国/地域/言語選択

スマートマテリアルフロー – 規模を問わずにスマートな板金加工が実現するイントラロジスティクスソリューション

価値を生み出さない作業に、資源の最大40%が依然として割かれています。これを放っておくわけにはいきません。当社のイントラロジスティクスソリューションを使用するれば、効率的かつスマートで、柔軟に自動化可能な板金加工が実現します。そこでは明確な記録と生産現場のデジタルイメージが基盤になります。最適なマテリアルフローに向けた当社のスケーラブルなソリューションをぜひご覧ください。

総生産性の向上

従業員を価値創造作業に投入することで、最適なマテリアルフローが実現し、高コストをかけて材料や部品を探す時間が短縮されます。

生産の規模を問わずに存在する巨大な可能性

Oseonによるデジタルサポートを受けるだけで、生産の収益性が向上します。中小工場であるかオートメーションが高度に進んだ工場であるかは関係ありません。

オートメーションを段階的にレベルアップ

生産のネットワーク化に向けた第一歩は、デジタル生産管理と明確なプロセスです。必要に応じて、柔軟なドッキングステーション、自動マテリアルインターフェースや無人搬送車を追加していくことになります。

マテリアルフローをデジタル化することで計画の立てやすさが向上

資源を最適に投入すれば、専門人材が不足し、市場の変化が劇化している時代でも、収益性の高い板金加工が実現します。

マテリアルフローのデジタル化で売上増加

透明性を確保し、イントラロジスティクスを向上すれば、稼働率が全体的に高まります。それにはすべてのマシン、プロセス、調整と従業員が関係しています。TRUMPFのソリューションを利用すれば、あらゆる面で調和が取れるようになります。

ソフトウェア

事務所でも、作業現場で移動中でも、当社のソフトウェアソリューションOseonがあれば在庫とマテリアルフローを管理し、搬送を効率的に制御し、無人搬送車とのインターフェースとして活用することができます。

ハードウェア

省スペースの立体倉庫、ドッキングステーション、手動・自動ストレージシステムや無人搬送車を使用し、メーカー各社と協力することで、透明なマテリアルフローに向けた基盤が確立されます。

サービス

当社はお客様を工場とプロジェクトに合わせてサポートしており、マテリアルフローの分析とシミュレーション、マテリアルフローのコンサルティングと計画、イントラロジスティクスソリューションの設置と試運転、そしてイニシャルプロダクションアシスタンスを行っています。

マテリアルフローのデジタル化で付加価値創造

競争力を長期的に維持する上では、生産現場の生産性と効率が重要な指標になります。余計な手間が予期せずかかると生産の流れが乱れ、総稼働率が低下してしまいます。そうなると部品コストが急増し、収益性の高い板金加工が実現困難になります。

手動記録からマテリアルフローの完全なネットワーク化へ

どのワークステーションでも、オーダーフローとマテリアルフローの最適な調和が重要になります。Oseonではプロセスを標準化することで、記録の手間が最低限に抑えられます。また、特急オーダーをすぐに間に挟む必要性に迫られた場合でも、 全く問題ありません。いつでも手動で介入することが可能です。生産現場にピタリと合うこのソフトウェアがあれば、日々の作業が簡単になります。また、オープン型インターフェースが採用されているため、異なるメーカーのマシンを接続することも可能です。御社に適した拡張レベルをご利用ください:

1. オーダーとマテリアルフローをタブレットまたはハンドスキャナーで手動で記録する場合

  • Oseonによるデジタルサポートを受けることで、簡単に始めることができ、確かな付加価値が得られます
  • ワークステーション、マシン、在庫と手動搬送のデジタル化
  • Oseonウェブアプリを活用すれば、次に行う必要のある作業を明確に把握することができます

2. 作業現場で手動または自動搬送を計画、制御、管理する場合

  • Oseonから従業員に搬送オーダーが自動的に送信されます
  •  ドッキングステーションが手動記録をサポートするか、それに置き換わります
  • 手動搬送と自動搬送(AGV)の併用が可能です

3. 自動搬送を行い、マシンおよびドッキングステーションでの記録を自動的に行う場合

  • OseonからAGVに搬送オーダーが送信され、その車両が搬送を自動で行います
  • ドッキングステーション、TRUMPFの工作機械、そしてデジタル接続されているワークステーション(他社製マシンや手動ワークステーションなど)で、オーダー情報と在庫情報が同調された状態に保たれます。それにより、透明な連続マテリアルフローが実現します
  • TruBendCell 5000とSTOPA Compact IIストレージのマテリアルフローインターフェースをネットワーク接続することで、全自動マテリアルフローが可能になります
  • 手動搬送(従業員)と自無人搬送車(AGV)の併用が可能です

道を切り拓くモジュール型ソリューション

1. バッファ倉庫との接続

後続のステーションにスペースがない場合、システムは事前に設定したバッファ倉庫への材料搬送を自動的に計画します。

2. 手動ワークステーションの統合

ドッキングステーションを使用すれば、出荷、組立や品質検査などをデジタルに最適化されたマテリアルフローに組み込むことができます。ドッキングステーションはモジュール型構造になっており、パレットトラック用ステーションやフロアステーションなどとして様々なバリエーションで利用可能です。

