツールと角が衝突することなく、ブランクホルダが下に移動することができます。

国によっては、この製品ラインナップと製品情報が異なる場合があります。技術、装備、価格及び提供アクセサリーは変更されることがあります。 現地担当者に問い合わせて、国内で機械を入手できるかどうかを確認してください。

お客様向け情報

Contact
販売 (工作機械)
Fax: +81 45-931-5714
Eメール
ダウンロード
サービス & お問い合わせ

Close

Country and language selection

Please note

You have selected Japan. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

Japan
United States

Or select a country or region.