You have selected 日本. Based on your configuration, United States might be more appropriate. Do you want to keep or change the selection?

当社のお客様Rolf Lasertechnikのサクセスストーリー | TRUMPF

ボトルネックは過去のもの – 迅速なレーザカッティング、スマートなソーティング

ノルトライン=ヴェストファーレン州ロッテに拠点を置く家族経営企業Rolf Lasertechnikは、2005年の設立以来、優秀な請負生産業者として成長を遂げています。3,500平方メートルの生産面積に最先端のマシンを備え、40人の従業員が三交代制で毎月1,100以上のオーダーを処理しています。しかもその内容は並大抵ではありません。Rolf Lasertechnikでは516種類の板金を在庫し、毎週平均で2,500種類のブランク材をレーザで生産しています。材料を節約するために、5人のプログラマーが最大60種類の部品を含む最大20種類のオーダーを1枚の材料にネスティングしています。ソーティング時にオペレータに相当な負担がかかってしまうそのような状況で、TRUMPFの新しいカメラベースのアシストシステムSorting Guideが役立っています。

Rolf Lasertechnik GmbH & Co. KG

www.rolf-lasertechnik.de

ノルトライン=ヴェストファーレン州ロッテに拠点を置く家族経営企業Rolf Lasertechnikは、2005年の設立以来、優秀な請負生産業者として成長を遂げています。トビアス・ロルフ取締役は、解決志向型アプローチでパートナーとしてお客様と協力していくことを重視しています。短い納期で最高の品質を提供するために、同氏は常に新しい適切な解決策を探し続け、プロセス効率の更なる向上を目指しています。

業界

金属加工

従業員数

40

事業拠点

ロッテ/ヴェルゼン地区 (ドイツ)

さらに表示
TRUMPF製品
  • TruLaser 5030 fiber TruLaser 5040 fiber Sorting Guide
アプリケーション
  • レーザカッティング

課題

Rolf Lasertechnikではスピードと効率に焦点を当てています。前者は最先端のTRUMPFレーザ切断機によって保証されています。ですが、これまではレーザ切断したパーツのソーティングに手間がかかり、それがボトルネックとなってプロセスのスピードが低下する原因になっていました。材料では最大60種類の部品を含む最大20種類のオーダーがネスティングされているため、オペレータにかかる負担が大きくなっていました。製品排出を簡単にするために、これまでプログラマーはネスティングプログラムの画面をプリントアウトして、部品にオーダー毎にカラーマーカーで印を付けていました。「この準備には膨大な時間がかかりましたが、それでもある程度のミス率が発生することを覚悟しなければなりませんでした」とロルフ取締役は説明し、「マシンの隣に立っているのは人間ですから」と薄笑いを浮かべながら付け加えています。

操作が簡単なSorting Guideのおかげで従業員の負担が軽くなり、ミス率がごくわずかに抑えられています。

トビアス・ロルフ
Rolf Lasertechnik GmbH & Co. KG取締役

解決策

カメラベースのアシストシステムSorting Guideが完璧な解決策となりました。このシステムは、高分解能カメラ、大型スクリーンと画像検出用ソフトウェアから構成されています。スクリーンには材料の図が表示され、部品にはグループ毎にそれぞれ異なる色が付けられています。オペレータが最初の部品を取り出すと、それがどの部品であったかをカメラが検出し、Sorting Guideは、取り出した部品と同じグループに属する部品だけをカラー表示します。これはオペレータにとって、ソーティング時のアドバイスになります。それに加えて、どの部品が取り出されたかという情報がTruTops Fabに転送され、ソーティングプロセスが終了するまでそこにメモして記録されます。

 

実行

Rolf Lasertechnik GmbHでは、まずTruLaser 5040 fiberでSorting Guideのテストを行いました。全員がこの解決策に納得するまでに、それほど長い時間はかかりませんでした。トビアス・ロルフ取締役はTruLaser 5030 fiberを追加購入しましたが、もちろん同機にもSorting Guideを装備しました。その理由について同氏はこう説明しています。「操作が簡単なSorting Guideのおかげで従業員の負担が軽くなり、ミス率がごくわずかに抑えられています。複数のオーダーが配置されている材料1枚で考えた場合、プログラミングから取り出し準備、そしてソーティングに至るまでの作業における時間の節約は、1日約1時間になります。」

展望

どの新しい解決策もトビアス・ロルフ取締役の目に適うわけではありません。同社の状況に合い、メリットをもたらす解決策でなければなりません。同氏は現在、TRUMPFのインテリジェントなプログラミングソフトウェアに関心を示しています。そして「人件費を削減するためではありません。むしろ、従業員に研修と能力開発の場を与えることを念頭に置いています」と説明しています。

当社製品に関する詳細情報