3. どのメーカーのマシンでもマテリアルフローに統合

ドッキングステーションにより、作業現場の全ワークステーションでの材料供給/廃棄が自動化されます。

4. ワークステーショングループへの材料納入をサポート

生産制御とドッキングステーションを活用すれば、複合的な作業領域であっても最適な作業方法が可能になります。

5. マテリアルフロー制御

Oseon搬送指令システムが搬送の計画、制御と管理を受け持ちます。

6. 無人搬送車の接続

手動搬送の制御に加えて、オープン型の無人搬送車インターフェースを利用して無人搬送車をメーカーに左右されることなく簡単に接続することができます。

7. 自動マテリアルフロー

ドッキングステーションは材料の記録を自動化するほか、自動計画、無人搬送車と作業者のやり取りを結び付ける役割も果たします。

8. 手動搬送の指令システム

無人搬送車による全自動搬送に加えて、作業者はソフトウェアから出された指示を直接現場でタブレットを使用して記録することができます。

概要を総合的に把握:どのワークステーションでもワークフローを維持

生産現場全体でマテリアルフローをスマートに制御することで、生産の透明性と効率が高まります。手動でもフルオートであっても、すべてが簡単にネットワーク接続されます。

マシンでのパーツハンドリングの詳細ビュー:材料が加工され、マシンで原材料がなくなり、製品を搬出する準備ができた状態。

マシンでのパーツハンドリングの詳細ビュー:材料が加工され、マシンで原材料がなくなり、オーダーを更に処理しようとしている状態。

スマートマテリアルフローが実現しやすくなるモジュール型ソリューション

無人搬送車 (AGV) による自動マテリアルフロー

無人搬送車(Automated Guided Vehicle、略称AGV)は、センサーを利用して目的地を正確に目指して生産現場内を移動します。

お客様のメリット:

  • マシンでのフルオートまたはセミオートローディング・アンローディング
  • 半製品・製品を次の作業工程または出荷ステーションに自動的に搬送。
  • OseonがAGVを制御することで、イントラロジスティクス全体を管理することが可能。
  • 従業員の負担が軽減され、価値創造作業に集中できるようになり、 無人シフトも実現可能。
ドッキングステーション:スマートな保管場所

ドッキングステーションとはセンサーでつながれた保管場所であり、イントラロジスティクスの簡略化に貢献します。

お客様のメリット:

  •  自動的にパレットIDを検出し、ステータスをOseonに通知。 
  • 材料の供給・受け取りが簡単に。
  • どのワークステーション、マシンや保管場所も自動マテリアルフローに組み込むことが可能。
  • パレット台車やフロアステーションなどとしてモジュール式に利用可能。搬送が手動または自動(AGV)で実行可能。
マシン・マテリアルフローインターフェースのネットワーク化:直接作業時間と並行したローディング・アンローディングが簡単に実現

STOPA Compact IIストレージまたはTruBend Cell 5000のスマートなマテリアルフローインターフェースを活用すれば、パーツの自動搬出入が実現します。

お客様のメリット:

  • 搬送がOseonによって調整され、手動またはAGVで実行可能。
  • STOPAロジスティクスインターフェースによる半製品の自動出庫。従業員の待ち時間発生を防止。
  • TruBend Cell 5000での記録と搬送管理を含めた、自動ローディング・アンローディング。AGVを使用することで無人生産が実現可能に。

ためになる情報…

イントラロジスティクスとは?

イントラロジスティクスとは、工場内の材料と製品の流れを指す言葉です。その範囲は、工場敷地での材料の入荷に始まり、生産、保管、そして完成品の出荷にまで至ります。

イントラロジスティクスが果たす役割

イントラロジスティクスの主要な役割は、工場内のマテリアルフローです。材料は入荷後、様々な製造工程を通って流れ、その合間に保管されることになります。出荷時に製品はイントラロジスティクスの範囲を離れ、再び外部のロジスティクスに引き渡されることになります。

自動マテリアルフローの仕組み

イントラロジスティクス4.0とも称される自動マテリアルフローの鍵はオートメーションが握っています。オーダーを受けた生産設備が、それに必要な材料を自動で要求することになります。材料供給では、生産設備が無人搬送車と直接調整を図るケースが益々増えています。

当社のお客様、Dax社のサクセスストーリー

「やっと、マテリアルフローが具体化します。」TruTops Fab LogisticとJungheinrich社の無人搬送システムを組み合わせることにより、DAX社はより効率的に生産を進めています。

ストーリーを読む

生産現場に潜む可能性を最大限に活用するには

専門人材不足、サプライチェーン問題や価格の高騰が足かせになってはなりません。板金加工のプロセスチェーンについてわざわざ説明する必要のない、経験豊富なスマートファクトリーコンサルタントにぜひご依頼ください。デジタル化、工場計画や未来計画などのテーマにかかわらず、当社のエキスパートは同じ目線に立ったパートナーとして、戦略方針とその実行でお客様をサポートしています。

コンサルティングをリクエスト

お客様向け情報

スマートファクトリーの描写としてのシナプス像
スマートファクトリー

TRUMPFはモジュール式のネットワーク化ソリューションをお客様に提供することで、生産における連続的な流れの実現と、インダストリー4.0の一環としての全工程の透明性、柔軟性及び経済性の向上に貢献します。

ロット数1

一つとして同じ生産現場はありませんが、ロット数の低下という点ではどこも一致しています。同時に、納期の短縮化も進んでいます。そのため当社の専門家は生産工程を直接現場で分析して最適化し、ロット数が1の場合でも経済的な生産が再び可能になるようにします。