国/地域/言語選択

材料のパンチ加工

板金においてパンチ加工とは、材料を1ストロークで切断するプロセスのことです。例えば、個々のストロークを高速で続けていくことで、材料に丸穴を作成することができます。外周もパンチングマシンで加工できます。

パンチングプロセス

パンチングされた形状は幾何学的に完璧で、例えばパンチングされた穴は完全な丸になります。パンチングマシンは、紙のパンチ穴あけ機と同じ様に作用します。パンチが紙を穴開けサポートに押し付け、最後に丸い開口部に押し込みます。こうして、円形の穴が切り取られます。パンチで打ち抜かれた残りは、穴あけ機の容器に溜まります。金属のパンチングの機能も同様です:材料はパンチとダイの間です。パンチが下に移動し、ダイに侵入します。パンチとダイのエッジが並行に動き、材料を分離します。したがって、パンチングはシャー切断プロセスグループに属します。

パンチングプロセスの4ステップ

4ステップで、完璧にパンチングされた金属 正確には、パンチングには4ステップあります。パンチが材料に触れると、まず変形します。それから切断されます。最終的には材料内部の応力が大きくなり、材料がカッティングコンタに沿って折れます。パンチで打ち抜かれた材料の破片(いわゆる抜きカス)が下に排出されます。パンチが次に上に移動する際、材料がくっ付いて行くことがあります。この場合、ストリッパが材料をパンチから剥離します。シートエッジの切断分が大きいほど、エッジ品質が向上します。たとえば、はめ合わせ部分の場合、穴を開けておいてから、それより少し大きいツールで目的の直径にパンチングします。この様なエッジでは、切断分は最大で100%になります。

ニブリング

TRUMPF のニブラー

ニブリングでは、パンチ穴が重なるように穴を開けます。こうして、任意の形状に開口部とコンタを作成できます。たとえば、大き目の半径や不規則な形状でニブルが使用されます。ニブリングされたエッジには、個々のストロークの継ぎ目がはっきりと残ります。切断面を指でたどると、その継ぎ目が確認できます。ニブリングのピッチを細かくするほど、切断面は滑らかになります。ただしそのためには、マシンがニブリングするストローク数を増やす必要があります。

お客様向け情報

問い合わせ
Sales Machine Tools
Fax 045-931-5714
Eメール
サービス & お問い合わせ