国/地域/言語選択

あらゆる面で安全な金庫: イノベーションと柔軟な生産プロセスで安全性を実現

Arcas Olléでは、2017年に初めてTRUMPFマシンを購入して以来、レーザテクノロジとTRUMPFの最新曲げプレスを採用して、安全な生産プロセスを一新しています。同社では次のプロジェクトとしてオートメーションを企画しており、それに対する期待感が高まっています。

家族経営企業であるArcas Olléは、1845年から金庫を製造しています。今日同社の経営を司っている五代目は、ブランドの名声を確固たるものにし、これまでと同様に技術、品質、イノベーションとサービスに力を入れていく方針を固めています。業界をリードする企業として、同社は常にイノベーションを重視しており、生産プロセスには最先端技術を採り入れています。グローバル化が進み、常に進化し続けている市場で、将来の課題に立ち向かっていくことが、新製品を開発し続けて、お客様の要望に応えていくことの原動力になっています。

業界

金庫メーカー

従業員数

25

事業拠点

バルセロナ (スペイン)

さらに表示
TRUMPF製品
  • TruBend 7050
  • TruLaser 1030 fiber
  • TruBend 3100
アプリケーション
  • 曲げ加工
  • レーザ切断

課題

Arcas Olléのジョアン・オレ・プロダクトマネージャーは、「当社が直面している最大の課題は、お客様の要望に合う製品を提供することにあります」と述べています。そして、「今日ではカスタマイズ型製品が必要になっており、それは多くの場合少量生産品です」と続けています。新製品の開発と製造を柔軟に行う必要性に迫られた結果、同社はTRUMPFマシンを採用して、所有マシンを一新して、製品の製造時の生産性を高めることに決めました。

所有マシンを一新する上でTRUMPFを採用することに決めた理由は、同社の計画システムでは、部品の設計に始まり、開発、ネスティングそして部品の最終加工に至るまで、すべてが完璧に折り合うからです。

ジョアン・オレ
Arcas Olléプロダクトマネージャー

解決策

Arcas Olléのチームは、TRUMPFのプロセスの高い確実性に信頼を寄せていますが、その理由は、部品の設計に始まり、開発、ネスティングそして最終的には部品の最終加工に至るまで、計画システム全体を掌握することができるためです。Arcas Olléの研究開発イノベーション部に勤務するシャビエル・オレ氏は、「研究開発イノベーション部にとっての最大の利点は、あるアイディアを設計に落とし込む際に、その設計通りの製品が実物として出来上がることが分かっている点にあります」と述べています。

 

実行

Arcas Olléでは所有マシンを一新することで、生産プロセスの柔軟性と安全性の向上に成功しています。曲げプレスTruBend 7050では、オペレータは一つ一つの手順に沿っていつでもガイドを受けながら、部品の曲げ加工を迅速かつ直感的に行うことができます。そのため、オペレータは部品の設定を行うだけで事足ります。それに加えて、レーザ切断機では生産プロセスで高いレベルの信頼性が得られており、お客様からの品質要件の厳格化に応えるだけでなく、それを上回ることも可能になっています。

展望

同社では新規購入したTRUMPFマシンのオートメーションを企画していますが、これには近い将来に予定されているプロジェクトの中で、最も高い期待が寄せられています。オートメーションに踏み切る主な理由の一つは、生産能力と生産性を高めて、お客様からの需要の増加に応えるためです。「TRUMPFマシンの効果で、安全性と信頼性が高まっています。自身の業界をリードする企業のおかげで、当社は自分たちの業界のリーダーになっています」とシャビエル・オレ氏は述べています。

当社製品に関する詳細情報